« 『ノーボーイズ、ノークライ』韓国プレミア試写会 | メイン | 超豪華!日韓対決<美女編>『ラスト・ブラッド』ワールド・プレミア »

2009年5月27日 (水)

USランキング 2009年5月22日~5月24日

RankPre.作品名
1 NEW 『ナイト ミュージアム2』(Night at the Museum: Battle of the Smithsonian)
出演:ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ 監督:ショーン・レヴィ
2 NEW 『ターミネーター4』(Terminator Salvation)
出演:クリスチャン・ベイル、サム・ワーシントン 監督:マックG
3 2 『スター・トレック』(Star TreK)
出演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント 監督:J.J.エイブラムス
4 1 『天使と悪魔』(Angels & Demons)
出演:トム・ハンクス、ユアン・マクレガー 監督:ロン・ハワード
5 NEW Dance Flick
出演:ショシャーナ・ブッシュ 監督:ダミアン・ウェイアンズ
6 3 『ウルヴァリン/X-MEN ZERO』(X-Men Origins: Wolverine)
出演:ヒュー・ジャックマン、リーヴ・シュレイバー 監督:ギャヴィン・フッド
7 4 Ghosts of Girlfriends Past
出演:マシュー・マコノヒー、ジェニファー・ガーナー 監督:マーク・ウォーターズ
8 5 Obsessed
出演・ビヨンセ・ノウルズ 監督:スティーヴ・シル
9 7 『モンスターVSエイリアン』(Monsters vs. Aliens)
出演:リース・ウィザースプーン(声) 監督:ロブ・レターマン コンラッド・ヴァーノン
10 6 『セブンティーン・アゲイン』(17 Again)
出演:ザック・エフロン 監督:バー・スティアーズ
“ファミリー映画『ナイトミュージアム2』が、『ターミネーター4』をくだして首位!”

メモリアル・デイの3連休の週末は映画業界ではかき入れ時とあって、通常では考えられないような超大作2本が激突!このところ快進撃を続けているベン・スティラー主演の続編『ナイト ミュージアム2』と、アーノルド・シュワルツェネッガーでおなじみの6年ぶりのシリーズ第4弾『ターミネーター4』が公開され、ファミリー向けの『ナイトミュージアム2』が、金曜日から月曜日の4日間で7005万ドルを稼ぎ出し、見事首位の座に立った。

舞台はNYの自然史博物館から世界最大の博物館スミソニアンに移り、ナポレオンやアインシュタインなど、歴史や自然界の遺産たちが次々と動き出すというストーリー。製作費は約1億2500万ドルと前編からスケールアップしたが、2006年のクリスマスに公開された前作のオープニングは3日間で約3000万ドル。今回の数字は4日間のため単純に比較はできないが、内容も質が大幅アップしたと批評家からの良い評判がそのまま反映され、2倍以上の興行成績を稼ぎ出した。

一方、初登場2位となった『ターミネーター4』は、4日間で5,194万ドルと予想を下回る残念な結果に。21日(木)から公開されているため単純比較はできないが、5日間で考えた場合でも、スタジオ側の予想の7000万ドルを下回る6,532万ドルと、少々物足りない結果に終わったようだ。製作費約1億8000万の同作の舞台は2018年。バットマンのクリスチャン・ベイルが、ジョン・コナーが、人類の生き残りをかけて戦うというストーリーで、特撮バリバリの超大作だが、連休とあってファミリー客を『ナイト ミュージアム2』に取られたことや、観客の70%は男性であることから大ヒット公開中の『スター・トレック』に客足を取られている可能性もありそうで、来週の動向にも注目したい。

そして3位は、先週の2位からワンランクダウンした『スター・トレック』の1,938万ドル。予想以上の快進撃を続けており、公開わずか3週目で2億ドル目前の1億9,101万ドルをたたきだし、早くも全米歴代99位にランクインした。

4位は、先週の1位からランダウンした『天使と悪魔』の2,741万ドル。公開11日目で8,752万ドルは、2006年に公開された『ダ・ビンチ・コード』の1億4500万ドルからは程遠い結果に終わりそうだが、同タイトルの原本の売れ行きから考えても、この結果はスタジオ側があらかじめ予測していた範囲のようだ。

なお、5位には、コメディ『Dance Flick』が、1,262万ドルで初登場した。

<来週の見どころ>
数々のアニメをこの世に送り出してきたピクサーが贈るアニメ『Up』、「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ監督のホラー『Drag Me to Hell 』などが公開されるほか、マーク・ラファエロ、エイドリアン・ブロディ、レイチェル・ワイズ、そして菊地凛子主演のクライム・ロマンス『The Brothers Bloom』が拡大公開される。
かつての日本が不景気のときに映画の興行成績が良かったように、100年に1度の景気後退期を迎えているアメリカでも客足は好調のようで、来週の数字も楽しみだ。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/19942441

USランキング 2009年5月22日~5月24日を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事