« 『それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星』完成披露舞台挨拶 | メイン | 興行ランキング 2009年6月27日~6月28日 »

2009年6月29日 (月)

『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』記者会見

日時:2009年6月29日
会場:ザ・リッツ・カールトン東京
壇上者:ジャン・フランソワ・カミレッリ(プロデューサー)、宮崎あおい、マシュー・エバーハード監督

『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』記者会見

6月29日(月)ザ・リッツ・カールトン東京にて、故ウォルト・ディズニーの意志を受け継ぎ立ち上げられた、自然ドキュメンタリーの新レーベル《ディズニーネイチャー》の第一弾作品『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』の記者会見が行われた。
舞台には本作の製作・監督・撮影監督を務めたマシュー・エバーハードと、《ディズニーネイチャー》プロデューサーのジャン・フランソワ・カミレッリ、日本版ナレーションを務めた女優・宮﨑あおいが壇上。宮崎はフラミンゴをイメージしたピンク色の衣装で登場した。

______________________________________________________________________

一言ご挨拶をお願いします

■ジャン・フランソワ・カミレッリ(以下、ジャン):「皆さん、こんちには(日本語で)。私は今朝ヨーロッパから日本にきました。日本の皆さまに本作をご紹介できる事を光栄に思っております」

■マシュー・エバーハード監督(以下、マシュー監督):「私も皆さまにご紹介できる事を光栄に思い、嬉しく思っております。日本には初めてきたのですが、東京は素晴らしい街ですね。驚いています」


監督に質問です。共同監督であるリーンダー・ワード氏とはどのような役割分担をされたのでしょうか

■マシュー監督:「とてもいい質問ですね。僕は基本的にロケ地の東アフリカでの撮影を行い、リーンダー氏は音楽の面を担当しました」


プロデューサーに質問です。デュズニースタジオが今改めて“自然”をテーマに選ばれた理由と、その第一弾にフラミンゴを選ばれた理由をお聞かせ下さい

■ジャン:「自然を選んだ理由として、今劇場を中心にデジタル機材が最新鋭のものに生まれ変わっています。だからこそ、テレビの小さな画面を抜け出して大自然を劇場の大きなスクリーンで観ていただきたいと思い、このテーマを選びました。
フラミンゴを選んだ理由としては、このレーベルを立ち上げたときに一番最初に合った監督がマシューなんです。彼のアイディアを聞き、素晴らしいと思いフラミンゴに決定しました」


監督に質問。本作の舞台であるナトロン湖は国立公園として保護されているわけではなく、常に脅威にさらされていると思いますが、この事実についてどうお考えでしょうか

■マシュー監督:「タンザニアという国はまだ発展途上国で、土地として場所としても保護されなければいけないのですが、大変難しい問題ではあると思います。それは食料の危機にもつながりますからね。
フラミンゴも神秘的で是非保護したいのですが、中々難しい状況ですね」


監督に質問。とても暑い中での撮影とお聞きしたのですが、具体的にどれほど暑かったのでしょうか?

■マシュー監督:「非常に過酷で暑い中での撮影でした。小さな隠れ小屋での撮影もあって、早朝に鳥達が驚かないように小屋に入り、そこでずっと夜8時くらいまで撮影をしていました。本当に暑かったのですが、とても貴重な映像が撮れたので、疲れなど全て忘れてしまいますね(笑)」


プロデューサーに質問。宮崎あおいさんが日本版のナレーションを担当されているのですが、如何でしたか?

■ジャン:「宮崎さんという素晴らしい女優さんにナレーションをしていただき、とても光栄でラッキーに思っています。オリジナル版も女性の方がナレーションをしていて、日本のスタッフと話し合った結果宮崎さんにお願いする事になりました。
彼女にはディズニーネイチャーの“大使”になって頂ければなと思っております」


ディズニーネイチャーは今後どのようなスケジュールで上映されるのでしょうか

■ジャン:「レーベルとしては1年に1本上映していきたいと思っています。次回作は花粉を運ぶ動植物がテーマの『ヒドゥン・ビューティー(原題)』、タンザニアを舞台にした『アフリカン・キャッツ(原題)』、そして『チンパンジー(原題)』です。こういった新しい作品を提供する事で、いかに自分達が美しい星に住んでいるか考えて欲しい。そして劇場でみるハイクオリティーな映像を体感して欲しいですね」


ここで日本語版ナレーションを担当された宮崎あおいが登場

一言ご挨拶お願い致します

『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』記者会見

■宮崎あおい(以下、宮崎):「今回ナレーションで本作に参加させていただいて、私自身フラミンゴの自然界での生活や、親子の関係を知る事ができて、すごく嬉しく思っています。是非多くの方に観ていただきたいです」


宮崎さんの中でのフラミンゴの印象は?

■宮崎:「フラミンゴって今まではキャラクターなどで見ることが多かった気がします。服に印刷されていたりとか、キーホルダーとか。などのでじっくりとフラミンゴを観たのは初めてでしたね。そこにはちゃんとドラマがあって、足かせが付いてしまった子供が一生懸命動こうとする姿や、その命を食べて生きている命もあったり。胸が苦しくなる場面も多かったです。その場にいたらその足かせを取ってあげたいとも思いました。
それとフラミンゴの親子の絆を感じる事できました」

ナレーションをしてみて如何でしたか?

■宮崎:「声だけのお仕事って一番難しいと思っています。今回フラミンゴが主役で私はその情報を伝えるのが仕事で、ちゃっと伝えながらも邪魔になっちゃいけないなと思い、バランスをとるのが難しかったです。なので、一歩引いた感じでナレーションする事を心がけていました」


フラミンゴの生態の中で一番魅力的だったのは?

■宮崎:「親が子供を護る姿ですね。自分より大きな敵から一生懸命護る姿は、どうにか逃げ切って欲しいと手を伸ばしたくなるほどでした。あとはフラミンゴは何故ピンク色なのかも本作を観てわかりました」


本日のピンクの衣装が素敵ですね。フラミンゴとご自身が重なる部分はありますか?

■宮崎:「反応に困るかもしれませんが、子供の頃からフラミンゴのように立つことが多くて(笑)。前世はフラミンゴだったんじゃないか?と話す事もあるのですが、周りの方の反応が微妙で・・・(笑)。今回このお仕事を頂いたときに、また久しぶりに思い出しました。ピンク色が好きだという事もあるのですが、親が子を護る姿にも共感しました」


______________________________________________________________________

『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』
配給:ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン
公開:2009年8月28日
劇場:TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて
公式HP:http://www.disney.co.jp/movies/disneynature/


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/20400105

『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』記者会見を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事