« 『アフロサムライ:レザレクション』完成披露舞台挨拶 | メイン | 『風が強く吹いている』舞台挨拶付き完成披露試写会 »

2009年9月29日 (火)

ボブ・ディラン23歳の軌跡『ドント・ルック・バック』が限定公開決定!

ボブ・ディラン23歳の軌跡『ドント・ルック・バック』が限定公開決定!

1965年の春、ボブ・ディラン23歳―The Times They Are A-Changin’
 
まさに、時代が変わろうとしていた世界の空気を、イギリス・ツアーのボブ・ディランを追うことにより見事に映し出した音楽ドキュメンタリーの金字塔―『ドント・ルック・バック』。そして、あのマーティン・スコセッシ監督が「ザ・バンド」のラスト・コンサートを撮ることにより捉えたひとつの時代の終焉―『ラスト・ワルツ』

伝説となった2本の音楽映画が、10月31日(土)~11月6日(金)新宿武蔵野館にて期間限定公開されることが決定!

冒頭に流れる世界初のPVと言われた「サブタレニアン・ホームシック・ブルース」の圧倒的なカッコよさ、そこには自信に満ち溢れすでにカリスマ的な魅力を放つ若き日のボブ・ディランがいる。しかし『DON’T LOOK BACK』は、単に歌うだけの‘ミュージシャン’ボブ・ディランの姿のみならず、様々なシーンで奮闘する姿までをも追っている。インタビューにやって来た記者たちとの激しい応酬、コンサート直前の学生達との哲学的論争、果てはマネージャーが出演料の交渉をする場面まで・・・。ディランの音楽をめぐるツアー中の出来事と素顔が赤裸々に映し出されている。いまも音楽ビジネスの世界で先頭を走り続けるディランの原点とも言える時代を追った貴重なドキュメンタリー映画、『ドント・ルック・バック』。アレン・ギンズバーグやジョーン・バエズ、アニマルズを脱退したばかりのアラン・プライスら、カルチャー・シーンで多くのフォロワーを生み出し、いまもその作品が世界中の若者たちに波及し続けている人々が数多く登場していることも見逃せない。

1976年11月25日サンフランシスコ、ウィンターランドで行われた、ザ・バンドの解散コンサートを追った音楽ドキュメンタリー映画『ラスト・ワルツ』。ゲストにはボブ・ディラン、エリック・クラプトン、リンゴ・スター、ヴァン・モリソン、ニール・ヤング、ロン・ウッド、ニール・ダイヤモンド、マディ・ウォーターズらロック史を彩る、錚々たるメンバーが勢ぞろい。フィナーレの出演者全員による「アイ・シャル・ビー・リリースト」の大合唱が圧巻。最新作『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』の公開で、改めて音楽映画の巨匠としての力をも見せつけたマーティン・スコセッシ監督が撮った本作は、30年以上の長きにわたり、音楽映画の代名詞となっている。

『ドント・ルック・バック』
10月31日~11月3日まで
連日20:30より
監督:D・A・ペネベーカー 
製作:アルバート・グロスマン、ジョン・コート
出演:ボブ・ディラン、ジョーン・バエズ、ドノヴァン、アラン・プライス、ボブ・ニューワース、アレン・ギンズバーグ   
1967年 アメリカ映画 白黒 96分

『ラスト・ワルツ』
11月4日~11月6日まで  
連日20:30より
監督:マーティン・スコセッシ 
出演:ザ・バンド、ボブ・ディラン、ニール・ヤング、エリック・クラプトン、ジョニ・ミッチェル
1978年 アメリカ映画 カラー 117分
  
■新宿武蔵野館URL  http://shinjuku.musashino-k.jp/index.php

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/21779287

ボブ・ディラン23歳の軌跡『ドント・ルック・バック』が限定公開決定!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事