« 興行ランキング 2009年5月30日~5月31日 | メイン | 小西真奈美、愛娘と再会!“ママ”への手紙に涙!映画『のんちゃんのり弁』完成披露試写会舞台挨拶 »

2009年6月 2日 (火)

USランキング 2009年5月29日~5月30日

RankPre.作品名
1 NEW 『カールじいさんの空飛ぶ家』(Up)
出演:エド・アズナー クリストファー・プラマー (声) 監督:ピート・ドクター 、ボブ・ピーターソン
2 1 『ナイト ミュージアム2』(Night at the Museum: Battle of the Smithsonian)
出演:ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ 監督:ショーン・レヴィ
3 2 『ターミネーター4』(Terminator Salvation)
出演:クリスチャン・ベイル、サム・ワーシントン 監督:マックG
4 NEW Drag Me to Hell
出演:アリソン・ローマン 監督:サム・ライミ
5 3 『スター・トレック』(Star TreK)
出演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント 監督:J.J.エイブラムス
6 4 『天使と悪魔』(Angels & Demons)
出演:トム・ハンクス、ユアン・マクレガー 監督:ロン・ハワード
7 5 Dance Flick
出演:ショシャーナ・ブッシュ 監督:ダミアン・ウェイアンズ
8 6 『ウルヴァリン/X-MEN ZERO』(X-Men Origins: Wolverine)
出演:ヒュー・ジャックマン、リーヴ・シュレイバー 監督:ギャヴィン・フッド
9 7 Ghosts of Girlfriends Past
出演:マシュー・マコノヒー、ジェニファー・ガーナー 監督:マーク・ウォーターズ
10 8 Obsessed
出演・ビヨンセ・ノウルズ 監督:スティーヴ・シル
“批評家も大絶賛の嵐!のピクサー・アニメ『カールじいさんの空飛ぶ家』が首位”

超大作が目白押しのサマーシーズンにうってつけのピクサー・アニメ『カールじいさんの空飛ぶ家』が、6,811万ドルで、見事首位の座に立った。これまでに10本のアニメをこの世に送り出してきたピクサーだが、同作のオープニングは、昨年アカデミー賞アニメ部門賞を受賞した『WALL-E/ウォーリー』の6,310万ドルを抜き、『ファインディング・ニモ』、『Mr.インクレディブル』の7000万ドルに続く3位。チケット代の値上げや、代金の高い3Dでの鑑賞者が多いことから単純な比較は難しいが、批評家に「これまでのピクサー・アニメの中で最高のできばえ。映像、スクリプト、エンターテインメント性と、どの要素をとっても申し分がない」と
言わしめるほど。作品の評判が高いことから、今後もファミリーだけではなく、大人のカップルの観客も足を運びそうで、息の長いヒットが期待されている。

先週の1位の座を明け渡して2位にランクダウンしたのは、ベン・スティラー主演の『ナイトミュージアム2』の2,435万ドル。前編よりも作品の評価が高いことから、2週間で1億ドルを突破する快進撃を続けている。

そして3位は、先週の2位からランクダウンした『ターミネーター4』の1,643万ドル。極力CGを控えたため、爆破シーンなどにはリアリティがありアクション映画としては楽しめるが、もともとは、主役なるはずだった記憶喪失のサイボーグ、マーカス・ライト役をオファーされていたクリスチャン・ベールが、ジョン・コナー役を切望したため、直前にスクリプトがコナー中心に書き換えられたそう。その結果。作品の完成度がイマイチでドラマ性にかけると、批評家からの評判が悪いことが、数字にそのまま結びついてしまったようだ。

4位には、「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ監督がメガホンを取ったホラー『Drag Me to Hell』が1,583万ドルで初登場。

そして5位は、先週の3位からランクダウンした『スター・トレック』の1,261万ドル。大失速したが、公開4週目で2億931万ドル、全米歴代81位と立派な成績。また、今年公開された作品の中で見てみると、これまで最高だった『モンスターVSエイリアン』が10週間で築き上げた1億9,442万ドルを軽く超えて首位に立つとともに、2億ドルをはじめて突破した作品となった。

なお、『Departures』(邦題『おくりびと』)は、わずか9館での公開にもかかわらず、33位に初登場。アカデミー効果は抜群のようだ。

<来週の見どころ>
1970年代のアメリカの人気テレビシリーズで、ウィル・ファレル主演のアドベンチャー・コメディ『Land of the Lost』、結婚の2日前にバチェラー・パーティよろしくラスベガスに出向いた男性4人が繰り広げるドタバタ・コメディ『The Hangover』など、アメリカ人好みのおバカなエンターテインメント映画が 2本公開されるほか、トライベッカ映画祭のオープニング作品に選ばれたニア・バルダロス主演のロマンティック・コメディ『My Life in Ruins』が公開される。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/20020379

USランキング 2009年5月29日~5月30日を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事