« アジアのスター、ジェイ・チョウ出現に、観客2000人が熱狂!! | メイン | 『東京マーブルチョコレート』凱旋上映 »

2008年7月31日 (木)

『インクレディブル・ハルク』エドワード・ノートン インタビュー

“全てが進化している”

出席者:エドワード・ノートン

『インクレディブル・ハルク』エドワード・ノートン インタビュー

この夏のアメコミ映画が熱い!日本でその先陣を切るのは『インクレディブル・ハルク』。ご存知、緑色の大男ハルクが、映像は勿論、全ての面で進化して再びスクリーンに戻ってきた!
ガンマ線を浴び、心拍数が200を越えるとハルクに変身してしまう科学者ブルース・バナーを演じたのは演技派エドワード・ノートン。
アメリカでは本作のキャンペーンに参加すら出来なったという超多忙のエドワード・ノートンに貴重なお時間を頂き、進化したハルクについてお聞きしました。

______________________________________________________________________

本作でハルクは進化したと言われていますが、どの辺が進化したと思いますか?

■エドワード・ノートン(以下、ノートン):「テクノロジーが進化しているので、今回のレベルの高さは今まで見たことがないと思います。ハルクはコミックでも、最初はただの緑色の塊でした。それが徐々に筋肉隆々の描き方に変わっていきました。本作でも新しいハルクを皆さんにお見せして、驚かそうと思いました。新世代のハルクです。初めてハルクのCGテスト映像を見せてもらった時は、ボディビルダーが演じているかと思いました」


脚本に深く関わっていると聞いたのですが?

■ノートン:「全部書き直しました。ルイ・レテリエ監督と一緒に物語と方向性を考えて、マーベルに提案しました。それは概要だったのですが、プレゼンしてマーベルの許可を得てから脚本を書き始めました。撮影中もずっと書き直していました」


出来上がった作品を見てのご感想は?

■ノートン:「それが……まだ完成品を見ていないんです。CG部分は全米公開直前まで作業が続けられていて、それが終わる前に仕事で国外に出てしまったんです。早く見たいのですが……」


めちゃくちゃ面白いですよ

■ノートン:「オーケー!ありがとう!」


日本ではアメリカほどアメコミは一般的に根付いていません。そんな日本の人たちへ本作のアピールをお願い致します

■ノートン:「世界中の人がストーリーやキャラクターを知っているので、1から作り上げていくことは出来ません。その分、多少のプレッシャーを感じていましたが、歴史を紐解きながら作り上げていく作業は面白かったです。引き出しがたくさんある作品ですので、是非、楽しんでください」


最後にメッセージをお願い致します

■ノートン:「エドワード・ノートンです。この夏、『インクレディブル・ハルク』を是非見て下さい!」


______________________________________________________________________


『インクレディブル・ハルク』
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開:2008年8月1日(金)
劇場:有楽町スバル座ほか全国にて
公式HP:http://www.sonypictures.jp/movies/theincrediblehulk/

取材・文:伊藤P

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/14989687

『インクレディブル・ハルク』エドワード・ノートン インタビューを参照しているブログ:

» 水嶋ヒロ、映画『インクレディブル・ハルク』の声優に挑戦! (映画最新ニュース)
“主演エドワード・ノートンの声優に緊急抜擢!” 今や押しも押されぬ人気俳優・水嶋 [続きを読む]

» 『インクレディブル・ハルク』 吹替え版主演 水嶋ヒロ登壇! (映画最新ニュース)
“チケット即完売!満員御礼!!水嶋ヒロ舞台挨拶” 日時:8月2日(土) 会場:ユ [続きを読む]

» 全世界初登場1位!『インクレディブル・ハルク』大ヒットスタート! (映画最新ニュース)
“全米初登場1位&全世界初登場1位!まさにインクレディブル(驚異的)なスタート! [続きを読む]

» 『インクレディブル・ハルク』スペシャルジャパンプレミア (映画最新ニュース)
“エドワード・ノートン&リヴ・タイラー来日!グリーンカーペット&舞台挨拶” 日時 [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事