« 『銀色のシーズン』 瑛太インタビュー | メイン | 元自衛官 福島和可奈『勇者たちの戦場』を語る »

2007年12月25日 (火)

興行ランキング 2007年12月22日~12月23日

RankPre.作品名
1 1 アイ・アム・レジェンド
2 NEW ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記
3 2 マリと子犬の物語
4 NEW 劇場版BLEACH -ブリーチ-The Diamond Dust Rebellion
もう一つの氷輪丸
5 NEW ルイスと未来泥棒
6 3 えいがでとーじょー!たまごっちドキドキ!うちゅーのまいごっち!? 
7 5 ALWAYS 続・三丁目の夕日
8 NEW 魍魎の匣
9 4 恋空
10 7 椿三十郎

「アイ・アム・レジェンド」(ワーナー)が2週連続で首位を獲得。初登場2位は21日(金)から全世界同時公開された「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」(ディズニー)。世界32カ国で第1位となったヒット作「ナショナル・トレジャー」の続編。
リンカーン暗殺に隠された恐るべき真相と、アメリカ合衆国を揺るがす「禁断の暗号」の謎に、冒険家であり天才歴史学者のベン・ゲイツが挑む。
3位は「マリと子犬の物語」(東宝)で動員100万人、興収10億円を突破。
初登場4位は「劇場版BLEACH ブリーチ The Diamond Dust Rebellion もうひとつの氷輪丸」(東宝)。コミックの累計発行部数が4,600万部を越える大人気バトルアクションコミックの劇場版第2作目。全国224スクリーンで公開され、中高生を中心に集客し、初日3日間成績は動員197,558人、興収218,568,200円をあげた。
初登場5位は「ルイスと未来泥棒」(ディズニー)。ディズニーアニメ初となる〈未来の世界〉を舞台に、発明好きの孤独な少年
が本当の家族を探す冒険を描いた感動ファンタジー。
初登場8位は京極夏彦のベストセラー小説を豪華キャストで映画化した「魍魎の匣」(ショウゲート)。

惜しくも圏外だが、元宝塚男役トップ・和央ようか主演「茶々-天涯の貴妃(おんな)-」(東映)は11位。織田信長の血を受け継ぐ姪にして、豊臣秀吉を愛し、徳川家康最大の敵となった茶々の波乱の生涯を描く。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/12960082

興行ランキング 2007年12月22日~12月23日を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事