« 2008年12月 | メイン | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

『7つの贈り物』ウィル・スミス インタビュー

『7つの贈り物』ウィル・スミス インタビュー

2009年2月21日に公開『7つの贈り物』に出演のウィル・スミスにインタビュー。

続きを読む »

今年最も魅力的な女性No.1は?

今年最も魅力的な女性No.1は?レニー・ハーリン監督が新たな新境地に挑戦する映画『ザ・クリーナー 消された殺人』に出演しているエヴァ・メンデスがAskMen.comによる“今年最も魅力的な女性”に選ばれた。サイトでは、恋人または妻にする資質を持ったハリウッドセレブは誰かというアンケートが行われ、1000万以上の票が投じられた。

そんな“今年最も魅力的な女性”に選ばれたエヴァ・メンデスが出演する注目作『ザ・クリーナー 消された殺人』が2月7日銀座シネパトスにて公開する。1人のクリーナー(死体発見現場の掃除人)の1日を丹念に追ったラジオ番組からインスパイアされて生まれた本作品は、犯罪や事故現場の血痕などを取り除く特殊な清掃請負業の元警察のトム(サミュエル・L・ジャクソン)が巻き込まれる謎に包まれた究極のサスペンス映画。

『1408号室』のサミュエル・L・ジャクソン、『アポロ13』のエド・ハリス、『ゴーストライダー』のエヴァ・メンデスの名優の豪華競演している本作は、アクション監督の巨匠として有名な『ダイ・ハード2』のレニー・ハーリンがサスペンス映画に挑戦している。


______________________________________________________________________

『ザ・クリーナー 消された殺人』
配給:リベロ
公開:2009年2月7日
劇場:銀座シネパトスほかにて
公式HP:http://thecleaner.heteml.jp/

『ベンジャミン・バトン』ジャパンプレミア・レッドカーペットイベント!

日時:1月29日
場所:六本木ヒルズ・アリーナ広場
登壇者:デビッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー

『ベンジャミン・バトン』ジャパンプレミア・レッドカーペットイベント!

1月29日(木)六本木ヒルズ・アリーナ広場(屋外広場)にて、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』ジャパンプレミア・レッドカーペットイベントが行われた。
会場にはデビッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピットと妻で女優のアンジェリーナ・ジョリーらが登場し、詰めかけたファンからのサイン・握手にも笑顔で応じ、大歓声につつまれながら、30分以上にわたってレッドカーペットを歩いた。

続きを読む »

『ヘブンズ・ドア』福田麻由子 インタビュー


『ヘブンズ・ドア』福田麻由子 インタビュー

第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞に輝いた映画『鉄コン筋クリート』のアメリカ出身映像クリエイター、マイケル・アリアス監督の初実写映画。ボブ・ディランの同名曲から生まれたドイツ映画『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』を原案に、『デトロイト・メタル・シティ』の大森美香が脚本を担当した。主演は、音楽・TV・映画でマルチな活躍をみせる長瀬智也さんと、『L change the WorLd』の福田麻由子さん。

今回は本作のヒロイン白石春海を演じられた福田麻由子さんにお話を伺いました。

続きを読む »

2009年1月29日 (木)

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』来日記者会見

オスカー候補No.1の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』で3年2ヶ月ぶりの来日!ブラピ、愛の本質を語る!!

日時:1月28日
場所:グランドハイアット東京 グランド・ボールルーム
出席者:ブラッド・ピット、デビッド・フィンチャー監督

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』来日記者会見

『セブン』、『ファイト・クラブ』の名匠と主演俳優コンビによる最新作にして、作品賞、監督賞、主演男優賞をはじめ本年度アカデミー賞最多13部門ノミネートの話題作『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』の来日記者会見が都内で開かれ、『12モンキーズ』以来13年ぶり2度目、主演賞ノミネートは初となるブラッド・ピット、そして、初のオスカー・ノミネートを勝ち得たデビッド・フィンチャー監督が登壇した。F・スコット・フィッジェラルドの短編を原作に、80歳で生まれ、年を経るごとに若返って行く男ベンジャミン・バトンの数奇な人生の物語をつくり上げたハリウッドを代表する2人がユーモアたっぷりに撮影を振り返った。

続きを読む »

『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』踊れ!ジャパン・プレミア試写会

ザック&ヴァネッサもびっくり!? 観客全員でダンスのサプライズプレゼント!

日時:2009年1月28日(水)
会場:品川 ステラボール(東京・品川)
登壇者:ザック・エフロン、ヴァネッサ・ハジェンズ、宮川大輔、渡辺直美、安倍なつみ

『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』踊れ!ジャパン・プレミア試写会

「ディズニー・チャンネル」オリジナルムービーとして放送されて以来、全米ティーンの人気に火が付いた「ハイスクール・ミュージカル」シリーズの第3弾、『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』。全米公開時には『マンマ・ミーア!』の記録を抜き歴代ミュージカル映画オープンニング興収1位を記録したこの映画のジャパン・プレミアが、東京・品川のステラボールで開催された。

上映に先立ってステージに登場した『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』応援隊長の宮川大輔と渡辺直美は「海外に仕事に行くと、“ハイスクール・ミュージカル”のグッズをどこでも見る。どの飛行場にもグッズがある」(宮川)、「トロイがめっちゃカッコイイ!」(渡辺)と、作品への思い入れをコメント。またロサンゼルスのワールドプレミアにも出席した安倍なつみは「ロスは『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』一色だった。上映中は私も大興奮」と、その感想を興奮気味に語った。

そして映画の主人公であるザック・エフロンとヒロインのヴァネッサ・ハジェンズが登場すると、会場の盛り上がりは最高潮に! 25日に来日した2人は築地で寿司を食べたり、ラーメンを食べたり、蕎麦を食べたりと、日本食三昧だった話を披露。さらに観客全員がこの日のために練習してきたダンスを2人のために“サプライズプレゼント”すると、ザックは「サイコー!」と日本語で感謝。ヴァネッサは「私たちより上手だったわ!」と笑顔を浮かべていた。

続きを読む »

『さらば、わが愛 覇王別姫』特別上映決定!

Bekki

『花の生涯~梅蘭芳~』の3月7日公開を記念して、1993年第46回カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いたチェン・カイコー監督の名作『さらば、わが愛覇王別姫』が新宿ピカデリーにてニュープリント版で特別上映されることが決定した。

『さらば、わが愛 覇王別姫』特別上映
【期間】2月28日(土)~3月6日(金)
【場所】新宿ピカデリー
※上映スケジュール等の詳細は、2月24日(火)午前9時より、
新宿ピカデリーのウェブサイトおよび音声案内電話にてお知らせいたします。

【STORY】
北京。少年時代から京劇養成所で厳しい訓練を受けながらも、兄弟のようにかばいあい慕いあって成長した2人の役者、トァン・シャオロウとチョン・ティエイー。たくましい大男のトァンは立役者、華奢な美少年のチョンは女形として、京劇『覇王別姫』の名役者として人気を得る。

日本統治時代、第2次世界大戦、共産党政権樹立、文化大革命と動乱の時代の、時の権力に運命を左右される2人。トァンに恋心を抱きつづけるチョンであったが、トァンは高級娼婦のチュ-・シェンと結婚してしまう。

愛憎渦巻く三角関係。
愛に、舞台に、動乱の中国に生きる人々の悲恋を描く一大叙事詩。

監督・脚本:チェン・カイコー
出演:レスリー・チャン、コン・リー、チャン・フォンイー
上映時間:172分

2009年1月27日 (火)

USランキング 2009年1月23日~1月24日

RankPre.作品名
1 1 Paul Blart: Mall Cop
出演:ケヴィン・ジェームズ 監督:スティーヴ・カー
2 NEW 『アンダーワールド ビギンズ』(Underworld: Rise of the Lycans)
出演:マイケル・シーン、ビル・ナイ 監督:パトリック・タトポロス
3 2 『グラン・トリノ』(Gran Torino)
出演・監督:クリント・イーストウッド
4 5 Hotel for Dogs
出演:エマ・ロバーツ
5 10 『スラムドッグ$ミリオネア』Slumdog Millionaire
出演:デヴ・パテル、フレイダ・ピント 監督:ダニー・ボイル
6 3 『ブラッディ・バレンタイン 3D』(My Bloody Valentine 3D )
出演:ジェンセン・アクレス、ジェイミー・キング 監督:パトリック・ルシエ
7 NEW Inkheart
出演:ブレンダン・フレイザー、ポール・ベタニー 監督:イアン・ソフトリー
8 6 Bride Wars
出演:ケイト・ハドソン、アン・ハサウェイ 監督:ゲイリー・ウィニック
9 11 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(The Curious Case of Benjamin Button)

出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット 監督:デビッド・フィンチャー
10 4 Notorious
出演:ジャマル・ウーラード 監督:ジョージ・ティルマン・Jr.
“コメディ『Paul Blart: Mall Cop』が、2週連続首位!”

アカデミー賞のノミネートが発表された今週末は、予想通り関連作品の順位が大きく入れ替わった。
そんな中、ケビン・ジェームス主演のコメディ『Paul Blart: Mall Cop』が2,162万ドルを稼ぎ出し、2週連続で首位の座を死守。公開2週目で6,492万ドルは、スタジオの予想を大きく上回る大ヒットとなった。

惜しくも初登場2位に甘んじたのは、人気シリーズ第3弾『アンダーワールド ビギンズ』の2,983万ドル。レン・ワイズマン監督と妻のケイト・ベッキンセールが主役を演じたシリーズ第1、2弾『アンダーワールド』、『アンダーワールド:エボリューション』からキャストが総入れ替えしたせいか、今ひとつ勢いがないようだ。

そして3位は、先週2位からランクダウンした『グランド・トリノ』の1,624万ドル。クリント・イーストウッドにしては珍しくアカデミー賞から総スカンを食らったが、公開7週目で1億ドル目前と興行成績は抜群で、相変わらずの快進撃を続けている。

4位は、先週の5位からランクダウンしたファミリー・コメディ『Hotel forDogs』の1,286万ドル。

そして5位は、アカデミー賞の呼び声も高く1411館に拡大公開された『スラムドッグ$ミリオネア』が、公開11週目で5,607万ドルを稼ぎ出し、先週比80%アップで10位から大きく順位を上げた。

なお、アカデミー賞最多の12部門にノミネートされた『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』も11位から9位に再浮上したほか、ベスト10圏外でも、『フロスト×ニクソン』、『愛を読むひと』、『ミルク』、『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』、『ザ・レスラー』、『ダウト~あるカトリック学校で~』、『レイチェルの結婚』などのアカデミー賞関連作品が、軒並み先週と同じかランクを上げており、同賞の影響力をうかがわせている。

ちなみにIMAX版『The Dark Knight: The IMAX Experience』として350館で凱旋公開している『ダークナイト』は、60位から26位に浮上した。

<来週の見どころ>
レニー・ゼルウィガーの久々の主演のロマンティック・コメディ『New inTown』、リーアム・ニーソン主演のサスペンス・アクション
『Taken』、エリザベス・バンク主演のホラー『The Uninvited』など多ジャンルの作品が公開される。
また、昨年度カンヌ映画祭でグランプリを受賞し、アカデミー賞外国映画賞にノミネートされているローラン・カンテ監督のフランス映画『The Class』が限定公開される。


興行ランキング 2009年1月24日~25日

RankPre.作品名
1 NEW 007/慰めの報酬
2 1 感染列島
3 NEw 新春スーパー戦隊祭 炎神戦隊ゴーオンジャーvsゲキレンジャー
4 NEW 誰も守ってくれない
5 NEW レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
6 3 チェ 28歳の革命
7 2 ウォーリー
8 4 K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝
9 5 赤い糸
10 6 地球が静止する日
新作が多数公開され、初登場4作品が上位を占めた。首位を獲得したのは、007シリーズ22作目『007/慰めの報酬』(ソニー)。前作「カジノ・ロワイヤル」の続編にあたり、恋人を失ったジェームズ・ボンドが復讐と任務の間で苦悩する姿を描く。ボンド役はダニエル・クレイグが続投。監督は「チョコレート」のマーク・フォースター。初日2日間成績は3億1,393万6,700円、先行を含むオープニング成績は5億8,549万1,800円(内、先行2日間成績2億7,160万円)。「カジノ・ロワイヤル」(22.1億円)との初日2日間対比は116%となるヒットスタートをきった。

3位は『新春スーパー戦隊祭 炎神戦隊ゴーオンジャーvsゲキレンジャー』(東映)。新旧2シリーズのスーパー戦隊ヒーローが共に戦う「戦隊VSシリーズ」最新作。「ゲキレンジャー」と、関連グッズ売り上げ歴代2位という異例の人気を誇る「ゴーオンジャー」が夢の競演を果たす。

4位は『誰も守ってくれない』(東宝)。「踊る大捜査線」の製作チームが容疑者家族の保護に焦点をあてた社会派ドラマ。殺人事件を捜査する刑事と、社会的制裁を受ける被疑者の幼い妹の逃避行を描く。監督・脚本は「容疑者 室井慎次」の君塚良一。初日2日間成績は動員8万2,895人、興収1億994万8,200円。尚、興収順でみると3位となっている。

5位『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(パラマウント)。「タイタニック」以来11年ぶりにレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが再共演。1950年代のアメリカを舞台に、夢と希望にかけた若き夫婦の葛藤と運命の愛を描く。監督は「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデス。

先行作品は、2位『感染列島』(東宝)が先週の首位からのワンランクダウン。6位『チェ 28歳の革命』(GAGA/日活)、8位『K‐20 (TWENTY) 怪人二十面相・伝』(東宝)は前週比80%以上をキープし好調となっている。


2009年1月26日 (月)

『カフーを待ちわびて』カフーカフェオープン記念 moumoonライブ開催!

日時:1月24日(土)
開場:新宿バルト9
ゲスト:moumoon

『カフーを待ちわびて』カフーカフェオープン記念 moumoonライブ開催!

2/28より公開の映画『カフーを待ちわびて』の上映館でもある新宿バルト9に、「カフー・ハンモックカフェsupported by Hommock2000」がオープン!
オープン記念として、映画の主題歌「EVERGREEN」を歌うmoumoonがライブを行った。観客人数250名を集め、観客はmoumoonの美しい歌声に酔いしれた。

■YUKA:「この映画は美しい風景と、いいキャラクター、心にしみいるあたたかい物語で、一言で表せない映画です。
皆様が最後に流れる私達の曲を聞いて、映画のことをより好きになってもらいたいです。この曲(EVERGREEN)は『カフーを待ちえわびて』を見て、イメージして作った曲です。永遠の愛を信じる女の子の曲です」

moumoon プロフィール
お互いの音楽性に強く惹かれ合い2005年moumoonを結成。2006年7/26に限定シングル「Flowers/pride」でデビュー。翌年2007年8月22日Mini Album「love me?」でavex traxよりメジャーデビュー。フランス語の『mou(柔らかい)』と英語『moon(月)』をかけあわせて作った、‘やわらかい月’という意味の造語。作詞&ヴォーカル YUKA(23)と作曲&ギター柾昊佑(31)の2人組ユニット。

「EVERGREEN」 2月25日発売

______________________________________________________________________

『カフーを待ちわびて』
配給:エイベックス・エンタテインメント
公開:2009年2月28日
劇場:新宿バルト9ほか全国にて
公式HP:http://kafu-movie.jp/

©2009「カフーを待ちわびて」製作委員会




最新映画ナビ関連ブログ