« 第65回ヴェネチア国際映画祭 『バーン・アフター・リーディング(原題)』記者会見 | メイン | 北野武監督 思い出の地・ヴェネチア入り »

2008年8月29日 (金)

大盛況!『バーン・アフター・リーディング(原題)』ヴェネチア・レッドカーペット

“ブラピ、クルーニーらの登場に悲鳴が!?さらにブラピにサプライズ!”

日時:8月28日(イタリア時間)第65回ヴェネチア国際映画祭 レッドカーペット&公式上映
参加者:ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ティルダ・スウィントン、フランシス・マクドーマンド、イーサン・コーエン(監督)、ジョエル・コーエン(監督)クラウディア・シファー(スーパーモデル)、ヴィム・ヴェンダース(映画祭審査委員長)

大盛況!『バーン・アフター・リーディング(原題)』ヴェネチア・レッドカーペット

ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントンの超豪華キャスト共演、アカデミー賞作品賞受賞監督ジョエル&イーサン・コーエン待望の最新作、『バーン・アフター・リーディング』(原題)が、第65回ヴェネチア国際映画祭のオープニング作品として、イタリア時間8/27(水)夜、日本時間8/28(木)未明に公式上映とレッドカーペットセレモニーが行われた。

______________________________________________________________________

ヴェネチア国際映画祭初日にして、最大の目玉イベントとして、非常に注目度が高かった本作、豪華出演人による華やかなレッドカーペットになり、多くの日本人監督による出品の多い今年のヴェネチア国際映画祭の開幕として第一弾の打ち上げ花火となった。


大盛況!『バーン・アフター・リーディング(原題)』ヴェネチア・レッドカーペットレッドカーペットの沿道は約2000名以上のファンによって大いに熱気に包まれました。いよいよブラッド・ピット、ジョージ・クルーニーが到着すると、もはや悲鳴とも呼べる黄色い歓声が飛び交い、ハリウッド随一の色男2人の揃い踏みに会場のボルテージはクライマックスへ。ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニーもここぞとばかりにファンサービスをし、約20分もの間、ファンにサインをしたり手を振って歓声に応えた。


また、公式上映では会場Sala Grande(1017名のキャパ)が満席となった。そして、現地時間19:12過ぎからイベントが催され、急遽ブラッド・ピットが舞台上に呼ばれるといった演出があった。これは、去年のヴェネチア国際映画祭でブラッド・ピットが主演を務めた『ジェシー・ジェームズの暗殺』で主演男優賞を獲得したものの、上映日が開幕後すぐだったこともあり、授賞式に参加できなかったブラッド・ピットに一年越しにトロフィーを渡すといったもの。


熱気と期待が盛り上がる中、いよいよ本編の上映が始まるとクライムコメディ映画ということで、会場は時折爆笑に包まれ、特に後半のブラッド・ピットが悲劇に見舞われるシーンでは、大きな笑い声と悲鳴が入り混じり会場のテンションはピークを迎えた。


本編の上映が終了すると、スタンディングオベーションが起こり、溢れる才能をもった監督のコーエン兄弟、そして、出演者に賞賛の拍手と喝采が送られた。

______________________________________________________________________

『バーン・アフター・リーディング』
製作・監督・脚本:ジョエル&イーサン・コーエン
出演:ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン
全米公開:2008年9月12日

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/15777122

大盛況!『バーン・アフター・リーディング(原題)』ヴェネチア・レッドカーペットを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事