« 2009年5月 | メイン | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

安達祐実、リア・ディゾン、さくらまや『ノウイング』タイムカプセル埋蔵記念式典

日時:6月29日(月)
場所:中央区立有馬小学校
出席者:チャンドラー・カンタベリー、安達祐実、リア・ディゾン、さくらまや

安達祐実、リア・ディゾン、さくらまや『ノウイング』タイムカプセル埋蔵記念式典

全米初登場No.1を獲得したニコラス・ケイジ主演、アレックス・プロヤス監督(『アイ,ロボット』)のディザスター・パニック超大作『ノウイング』。地球消滅という極限状況下での父子の絆が描かれた本作の公開に先駆け、ニコラス・ケイジの息子役を演じた天才子役、チャンドラー・カンタベリー(10歳)が来日。映画の内容にちなんで、29日(月)、14年後に開校150周年を迎える中央区立有馬小学校にて、『中央区立有馬小学校 タイムカプセル埋蔵記念式典』が開催され、全校生徒375人と共にチャンドラーも「未来へ」をテーマにした手紙を作成した。

この式典にはチャンドラーくんと同じく子役から大ブレイクし、今や3歳の女の子のお母さんである女優の安達祐実が「愛娘に宛てた手紙」を、さらに、4月に第1子の女の子を出産してから初の公の場での露出となるリア・ディゾンが「未来を画いたイラスト」を、そして、10歳の天才演歌歌手さくらまやが、未来の自分へのメッセージと有馬小学校の皆さんと一緒に熱唱した「翼をください」を録音し"音のメッセージ"をタイムカプセルに埋蔵した。また、『ノウイング』の主演を勤めたニコラス・ケイジからも未来へ向けた手紙が届き、一緒に埋蔵された。

続きを読む »

USランキング 2009年6月26日~6月28日

RankPre.作品名
1 NEW 『トランスフォーマー/リベンジ』(Transformers: Revenge of the Fallen)
出演:シャイア・ラブーフ 監督:マイケル・ベイ
2 1 『あなたは私の婿になる』(The Proposal)
出演:サンドラ・ブロック、ライアン・レイノルズ 監督:アン・フレッチャー
3 2 The Hangover
出演:ジャスティン・バーサ 監督:トッド・フィリップス
4 3 『カールじいさんの空飛ぶ家』(Up)
出演:エド・アズナー クリストファー・プラマー (声) 監督:ピート・ドクター 、ボブ・ピーターソン
5 NEW 『私の中のあなた』(My Sister's Keeper)  
出演:キャメロン・ディアス 監督:ニック・カサベテス
6 4 Year One
出演:ジャック・ブラック、マイケル・セラ 監督:ハロルド・ライミス
7 5 『サブウェイ123』(The Taking of Pelham 123)
出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ 監督:トニー・スコット
8 7 『スター・トレック』(Star TreK)
出演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント 監督:J.J.エイブラムス
9 6 『ナイト ミュージアム2』(Night at the Museum: Battle of the Smithsonian)
出演:ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ 監督:ショーン・レヴィ
10 8 Away We Go
出演:ジョン・クラシンスキー、マヤ・ルドルフ 監督:サム・メンデス
“『トランスフォーマー/リベンジ』が、新記録樹立のブッチギリNo.1!”

映画界が活況を迎える4日の独立記念日を控え、シリーズ第2弾『トランスフォーマー/リベンジ』が24日(水)から公開され、たった5日間で、2億ドルを突破するという快挙を成し遂げた。初日の6,202万ドルは、2007年の金曜日に公開された『ダークナイト』の6720万ドルに次いで2位、水曜日公開作としては、2007年に公開された『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の4420万ドルを軽々と超え、新記録を樹立。また歴代の6月公開作品の記録を塗り替えるとともに、今年の公開作の中でもダントツだった『スター・トレック』が7週間で築き上げた2億4,633万ドルまであと一歩という驚異的なヒットとなった。

シリーズ第2弾の同作は、前作と同様にマイケル・ベイ監督、シャイア・ラブーフ、ミーガン・フォックス主演だが、批評家からの評判は最悪。しかしこの結果に配給元のパラマウントは、「批評家は、映画の出来栄えばかりに注目してしまい、映画の最終目的がエンターテインメントであるということを忘れているのでしょう」と強気のコメント。実際の出口調査でも、鑑賞者の91%が「前作と同じかもっと面白い」と答えているそうで、全米歴代2位の『ダークナイト』の5 億は難しいにしても、早くも4億ドル突破が現実味を帯びてきた。

以下2位から4位は、先週からワンランク・ダウン。2位は、『あなたは私の婿になる』の1,858万ドル、3位は『The Hangover』の1,702万ドル。

そして4位は『カールじいさんの空飛ぶ家』の1,306万ドルだった。なお同作は、公開5週目で2億5000万ドルを突破し、全米歴代48位まで浮上している。

そして5位は、キャメロン・ディアスと天才子役アビゲイル・ブレスリンが母子を演じるベストセラー小説の映画化『私の中のあなた』の1,244万ドル。監督はニック・カサべテスで、アビゲイルが、白血病の姉に助けるために遺伝子操作によって臓器提供者として生まれてきたアンナを熱演している。

<来週の見どころ>
今最もホットなジョニー・デップが、珍しくキザな2枚目を熱演し、クリスチャン・ベイル主演、『ヒート』のマイケル・マン監督で贈るアクション・ドラマ『パブリック・エネミーズ(Public Enemies)』、ヒット作『アイス・エイジ』のシリーズ第3弾『アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの(Ice Age: Dawn of the Dinosaurs)』が公開され、強敵『トランスフォーマー/リベンジ』に挑む。


興行ランキング 2009年6月27日~6月28日

RankPre.作品名
1 NEW 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
2 1 『ROOKIES-卒業-』
3 2 『トランスフォーマー/リベンジ』
4 4 『劔岳 点の記』
5 3 『ターミネーター4』
6 5 『愛を読むひと』
7 6 『天使と悪魔』
8 8 『余命1ヶ月の花嫁』
9 7 『真夏のオリオン』
10 9 『ハゲタカ』
全国120館で公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(クロックワークス/カラー)が拡大公開中の大作を押さえ堂々の初登場1位を獲得。大人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を再構築した映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ第2弾。テレビ版未登場の新キャラクターが登場する約2年ぶりの待望作とあって、全国各地の劇場に多数の観客がつめかけ、初日2日間成績は動員35万人、興収5億円の成績を上げ、1館あたりのアベレージも4百万円を超えるスタートをきった。鑑賞後は毎回終了時に拍手が沸き起こるなど満足度も高いという。その他、全国各地で昼前には全回売り切れの劇場が続出するなど、多数の劇場で日計動員記録が出ており、この勢いがどこまで続くか注目したい。

その他、TOP10内の作品に大きな変動はなく、2位『ROOKIES-卒業-』(東宝)は公開30日間で動員550万人を突破、興収も67億円を超え70億円も目前。

3位『トランスフォーマー:リベンジ』(パラマウント)は世界中でも大ヒットを記録。24日に4234スクリーンで公開された全米ではオープニング5日間で約2億ドル(推計)を突破し、本年度のオープニング№1となった他、水曜日初日の№1など様々な記録を打ち立てた。

惜しくも圏外ではるが、「ゆれる」の西川美和監督最新作『ディア・ドクター』(エンジンフィルム/アスミック・エース)が初登場11位。笑福亭鶴瓶映画初主演となる本作は、僻村を舞台に、唯一の医師として絶大の信頼を得る中年医師の知られざる姿が浮き彫りになる様子をサスペンスフルに描きながら、無医村問題、高齢化など現代が抱える問題に鋭く切り込んだ人間ドラマ。全国49館で公開され、初日2日間で動員26,648人、興収35,133,550円をあげた。


2009年6月29日 (月)

『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』記者会見

日時:2009年6月29日
会場:ザ・リッツ・カールトン東京
壇上者:ジャン・フランソワ・カミレッリ(プロデューサー)、宮崎あおい、マシュー・エバーハード監督

『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』記者会見

6月29日(月)ザ・リッツ・カールトン東京にて、故ウォルト・ディズニーの意志を受け継ぎ立ち上げられた、自然ドキュメンタリーの新レーベル《ディズニーネイチャー》の第一弾作品『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』の記者会見が行われた。
舞台には本作の製作・監督・撮影監督を務めたマシュー・エバーハードと、《ディズニーネイチャー》プロデューサーのジャン・フランソワ・カミレッリ、日本版ナレーションを務めた女優・宮﨑あおいが壇上。宮崎はフラミンゴをイメージしたピンク色の衣装で登場した。

続きを読む »

『それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星』完成披露舞台挨拶

日時:2009年6月28日
場所:シネマート新宿
登壇者:やなせたかし先生、スザンヌ、マーガリン、キャサリン、新山千春、小春、アンパンマン、ばいきんまん

『それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星』完成披露舞台挨拶

今年の夏も劇場版『それいけ!アンパンマン』がやってくる!30年目に向けた新たな一歩を踏み出すシリーズ21作目本編『それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星』のゲスト声優にスザンヌファミリーが大抜擢!星空を守っているふたごの妖精“キララ”と“キラリ”。活発な女の子“キララ”にスザンヌ。物静かな女の子“キラリ”にマーガリン。また母親のキャサリンもアフレコに挑戦しました!同時上映ではママさんタレントとしても大活躍中の新山千春さん。愛娘 小春(こはる)ちゃんもお母さんと一緒に挑戦している。

続きを読む »

映画『守護天使』×BEAMS TオリジナルTシャツ販売記念ビームスT原宿に、カンニング竹山来店!

日時:2009年6月27日
場所:ビームスT原宿
登壇者:カンニング竹山

映画『守護天使』×BEAMS TオリジナルTシャツ販売記念ビームスT原宿に、カンニング竹山来店!

映画初主演のカンニング竹山と佐々木蔵之介、與真司郎(AAA)の異色の3人組が冴えないヒーローとなって活躍する『守護天使』。それぞれが演じる役柄は、この不況時代に頑張って生きているチョットおかしなヤツら。そんな3人組が、誰に頼まれるでもなく勝手に裏サイトの魔の手から、女の子(忽那汐里)を助けるために必死で奔走!!その姿は“小さな希望とチョットの勇気”を与えてくれる作品。公開を記念して、映画『守護天使』とBEAMS TがコラボをしてオリジナルTシャツを作成。全国のBEAMS Tにて販売が開始されている。その発売を記念して、竹山さんのビームスT原宿に来店した。

続きを読む »

新たなホラークイーン“明奈×加護亜依”誕生!!『呪怨 白い老女』『呪怨 黒い少女』初日舞台挨拶

日時:2009年6月27日
場所:新宿バルト9
登壇者:南 明奈(20)、鈴木裕樹(25)、みひろ(27)、三宅隆太監督  (『白い老女』登壇者)
加護亜依(21)、瀬戸康史(21)、中村ゆり(27)、安里麻里監督 (『黒い少女』登壇者)

新たなホラークイーン“明奈×加護亜依”誕生!!『呪怨 白い老女』『呪怨 黒い少女』初日舞台挨拶

6月27日(土)、新宿バルト9にて、映画 『呪怨 白い老女』『呪怨 黒い少女』(2作同時上映)の出演者・監督登壇による初日舞台挨拶が行われた。

続きを読む »

『天使の恋』女子校生5人キャスト決定!

『天使の恋』女子校生5人キャスト決定!

ケータイ小説投稿サイトおりおん☆に掲載され、2008年に開催された「第1回おりおん☆小説大賞」では最多PV賞を受賞。書籍化発表時は1300万PVを記録し現在すでに4100万PVを突破している、今年最も注目されているケータイ小説『天使の恋』。そして同名実写映画である本作の主要キャストが発表され、それぞれコメントをよせた。

続きを読む »

2009年6月26日 (金)

『呪怨 黒い少女』中村ゆり インタビュー

“新たな「呪怨」伝説が始まる…”

出席者:中村ゆり

『呪怨 黒い少女』中村ゆり インタビュー

1999年に清水崇監督が手掛けたビデオ版『呪怨』。今までにない斬新な恐怖描写が評判となり、後に劇場版が2本製作され大ヒットを記録。更にその恐怖の連鎖はハリウッドへと渡り、『THE JUON/呪怨』としてリメイクされ、全米興行成績1位を獲得。清水崇監督は日本人初の快挙を成し遂げる。続く『呪怨 パンデミック』も公開され全米ナンバー1を記録した。
そして、多くの人々を恐怖のどん底に突き落とし続けた「呪怨」シリーズの誕生10周年を記念して、生みの親である清水崇監督とプロデューサーの一瀬隆重が、原点の恐怖に回帰した新たな「呪怨」-『呪怨 白い老女』『呪怨 黒い少女』の2本を世に送り出して来た。今回は、『呪怨 黒い少女』に出演した中村ゆりにインタビューを敢行。初のホラー出演や、霊感のある役所についての話を中心に、『呪怨 黒い少女』の見所を語ってもらった。

続きを読む »

日活シネマクラシックVol.1『ヒーロー 石原裕次郎ー23回忌ー』開催

日活シネマクラシックVol.1『ヒーロー 石原裕次郎ー23回忌ー』開催

1956年、兄・慎太郎の芥川受賞作の映画化『太陽の季節』に脇役として出演。慶大を中退して日活に入社し、『狂った果実』で主演デビューし、またたくまに銀幕の大スターとなった石原裕次郎。歌手としても500曲以上を吹き込み、「銀座の恋の物語」「ブランデーグラス」などのヒット作を生み出し、正に昭和のヒーローでした。1987年7月17日、死去(享年52)、今年、23回忌を迎える。
7/11(土)よりシネマート六本木にて日活シネマクラシック第一弾とし、石原裕次郎出演作の上映が決定した。

上映作品、日程はこちら↓

続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ