« 『コレラの時代の愛』ハビエル・バルデム インタビュー | メイン | 『<a>symmetry アシンメトリー』和田正人、荒木宏文 インタビュー »

2008年7月28日 (月)

興行ランキング 2008年7月26日~7月27日

RankPre.作品名
1 1 崖の上のポニョ
2 2 劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束シェイミ
3 NEW ハプニング
4 3 花より男子ファイナル
5 NEW カンフー・パンダ
6 NEW ドラゴン・キングダム
7 4 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
8 5 ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌
9 6 クライマーズ・ハイ
10 7 ザ・マジックアワー
宮崎駿監督最新作『崖の上のポニョ』(東宝)が2位と圧倒差をつけてのV2達成。公開9日間の累計成績は動員2,606,358人、興収3,228,151,175円。「千と千尋の神隠し」(2001/7/20公開、興収304億円)との興収比較では、87.2%となっている。

2位も先週と変わらず『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束シェイミ』(東宝)。

初登場作品は、3位が「シックス・センス」「サイン」のM・ナイト・シャマラン監督最新作『ハプニング』(FOX)。日常世界にそっと忍び寄り、ごく普通の人々を死に誘う〈見えない脅威〉が、爆発的な勢いでアメリカ各地に広まり、ついには人類の破滅すら予感させる大惨事へと発展していくディザスター・サスペンス。主演は「ディパーテッド」のマーク・ウォルバーグ。

5位が「シュレック」のドリームワークスが贈る最新CGアニメ『カンフー・パンダ』(アスミック・エース/角川エンタテインメント)。身体が大きいだけが取柄のぐうたらパンダ・ポーが“平和の谷”を救うために最強のカンフー・マスターになるべく過酷な訓練に立ち向かう姿を描く。初日2日間成績は動員181,817人、興収223,888,250円。

6位がジャッキー・チェンとジェット・リー初競演のアクション・アドベンチャー『ドラゴン・キングダム』(松竹)。二人が演じる伝説の師匠が、タイムスリップしてきたカンフーおたくの青年と共に巨大な悪に挑む。初日2日間で動員110,977人、興収147,510,100円をあげる好スタートをきった。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/14166691

興行ランキング 2008年7月26日~7月27日を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事