« 2008年5月 | メイン | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

興行ランキング 2008年6月28日~6月29日

RankPre.作品名
1 NEW 花より男子ファイナル
2 1 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
3 2 ザ・マジックアワー
4 3 奇跡のシンフォニー
5 4 ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛
6 6 西の魔女が死んだ
7 5 相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン
8 NEW ミラクル7号
9 NEW 告発のとき
10 7 僕の彼女はサイボーグ
「花より男子ファイナル」(東宝)が初登場1位を獲得。全国400スクリーンで公開され、初日2日間で動員805,350人、興収1,005,798,910円をあげた。
日本一の売上を誇る神尾葉子の伝説的少女コミックを原作に、イケメン御曹司4人組と貧乏なヒロインの恋模様を描いた大ヒットテレビドラマの映画化。主演の井上真央、松本潤、小栗旬ほか、各キャストが続投し、原作にはないオリジナルの展開で最終章を迎える。
客層は男女比9対91とほぼ女性が占め、年齢別では、16歳~19歳の25.6%を筆頭に、10代から40代まで万遍なく集客。TVシリーズファンの多さは圧倒的で、実に9割以上がパート1、或いはパート2を全部見たと答えた。作品評価も高く今後の口コミ効果も期待でき、興収100億円を狙えるヒットスタートとなった。

2位は「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(パラマウント)。先週の首位スタートからワンランクダウンではあるが、全世界では7億ドル(約750億円)をあげ、日本でも公開1週間で20億円を記録。11日間で動員200万人、興収26億円の本年度最速突破となった。

3位「ザ・マジックアワー」(東宝)も動員200万人を突破し、依然好調。

初登場「ミラクル7号」(ソニー)は8位スタート。「少林サッカー」のチャウ・シンチー3年ぶりの新作は、超ビンボー親子と謎の地球外生命体の物語。シンチー自身も清く正しく生きる父子の深い愛情を体当たりで熱演。主人公のディッキー少年は、中国全土1万人のオーディションから選ばれた天才少女シュー・チャオが演じる。

同じく初登場の「告発のとき」(ムービーアイ)は9位。「クラッシュ」のポール・ハギス監督が脚本、製作も手がける本作は、イラクからの帰還兵が失踪直後に焼死体で発見された実話をもとにした人間ドラマ。出演にはトミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロンなど、オスカー俳優陣が集結する。


EXILE MAKIDAI ハリウッド映画声優デビュー!

EXILE MAKIDAIがスクリーンでウィル・スミスと共演!!

EXILE MAKIDAI ハリウッド映画声優デビュー!

この夏、ウィル・スミスが史上初!の、“やりすぎパワー”ゆえに嫌われ者の不死身のスーパーヒーロー となる映画『ハンコック』(8月30日全国公開)で、眞木大輔(EXILEのMAKIDAI)が、ハリウッド映画声優デビュー。以前からウィル・スミスのファンでありリスペクトする眞木大輔に配給元が声優をオファー。眞木大輔は映画を観て絶賛、快諾し今回の『ハンコック』日本語吹替え版への出演が実現した。役所は、嫌われ者のヒーローハンコックが皆に愛されるヒーローへ変わるきっかけを作り、ずっとサポートし続けるPRマンのレイ。『幸せのちから』『アイ・アム・レジェンド』のシリアスな演技で大ヒットを飛ばしたウィル・スミスが、今回は持ち前の濃いキャラクターを余すことなく発揮したハンコック。そして、そのハンコックをサポートする眞木大輔演じるレイに、期待が高まる。

↓EXILE MAKIDAI(眞木大輔)コメントはこちら

続きを読む »

『スピード・レーサー』スーパープレミア GO! TOKYO DOME

“エミール・ハーシュ、真田広之 来場!東京ドームで世界最大級のスクリーン上映!!”

日時:6月29日
場所:東京ドーム

『スピード・レーサー』スーパープレミア GO! TOKYO DOME

『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー兄弟が、あの吉田竜夫原作の往年の人気シリーズ、「マッハGoGoGo」を斬新な映像で実写化。『マトリックス』シリーズ以来初の監督作品として手がけた『スピード・レーサー』は、5月9日に全米公開し、7月5日に日本公開に先駆け、本作主演エミール・ハーシュ、が映画PRのため6月29日(日)東京ドームにて開催された、「スピード・レーサー スーパープレミア GO! TOKYO DOME」に来場した。本作品に出演する真田広之も出席し、2万人以上の観客で埋まった場内は大いに盛り上がった。

続きを読む »

2008年6月27日 (金)

『P.S.アイラヴユー』原作者セシリア・アハーン 来日舞台挨拶

“ヒラリー・スワンク×ジェラルド・バトラーで贈る珠玉のラブストーリー『P.S.アイラヴユー』。原作者のセシリア・アハーンが来日”

日時:2008年6月26日(木)
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン2
登壇者:セシリア・アハーン(原作者)
通訳:鈴木小百合/MC:伊藤さとり

『P.S.アイラヴユー』原作者セシリア・アハーン 来日舞台挨拶

全世界で500万部を超えるベストセラーとなった純愛小説の完全映画化『P.S.アイラヴユー』(監督:リチャード・ラグラヴェネーズ 『マディソン郡の橋』脚本家)が、10月18日(土)より有楽座ほかで全国拡大ロードショーと決定し、公開にさきがけ、8月6日に小学館文庫より発行される原作の著者セシリア・アハーンが来日した。

続きを読む »

『ホット・ファズ-俺たちスーパーポリスメン!-』エドガー・ライト監督&サイモン・ペッグ インタビュー

“署名運動から日本公開へ!究極のポリス・アクション・ムービーが遂に日本上陸!”

出席者:エドガー・ライト監督&サイモン・ペッグ

『ホット・ファズ-俺たちスーパーポリスメン!-』エドガー・ライト監督&サイモン・ペッグ インタビュー

熱血エリート警官ニコラス・エンジェル。田舎に左遷されたエンジェルは、地元のダニー巡査と相棒を組まされる。慣れない田舎の村で戸惑うエンジェルだったが、一見、穏やかで平和に見える村に不審を抱き始め…。
カルト的な人気を誇る『ショーン・オブ・ザ・デッド』のエドガー・ライト監督&サイモン・ペッグの2人が、今度はミステリーとアクションを見事に料理した『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』

イギリスでは3週連続№1を記録したにも関わらず、ここ日本では公開が決まらず、ネット上で上映を懇願する署名運動が起きた本作。ファンが熱望した日本での公開が遂に決定!公開を記念して、監督・脚本を手掛けたエドガー・ライトと、主演・脚本をこなしたサイモン・ペッグが来日しました!

続きを読む »

『純喫茶磯辺』仲里依沙&吉田恵輔監督 インタビュー

“おじさんと女子高生の並びは基本です”

出席者:仲里依沙&吉田恵輔監督

『純喫茶磯辺』仲里依沙&吉田恵輔監督 インタビュー

8年前に妻が出て行って以来、高校生の一人娘・咲子(仲里依沙)と二人暮らしをしているメタボ親父・裕次郎(宮迫博之)。突然死んだ父の遺産を手にした裕次郎は、なんの計画性もなく純喫茶を始める。コンセプトなどまるでない純喫茶は閑古鳥。しかし、美女・素子(麻生久美子)をアルバイトに雇ってから、店にはクセのある常連客がたむろするようになる。そして、素子の存在は、裕次郎と咲子の関係にも様々な影響を与え始める。
不器用な父と多感な娘が繰り広げるハートフルな人情コメディ『純喫茶磯辺』。すっとぼけた表現の中にも、リアルな人間の喜怒哀楽が鋭く映し出される。
超テキトーな父親を疎ましく思いながらも、放っておけない咲子を演じた仲里依沙さんと、日常の中に潜むシビアとユーモアを、独特な世界観で表現した吉田恵輔監督にお話をお聞きしました。

続きを読む »

2008年6月25日 (水)

イメージリングス第3回ガンダーラ映画祭「ノーインテリジェンス~映画界のラスプーチンと呼ばれて」

イメージリングス第3回ガンダーラ映画祭「ノーインテリジェンス~映画界のラスプーチンと呼ばれて」既成の日本映画の常識&イメージをぶち壊すべく、プロフェッショナルで活躍する若手監督らが、まったくのノー予算、ノーギャラ、ノー芸能人で挑む、映画界の「探偵!ナイトスクープ」、それがガンダーラ映画祭である。各方面に話題や衝撃を振りまきながら、今年も東京、大阪、名古屋の各都市で、第3回目となる「ノーインテリジェンス~映画界のラスプーチンと呼ばれて」が開催される!

【会場/開催日程】
大阪◎PLANET Studyo+1/2008年7月19日(土)~8月1日(金)
名古屋◎名古屋シネマテーク/2008年7月19日(土)~7月25日(金)
東京◎UPLINK FACTORY/2008年8月11日(月)~8月24日(日)

↓上映作品、作家紹介はこちら

続きを読む »

『庭から昇ったロケット雲』金子貴俊トークイベント

“金子貴俊の夢は宇宙で新婚旅行!”

日時:6月24日(火)
場所:よみうりホール

『庭から昇ったロケット雲』金子貴俊トークイベント

途方もなく大きな夢を見た男と、その夢を支える家族の感動の愛を描いた、ビリー・ボブ・ソーントン主演映画『庭から昇ったロケット雲』のトークイベントがよみうりホールにて開催された。夢は「一度は宇宙旅行に行きたい!」という金子貴俊が宇宙服を着て登場。宇宙でしてみたい夢を語った。

続きを読む »

2008年6月24日 (火)

『赤い糸』キャスト発表!

“この冬、あの伝説のケータイ小説が、連続ドラマ放送&映画化”

『赤い糸』キャスト発表!

芽衣とアツシの切ないラブストーリーに感銘、号泣…そんな、中高生から圧倒的支持を受けているケータイ小説『赤い糸』。2006年7月下旬に「魔法の図書館」ランキングに初登場して8月1日にはランキング1位に躍り出た後、18日間連続ナンバーワンを記録。延べアクセス者は1600万人を突破し、「魔法のiらんど」では、昨年映画化され大ヒットした『恋空』と並ぶ伝説のケータイ小説と言われている。この「伝説のケータイ小説」が、同じキャスト・スタッフにより連続ドラマと映画化。連続ドラマはフジテレビ系で12月に放送スタート、映画は12月20日より松竹配給で公開される。

続きを読む »

水嶋ヒロ、映画『インクレディブル・ハルク』の声優に挑戦!

“主演エドワード・ノートンの声優に緊急抜擢!”

水嶋ヒロ、映画『インクレディブル・ハルク』の声優に挑戦!

今や押しも押されぬ人気俳優・水嶋ヒロが、この夏のアクション大作映画『インクレディブル・ハルク』の主演で、アカデミー賞に2度ノミネートの名優エドワード・ノートンが演じるブルース・バナー役で、ハリウッド映画での初の声優に挑戦することが分かった。

続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ