« 『初恋の想い出』フォ・ジェンチィ監督 インタビュー | メイン | 『容疑者Xの献身』柴咲コウ インタビュー »

2008年10月 1日 (水)

『容疑者Xの献身』福山雅治 インタビュー

“人間ドラマであり、僕の中では純愛映画だと思う”

出席者:福山雅治

『容疑者Xの献身』福山雅治 インタビュー

福山雅治、柴咲コウ主演の人気テレビドラマ「ガリレオ」が、劇場版となってスクリーンに戻ってくる。原作は東野圭吾の100万部を越える大ヒット作「容疑者Xの献身」だ。ある殺人事件を追う女刑事薫と個人的に事件を追う准教授湯川。やがてこの殺人事件は2人に、今まで経験したことのない、とてつもない衝撃を与えることになる…。堤真一演じる教師石神と松雪泰子演じる靖子の2人が織り成すドラマが軸となる『容疑者Xの献身』。20年振りの映画出演にして、意外にも映画初主演という、湯川学役を演じた福山雅治さんにお話をお聞きしました。

______________________________________________________________________

20年振りの映画出演にして、意外にも映画初主演ということですが、ご感想は?

■福山雅治(以下、福山):「20年前のことはあまり覚えていないんです。しかも今回はドラマからの流れで入れたので、あまり気負い過ぎることなく撮影できました」


やはり映画はドラマとは別物ですか?

■福山:「ドラマだとスタジオでは同時に何台ものカメラで撮っていくので、1台のカメラでカット割りをして撮るという映画の撮り方は、1カット1カットに込める気持ちが濃密な感じでした」


東野圭吾さんの原作:『容疑者Xの献身』を読んでみてのご感想は?

■福山:「映画化をするということで読んだのですが、重たくて暗くて自分の好きな話だなと思いました。テレビ版の基となった原作『探偵ガリレオ』『予知夢』は、映像化したらおもしろいだろうなと思っていたのですが、今回の『容疑者Xの献身』は物理学とは何の関係もなかったりもしますし、個人的には好きな作品だけど、どうやって映像にしていくのだろうと、最初は戸惑いがありました」


では、実際に演じていく上で、それをどのようにして解消されたのでしょうか?

■福山:「どうやって演じていくかというより、いただいた台本を読んで“ああこうやってそぎ落として、こういう形にするんだ”と。これは映像云々というより、演じる人間とスタッフの気持ちが、どれだけこのストーリーに入っていけるかが重要なんだろうなと思いました。映画に入っていくにあたって、まずそこでシフトチェンジして、作品へ向かう姿勢を変えましたね」


ドラマ版と映画版では重みが違うのでしょうか?

■福山:「そうですね。それは原作が持つ世界感だと思います。作品に吸引力があって、そこに演者を含めみんなが導かれていったんだと思います」


テレビシリーズから引き続きの柴咲さんとのタッグですが、ドラマとの違いはありますか?

■福山:「柴咲さんが“薫は成長をしたのでドラマとは変えたい”とおっしゃっていたことは伝え聞いていたのですが、湯川というキャラクターは周りから影響を受けて変化するようなキャラクターではないと思うんです。唯一、堤真一さん演じる石神という自分のライバルというか、自分にとってとても大切な出会いをした人に対しては反応しています。普段の湯川のキャラクターを考えると、薫が成長しようがしまいが、湯川にはあまり関係のないことです。それに対して反応するのは湯川らしくないと思い、敢えて反応していなかったですね」


石神役の堤真一さんとの共演は?

■福山:「堤さん演じる石神は『容疑者Xの献身』のストーリー的には主役で、このお話をひっぱっていくキャラクターだと思います。でも、いくら映画版であってドラマとは違うとは言っても、もともと『ガリレオ』というテレビシリーズでできあがった現場に、ぱっと入ってきてお芝居をするのはしんどいのではないかと思いました。しかしながら、堤さんはさすがの芝居っぷり、演じっぷりでした。僕の中では堤さんとお芝居をしたというより、湯川と石神として時間を過ごしたというような感覚でいることが出来ました。現場にいるときはあまり意識しませんでしたが、現場を離れてみると改めてすごいお芝居をされていたんだなと思いますね」


柴咲さんは堤さんが現場のムードメーカー的存在だったとおっしゃっていましたが、福山さんからみていかがでしたか?

■福山:「(堤さんは)とにかくよく喋るんですよ。関西出身ですからね(笑)僕は長いセリフを覚えることだけでいっぱいいっぱいだったので、ちょっと離れて存在していましたけどね(笑)」


映画版ならではの魅力は?

■福山:「とても映画らしい映画だと思っています。それはどういうことかというと、お話の答えがちゃんと出ていないんです。湯川はこうでこうだった、薫もこうだからこう、とか、だからこのお話はすごく幸せなんですよ、とか、正しいとか、愛ってこうですよとかいう答えがない。すべて投げかけで終わっていて、そこにすごく意味があると思うんです。メッセージというような仰々しいものではなく、生きていく上で大切なことを投げかけている作品になっていると思います。是非見ていただいて、この映画を肴にして、愛や正しさ、幸せについて考えながら、友人と会話して頂ければ嬉しいですね」


究極の恋愛映画だと思うのですが。

■福山:「僕も恋愛映画だと捉えています」


テレビシリーズの「ガリレオ」を含め、チャレンジになったことはありますか?

■福山:「主演を演じるというのは大変だけどやりがいのあることだなと改めて感じました。以前もやったことはあるのですが、年齢ごとに受け止め方や自覚の仕方が違うので、この歳になって改めて主演をやらせていただいて、感じること考えることがたくさんありました。単純ですけど、主演をやらせていただいたこと自体が、自分にとっては挑戦だった気がします」


俳優業の魅力は?

■福山:「普段はソングライティングという仕事を自作自演でやっているんですが、それは自分から出たものを自分で見て、自分が今やろうとしていることに対してどれだけ正直なのかを見ていく作業だと思うんです。普段は人に対して言えないことや言わないことを外に出していく作業です。ということはそこに嘘があってはいけないわけで、どんどん自分の内面を掘り下げていくという作業になってくる。それがシンガーソングライターの正しいかたちだと思っているんですが、楽しい反面、嫌なことでもあるんです。やっぱり自分は嫌な奴だなとか、自分の感情が醜いなと思うこともある。だけど、シンガーソングライターが書いた歌で、どうしようもない醜さを書いた歌でもそれを聴いている人がすごく共感したりする。だから自作自演の場合は、そこまで自分のことを掘らないといけない。そう思ってその作業をやるんですが、それが時々しんどいわけですよ。ところが、俳優業となると感情が伴わないお芝居や、それが成立するキャラクターであれば非常に楽しんでできるんですよね。そこが音楽と俳優業を行ったり来たりする自分の楽しみ方なのかなと最近思っています」


テレビドラマに引き続き、福山さんとのユニットKOH+として、主題歌「最愛」がエンディング曲となっていますが、どんな思いを込めて作られたのでしょうか?

■福山:「テレビドラマのときはストーリーとはあまり関係のないテーマで、アップテンポな曲でした。プロデューサーから、毎回殺人事件が起こったりする作品ですし、月曜の9時に重たい曲で終わるより、明るい歌で終わりたいというリクエストがあり、それにお応えして作りました。今回の『容疑者Xの献身』のエンディング曲に関しては、ドラマから映画へと続くプロジェクトにどっぷり浸かっていたので、どう作ろうとか何を作ろうというよりは、自然とこうなったというのが正しい言い方かなと思います。バラード以外は考えられなかったし、最愛という言葉も自然と浮かんできたし、あまり考えたという感じではないですね」


これからご覧になるみなさんにメッセージをお願い致します

■福山:「今回の『容疑者Xの献身』という映画は、映画ならではの程よい重たさと暗さが描かれている人間ドラマであり、僕の中では恋愛・純愛映画だと思います。ラブストーリーとしても決して軽くない愛が描かれていると思いますので、それを感じていただければと思います。ぜひ劇場に足を運んでご覧になってください」

______________________________________________________________________

『容疑者Xの献身』
公開日:2008年10月4日
劇場情報:日劇PLEXほか全国東宝系にて
配給会社:東宝
公式HP:http:http://yougisha-x.com/

©2008 フジテレビジョン

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/16508556

『容疑者Xの献身』福山雅治 インタビューを参照しているブログ:

» 最新NEWSページ更新! 『容疑者Xの献身』主要キャストふたりにインタビュー!! (六本木で映画情報サイト運営中!)
本日は水曜日!GyaO最新映画ナビ 最新NEWSページの更新日です。 今週は、『 [続きを読む]

» 探偵ガリレオは、福山雅治じゃなかった!? ガリレオのモデルとは… (六本木で映画情報サイト運営中!)
an・anの「好きな男」ランキングで10年連続2位を記録した福山雅治さん。 男前 [続きを読む]

» 福山雅治がファンにもみくちゃに!! 『容疑者Xの献身』初日舞台挨拶 (映画最新ニュース)
熱烈ファンにガリレオもタジタジ!? ファン熱狂、大興奮の舞台挨拶 日時:2008 [続きを読む]

» 『容疑者Xの献身』舞台挨拶で目の保養 (六本木で映画情報サイト運営中!)
さて、今日は朝から、『容疑者Xの献身』の初日舞台挨拶に取材に行ってきました。 福 [続きを読む]

» 福山雅治がファンにもみくちゃに!! 『容疑者Xの献身』初日舞台挨拶 (映画最新ニュース)
熱烈ファンにガリレオもタジタジ!? ファン熱狂、大興奮の舞台挨拶 日時:2008 [続きを読む]

» 残響(福山☆冬の大感謝祭其の九ライブ3曲収録DVD付) ~ 福山雅治 (江真亜乃/音楽館)
残響(福山☆冬の大感謝祭其の九ライブ3曲収録DVD付)福山雅治価格:¥ 3,11... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事