« 小雪「わたし、ゴールドで出たわ♪」東京国際映画祭グリーンカーペットをゴールドで染める!『わたし出すわ』 | メイン | 興行ランキング 2009年10月17日~10月18日 »

2009年10月19日 (月)

ゲストに鳩山総理が!『オーシャンズ』からはナレーションの宮沢りえが!第22回TIFF オープニングセレモニー

日時:10 月17 日(土)
場所:TOHO シネマズ 六本木ヒルズ Screen7
登壇者:内閣総理大臣 鳩山由紀夫、鳩山幸夫人、第22TIFFチェアマン 依田巽映画祭大使、木村佳乃、ジャック・ペラン監督、ジャック・クルーゾー監督、宮沢りえ 他

ゲストに鳩山総理が!『オーシャンズ』からはナレーションの宮沢りえが!第22回TIFF オープニングセレモニー

第22回東京国際映画祭がこの日、たくさんのゲストともに、華やかにオープニングを迎えた。映画祭大使の木村佳乃さん、グリーンアンバサダーの杏さんが登場し、TIFFチェアマンの依田巽とともにゲストを迎えた。

今年の映画祭は約200Mのグリーンカーペットをハリウッドスターのサム・ワーシントン、シガーニー・ウィーバーを始め、沢山の映画人が歩き、その中でも鳩山由紀夫内閣総理大臣は「映画スターになったようでとても良い気分です。世界中の素晴らしい映画が東京に集まるのは喜ばしいことです。妻とニューヨークのピッツバーグに行ったのですが『おくりびと』が話題になっていたり、『積み木の家』がアカデミー賞を受賞したり、日本の映画は世界の人々にとって大変魅力的だということです。映画には、政治以上に人々の意識を変える力があると思います。エコロジーというテーマでも競い合う映画祭であってほしい」と映画祭の開幕を祝った。幸夫人も笑顔でカーペットをご一緒に歩かれた。

続いて経済産業省増子輝彦(ましこてるひこ)副大臣が主催者団体を代表して挨拶。「世界各国から多くの皆様がお集りになった素晴らしいセレモニーになりましたね。おめでとうございます。鳩山総理は、国連で「CO2 削減目標25%」という歴史的な宣言をされました。環境と文化と芸術、様々なコンテンツを合わせながら、日本から世界へ意義あるメッセージが広がっていくよう期待しております」と本映画祭に相応しいコメントを残した。

また、本年度のコンペティション部門審査委員長であるアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督は「9年前にこの映画祭で上映するために来日し、日本の伝統や文化に刺激を受け続けています。またこの映画祭に戻ってくることができて嬉しく思っております」とコメント。

最後にオープニング作品である『オーシャンズ』のジャック・ペラン監督、ジャック・クルーゾー監督、日本での公開時のナレーションを務める宮沢りえさんらが登場。ジャック・ペラン監督は「オープニング作品として披露できることを大変光栄に思っております。この映画を通して伝えたいのは単に美しいものだけではなく人間が海を荒らしている現状も皆さんにご覧いただきたい。豊富な資源や海を取り戻すのに遅いということはないことを知って欲しい」と環境を考え厳格にコメント。

宮沢りえさんは「こんなにも未知なる世界が広がっていることにわくわくし、次のシーンが早くみたい、と思う作品です。また、素晴らしい海を失いたくない気持ちになりました。オリジナルのナレーションはジャック・ペラン監督が付けていてそれがとても素晴らしかったのですがこういう役目をいただいたので観ていただく方の心に浸透するようなナレーションにしたい」と意気込みを語った。

本日のオープニングイベントでは、グリーンカーペットの一般観覧人数7000人、マスコミの数も500 を超え、大変な賑わいを見せ、華やかで記念すべき第22 回東京国際映画祭が開幕した。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/22014235

ゲストに鳩山総理が!『オーシャンズ』からはナレーションの宮沢りえが!第22回TIFF オープニングセレモニーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事