« 画面から襲撃者が飛び出す!『30デイズ・ナイト』衝撃度130%の体感型スペシャル動画公開!! | メイン | 映画『ドゥームズデイ』のエンディングを手がけるのは、UKロック界の雄“KASABIAN”!! »

2009年8月 4日 (火)

USランキング 2009年7月31日~8月2日

RankPre.作品名
1 NEW Funny People
出演:アダム・サンドラー 監督:ジャド・アパトウ
2 2 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(Potter and the Half-Blood Prince)
出演:ダニエル・ラドクリフ 監督:デイビッド・イェーツ
3 1 『Gフォース』(G-Force)
出演:ニコラス・ケイジ、ペネロペ・クルス(声) 監督:ホイト・イェットマン
4 3 『男と女の不都合な真実』(The Ugly Truth)
出演:キャサリン・ハイグル、ジェラルド・バトラー 監督:ロバート・ルケティック
5 NEW Aliens in the Attic
出演:アシュレイ・ティスデイル 監督:ジョン・シュルツ
6 4 Orphan
出演:ピーター・サースガード、ヴェラ・ファーミガ 監督:ジャウム・コレット=セラ
7 5 『アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの』(Age: Dawn of the Dinosaurs)
出演:ジョン・レグイザモ、クィーン・ラティファ(声) 監督:カルロス・サルダーニャ
8 7 The Hangover
出演:ジャスティン・バーサ 監督:トッド・フィリップス
9 8 『あなたは私の婿になる』(The Proposal)
出演:サンドラ・ブロック、ライアン・レイノルズ 監督:アン・フレッチャー
10 6 『トランスフォーマー/リベンジ』(Transformers: Revenge of the Fallen)
出演:シャイア・ラブーフ 監督:マイケル・ベイ
“アダム・サンドラー主演のコメディ『Funny People』が首位!”


アメリカでは人気のアダム・サンドラー主演のコメディ『Funny People』が、2,266万ドルで首位に立った。サンドラー扮する余命いくばくもない人気コメディアンに扮するため、コメディといっても若干ダーク。さらに批評家からの評判が悪かったせいか、1位を死守したものの、通常サンドラーが稼ぎ出す3000万ドルから4000万ドルには及ばずだった。

2位は、先週と同じ『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の1,791万ドル。公開3週目で全米歴代48位につけているが、大失速しており、他のシリーズにどこまで追いつけるか、どこまで超えられるかが見もの。

そして3位は、先週の1位からランクダウンしたライブ・アクション・アニメ『G-Force』の1,751万ドルだった。

4位は、先週の3位からランクダウンしたジェラルド・バトラー、キャサリン・ヘイグル主演のコメディ『男と女の不都合な真実』の1,319万ドル。

5位はファミリー向けライブ・アクション『Aliens in the Attic』が、予想を下回る801万ドルで初登場を果たした。

なお昨年の同時期は、『ダークナイト』がボックスオフィスを席巻していたこともあり、特にスローな週末となった。

<来週の見どころ>
人気フィギュアから派生した1980年代のテレビ・アニメの実写版、アクション・スリラー『G.I.ジョー』が公開される。
主演は、今後注目をあびそうなチャニング・テイタム、アクション・スターとしての一歩を歩むシエナ・ミラー、ハリウッド・デビュー作となる韓流スターのイ・ビョンホンなど、豪華キャストが勢ぞろい。

そして、『プラダを来た悪魔』でファッション雑誌のドンを演じたメリル・ストリープが、今度は実在の料理人ジュリア・チルドを熱演する『Julie & Julia 』も公開に。『プラダ~』ではボスに振り回されるアシスタントを演じたアン・ハサウェイが注目をあびたが、今度は『ダウト』でコンビを組み息のあったところを見せてくれたエイミー・アダムスが、またもや振り回され役として注目をあびそう。

今週静かだったボックス・オフィスをどこまでに賑わしてくれるか楽しみだ。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/20852335

USランキング 2009年7月31日~8月2日を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ