« 2009年8月 | メイン | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月25日 (金)

川島海荷 初主演作品『携帯彼氏』舞台挨拶つき完成披露試写会

開催日:2009年9月24日(木)
会場:草月ホール
壇上者: 川島海荷、朝倉あき、石黒英雄、船曳真珠(監督)、弓木英梨乃(主題歌アーティスト)

川島海荷 初主演作品『携帯彼氏』舞台挨拶つき完成披露試写会

社会現象となった『恋空』『赤い糸』を生んだ魔法のⅰらんどで、ケータイ小説アワード「ジャンル賞」「Hana*chu→賞」をW受賞し、異色のサスペンスタッチが女子中高生の間で話題となり爆発的に拡がったケータイ小説が原作の映画『携帯彼氏』の舞台挨拶つき完成披露試写会が9月24日に行われた。
主演は、2009年最も熱い注目を集める新人女優、川島海荷。親友役は、ドラマ「とめはねっ!鈴里高校書道部」の主演が決定している朝倉あき。相手役は、『ごくせん THE MOVIE』など数々の映画・ドラマで活躍中の石黒英雄。主題歌はこれがデビューとなる期待の新人シンガーソングライター弓木英梨乃。フレッシュな顔ぶれが登壇した舞台挨拶となった。

続きを読む »

『のんちゃんのり弁』主題歌担当 スネオヘアー インタビュー

『のんちゃんのり弁』主題歌担当 スネオヘアー インタビュー

モントリオール世界映画祭など、国内外の映画賞を多数受賞した前作『いつか読書する日』から4年。緒方明監督待望の新作。下町育ち、真っ直ぐで向こう見ずな子持ち女子、主人公・小巻を演じるのは、小西真奈美。ダメ亭主を捨て、お弁当作りに目覚め、“安くて美味しい最高のお弁当屋を開く”という目標に向かって再スタートをきろうと奮闘する姿を熱演。そして『かもめ食堂』『めがね』などのフードスタイリスト・飯島奈美が手がけたお弁当・料理の数々も見どころ。

今回は本作の主題歌を担当されたスネオヘアー氏にお話を伺いました。

続きを読む »

最新映画ナビ プレゼント(9/25~10/2)

『僕の初恋をキミに捧ぐ』試写会

『僕の初恋をキミに捧ぐ』試写会
10/12(月) ニッショーホール(東京・虎ノ門)
開場14:00/開映14:30
20組40名様分

【ストーリー】
医師を父に持つ少女・繭は、父の病院で入院生活を送る少年・逞と出会う。互いに恋心を抱き始める2人だが、繭は逞が重い病気により20歳まで生きられないことを知る。しかし幼い2人は儚い未来に向けて「大人になったら、結婚しよう」と約束をする。時が経ち、一途に逞を愛し続ける繭に対し、自らの余命を自覚した逞は恋心を封印し繭を遠ざけようとする。繭に思いを寄せる昂や、逞と同じ病気を持った照の登場もあり、2人の気持ちは次第に揺れ動き始める。そしてその間にも、逞の病状は進行していく。運命のタイムリミットが近づく中、思いもよらぬ知らせが二人に届く。しかし、その知らせは、さらなる悲劇の始まりに過ぎなかった…。


他にも下記プレゼントを追加!!
■『副王家の一族』試写会(東京)
■「BONES-骨は語る- シーズン4」特製骨ペン
■『風が強く吹いている』
■『斬撃-ZANGEKI-』オリジナル小銭入れ


応募はこちらから

2009年9月24日 (木)

マキダイが初キスシーンで緊張!『白夜』初日舞台挨拶

日時:2009年9月19日(土)
会場:新宿武蔵野館
登壇者:小林政広監督、眞木大輔、吉瀬美智子

マキダイが初キスシーンで緊張!『白夜』初日舞台挨拶

EXILEの眞木大輔が主演ということで話題を呼んでいる映画『白夜』。9/19(土)の公開初日にはメイン館の新宿武蔵野館にて、眞木大輔(33歳)、吉瀬美智子(34歳)、小林政広監督(55歳)が壇上し舞台挨拶を行われた。

当日は監督が眞木と吉瀬に本作のタイトル「白夜」に掛けて、「108本(びゃくや)」の白と黒のバラの花束をサプライズでプレゼント。舞台挨拶終了後には野畑慎が主題歌「雲の上の世界」を披露。

続きを読む »

毒舌芸人 有吉弘行の映画祭!「有吉映画祭」初日舞台挨拶

日時:2009年9月19日(土)
会場:シネマート新宿
登壇者:有吉弘行、マッコイ斉藤監督、デンジャラス安田和博(シークレットゲスト)

毒舌芸人 有吉弘行の映画祭!「有吉映画祭」初日舞台挨拶

ヒッチハイク芸人として絶頂を極め、その後地獄を味わい、毒舌芸人として再ブレイクを果たした有吉弘行の主演作品、『我々は有吉を訴える 謎のヒッチハイク全記録』『我々は有吉を再び訴える 沖縄ヒッチハイク殺人未遂事件の全真相』の2本と、助演作品『上島ジェーン』1本の計3本のノミネート作品でお贈りする《有吉映画祭》がいよいよ開催され、満席の中、舞台挨拶が行われた。

スタッフがノリで企画した《有吉映画祭》は、本人の意向にそぐわぬまま、いつの間にか、全国10館以上の規模で9月19日より順次全国開催となり、有吉自信も、しょうがないから近場だけでも初日舞台挨拶だけはしなきゃいけないということで、実施された舞台挨拶。今回のノミネート作品全てを監督したマッコイ斉藤と有吉の危険度100%の舞台挨拶に、映画にも出演のデンジャラス 安田和博も登場!

続きを読む »

小西真奈美、御飯茶碗250杯分の“巨大のり弁”に仰天!! 映画『のんちゃんのり弁』舞台挨拶付き一般試写会

日時:2009年9月23日
会場:スペースFS汐留
登壇者:緒方明監督(49)、小西真奈美(30)、村上淳(36)、佐々木りお(7)

小西真奈美、御飯茶碗250杯分の“巨大のり弁”に仰天!! 映画『のんちゃんのり弁』舞台挨拶付き一般試写会

『いつか読書する日』で国内外から高い評価を受けた、緒方明監督待望の新作『のんちゃんのり弁』が、いよいよ9月26日(土)より全国公開される。公開に先立ち、9月23日(水・祝)に、舞台挨拶つき一般試写会が行われた。

当日は御飯茶碗で約250杯分の“巨大のり弁”が登場!映画の舞台になっている京島のお母さんたちが愛情を込めて作ってくれたお弁当を届けてくれた。小西さんが布をめくってみると、何とそこには海苔で形作られていた「のんちゃんのり弁9.26」の文字があり、これにはゲストの皆さんは大感激!たまらず監督は箸をのばして、「あ~、おいしい!」と大満足。心温まるサプライズで大いに盛り上がった舞台挨拶となった。

続きを読む »

興行ランキング 2009年9月19日~9月20日

RankPre.作品名
1 NEW 劇場版デュエル・マスターズ 黒月の神帝 ルナティック・ゴッド・サーガ/劇場版ペンギンの問題 幸せの青い鳥でごペンなさい
2 1 『20世紀少年<最終章>ぼくらの』
3 NEW 『カムイ外伝』
4 3 『BALLAD 名もなき恋のうた』
5 2 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』
6 NEW 『ココ・アヴァン・シャネル』
7 4 『火天の城』
8 5 『しんぼる』
9 7 『TAJOMARU』
10 6 『しんぼる』
秋の5連休・シルバーウィークを迎えた週末の映画ランキング。新作3本がランクインし、『劇場版デュエル・マスターズ 黒月の神帝 ルナティック・ゴッド・サーガ/劇場版ペンギンの問題 幸せの青い鳥でごペンなさい』(東宝)が初登場1位を獲得した。小学生から絶大な支持を集める月刊誌「コロコロコミック」の2大人気漫画の劇場版。対戦型カードゲームアニメ『デュエル・マスターズ』と、ペンギン小学生の活躍を描く『ペンギンの問題』の同時上映で、2作品のテレビアニメ・ゲーム・マンガファンの小学生とその親世代を集客。初日2日間で動員19万9433人、興収1億9626万6850円、公開から5日間で動員44万人、興収4億4500万円をあげている。

3週連続でトップを走っていた『20世紀少年-最終章-ぼくらの旗』(東宝)は2位となるも、23日までの公開26日で動員は300万人目前、興収は36億を突破。

初登場3位は松山ケンイチ主演『カムイ外伝』(松竹)。白土三平の同名漫画を「血と骨」の崔洋一監督が初の実写映画化。忍者の掟を破り組織を追われた抜忍・カムイが、権力者や仲間であった忍者と戦いながら、たった独りで生き抜く姿を描く。共演は小雪、伊藤英明、佐藤浩市、小林薫。初日2日間の成績は動員13万2687人、興収1億6250万3700円、公開から5日間で動員35万人、興収4億2500万円をあげた。

6位は『ココ・アヴァン・シャネル』(ワーナー)。コネクションも財産も教育もない孤児院育ちの少女が、20世紀を代表するデザイナー、ココ・シャネルになるまでの苦難の歴史を描く。若き日のシャネルを演じるのは、「アメリ」のオドレィ・トトゥ。

惜しくも圏外だが、キャサリン・ハイグル&ジェラルド・バトラー主演『男と女の不都合な真実』(ソニー)が初登場11位。才色兼備なのに恋愛下手なTVプロデューサーのヒロインと、下品な恋愛カウンセラーが繰り広げるラブコメディ。


ドキュメンタリー映画『SOUL RED 松田優作』主演者決定&松田優作 生誕60年記念 バースディライブ


ドキュメンタリー映画『SOUL RED 松田優作』主演者決定&松田優作 生誕60年記念 バースディライブ

昨日9月21日に、誕生日を迎えた、伝説の男・松田優作。40歳にしてこの世を去り、没後20年経つ今もなお多くの人々に多大な影響を遺した松田優作の初公式ドキュメンタリー映画の公開記念、そして誕生日を記念して、バースデーライブが行われ、初公式ドキュメンタリー映画『SOUL RED 松田優作』の出演者が発表された。

恵比寿リキッドルームで行われた本イベントには約1000人の観客が詰め掛けた。松田優作の生前のライブ映像が流れる中、中村達也さん率いるLOSALIOSの熱いステージが繰り広げられると会場は一気にヒートアップ。さらに東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦さん、武田真治さん、竹中直人さんなど、豪華ゲストに会場は多いに盛り上がった。なかでも竹中直人氏は生前の松田優作とのエピソードを、優作の真似を交えて語るだけでなく、歌を歌い、優作への思いを表した。様々な人に影響を与えていた優作の人柄がみえるこの数々のエピソードと物まねに、誕生日というおめでたい日らしく、笑いが絶えない晴れやかなイベントとなった。

最後には会場全体でハッピーバースデーを大合唱するなど、今なお色褪せない松田優作を体感できたこのライブで、ドキュメンタリー映画の総監修エグゼクティブ・プロデューサーを務めた松田美由紀より、挨拶が行われた。

続きを読む »

映画界を代表する“親子”のニヤミスも!芸術の街・新百合ケ丘で「KAWASAKIしんゆり映画祭」がスタート!

映画界を代表する“親子”のニヤミスも!芸術の街・新百合ケ丘で「KAWASAKIしんゆり映画祭」がスタート!

9月19日(土)、今年で15周年を迎える「KAWASAKIしんゆり映画祭」がワーナー・マイカル・シネマズ新百合ケ丘にてオープニングを迎えた。

「KAWASAKIしんゆり映画祭」は、市民が“手作り”で行う運営を行政がバックアップするというかたちで続いて来た市民映画祭。今年のオープニングを飾ったのは、『その日のまえに』、『俺たちに明日はないッス』、『棒の哀しみ』の3作品。各作品豪華ゲストが来場しゲストトークを行う中で、若手実力派女優として話題作にひっぱりだこの安藤サクラ、そして映画監督しても国境を越えて活躍中の奥田瑛二という、日本映画界を代表する“親子”が来場するという“ニアミス”も。残念ながら出演作が違うため(※安藤サクラは『俺たちに明日はないッス』出演、奥田瑛二は神代辰巳監督の遺作となった『棒の哀しみ』主演)、同時の登壇は叶わなかったが、2人とも映画祭ならではのトークを繰り広げ、オープニングを盛り上げていた。

「KAWASAKIしんゆり映画祭」は9月19日(土)~27日(日)まで開催。川崎市縁の巨匠・神代辰巳監督特集や、“今こそ青春”敬老の日特集、今年で10年目を迎える、中学生によるジュニアワークショップ制作作品の上映会、ドキュメンタリー『葦牙-あしかび- こどもが拓く未来』『1000年の山古志―中越大震災と闘った小さな村の物語―』の先行特別上映など、最終日までイベントが目白押しだ。
※9月20日(日)~27日(日)は会場が川崎市アートセンターになります。

映画界を代表する“親子”のニヤミスも!芸術の街・新百合ケ丘で「KAWASAKIしんゆり映画祭」がスタート! 映画界を代表する“親子”のニヤミスも!芸術の街・新百合ケ丘で「KAWASAKIしんゆり映画祭」がスタート!

続きを読む »

佐藤二朗、ムロツヨシ、白石隼也らが登壇!!『大洗にも星はふるなり』 「したまちコメディ映画祭」舞台挨拶


会場:吾妻橋横→雷門前→浅草公会堂前(※レッドカーペット)→浅草公会堂内(※オープニングセレモニー&舞台挨拶)
登壇者:メロライド、白石隼也、佐藤二朗、ムロツヨシ、福田雄一監督

佐藤二朗、ムロツヨシ、白石隼也らが登壇!!『大洗にも星はふるなり』 「したまちコメディ映画祭」舞台挨拶

年に一度、映画人と観客が一緒になって楽しむ映画のお祭り!「第2回したまちコメディ映画祭」が開催。地域から世界を目指す当映画祭に『大洗にも星はふるなり』の出演キャストである佐藤二朗、ムロツヨシ(レッドカーペットより参加)、白石隼也、主題歌を歌うメロライド(舞台挨拶より参加)、福田雄一監督が水上バスから始まり雷門、そして浅草公会堂前でのレッドカーペットに参加。その後は、哀川翔ら総計28名が登壇となった豪華な映画祭オープニングセレモニーへも参加。最後にはキャストによる舞台挨拶が実施された。

佐藤二朗、ムロツヨシ、白石隼也らが登壇!!『大洗にも星はふるなり』 「したまちコメディ映画祭」舞台挨拶 佐藤二朗、ムロツヨシ、白石隼也らが登壇!!『大洗にも星はふるなり』 「したまちコメディ映画祭」舞台挨拶 佐藤二朗、ムロツヨシ、白石隼也らが登壇!!『大洗にも星はふるなり』 「したまちコメディ映画祭」舞台挨拶


続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事