« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

『オー!マイキー フィーバー』石橋義正監督インタビュー

マイキーは、僕にとってスペシャルな作品

出席者:石橋義正(監督)


『オー!マイキー フィーバー』石橋義正監督インタビュー


2002年1月からテレビ東京系列で放送され、瞬く間にファンを増やしたドラマ「オー!マイキー」。
出演者が全てマネキン人形という異色の配役に、軽妙な台詞回しのシュールなストーリーが画面で繰り広げられる。
この人気作品がTVを飛び出し、『オー!マイキー フィーバー』で劇場のスクリーンにカムバック。新たな試みも加えた本作について、石橋義正監督にお話を聞いた。

続きを読む »

『エクスクロス 魔境伝説』池内博之インタビュー

“突っ込みながら見る!観客参加型ジェットコースタースリラー” 池内博之 インタビュー

出席者:池内博之

『エクスクロス 魔境伝説』池内博之インタビュー

人里離れた温泉地「阿鹿里村」に傷心旅行として訪れた大学生しより(松下奈緒)と親友の愛子(鈴木亜美)。しかし「阿鹿里村」には若い女性の足を切り落とすというとんでもない風習が残っていた・・・。
2004年第1回「このミステリーがすごい!」大賞で話題をさらった上甲宣之原作の「そのケータイはXX(エクスクロス)で」を映画化。序盤のホラーテイストから一転、中盤からとんでもない展開を見せる観客参加型のジェットコースタームービーだ。
今回は出来心で浮気をしてしまったがために、しよりと別れてしまった元カレ、朝宮圭一を演じた池内博之さんにお話をお聞きしました。

続きを読む »

2007年11月29日 (木)

『雪の女王』公開記念トーク&ライブイベント

壇上者:谷山浩子、手嶌葵

Yuki1

11月28日シネマ・アンジェリカ(渋谷)にて、12月15日(土)よりシネマ・アンジェリカほかにて全国順次ロードショー『雪の女王<新訳版>/同時上映:鉛の兵隊』の公開に先駆け、谷山浩子さんと手嶌葵さん(20)によるトーク&ライブイベントが開催された。
 

続きを読む »

2007年11月28日 (水)

『ダーウィン・アワード』公開記念「日本版ダーウィン賞」授賞式

アッキーナがサンタ姿で登壇! 『ダーウィン・アワード』公開記念「日本版ダーウィン賞」授賞式

日時:11月28日(水)
場所:渋谷109前イベントスペース
登壇者:南明奈(アッキーナ)


『ダーウィン・アワード』公開記念「日本版ダーウィン賞」授賞式


12月1日に公開される映画『ダーウィン・アワード』の公開記念イベントがSHIBUYA109イベントスペースにて開催され、イベントのプレゼンターとして現役女子高生アイドルの南明奈が一足早いサンタクロースの衣装で登壇した。

■南明奈:「最初この映画のストーリを聞いたときは不思議な話と思いましたが、観てビックリ!
凄い優しい気持ちになりました。恋人に見直してもらいたくて自分の車にロケットを積んじゃう人とか。
男の人って純粋でかわいいですね。とってもいとおしくなっちゃた。恋人同士で観て欲しいな。でも、アキナの好きな人には、こんな危険な事してほしくないなぁ。
今日「日本版ダーウィン賞」を受賞した一般の人たちも、たくさんがんばりましてね。おめでとうございます。
アキナの今年のクリスマスはやっぱり仕事です。ちょっとさびしいな。
でもこんな仕事をしてなかったら、今日みたいにサンタさんのコスプレもできなかったし。来年は素敵な人のサンタさんになりたい。今日のファッションのポイントは、すてきなチェックのタイツです。クリスマスプレゼントは、ペットのわんちゃんの服がほしいな」

_____________________________________

『ダーウィン・アワード』
配給:プレシディオ
公開:2007年12月1日
劇場情報:シネセゾン渋谷ほか全国にて
公式HP:http://darwin-award.jp/

2007年11月27日 (火)

『サーフズ・アップ』 ジャパンプレミア試写会

小栗旬&山田優 &マイク眞木&清水ミチコら豪華声優スタッフが"本物のペンギン"に迎えられ、"ブルー・カーペット"にお目見え!

日時:2007年11月26日
場所:池袋サンシャイン劇場
登壇者:小栗旬、山田優、マイク眞木、清水ミチコ


『サーフズ・アップ』 ジャパンプレミア試写会


12月15日に日本公開されるアニメーションムービー『サーフズ・アップ』のジャパンプレミア試写会が池袋サンシャイン劇場にて開催された。
会場では本物のペンギンも参加してのレッドカーペットならぬ、"ブルーカーペット"上で声優陣を迎えるという驚きの趣向で記念撮影。
また、作品に監修で参加した"パックン"が司会を務め、参加声優である、主人公のイワトビペンギン・コディ役の声優を務めた小栗旬、ヒロイン・ラニ役を務めた山田優、そしてギーク役のマイク眞木、コディの母親エドナを演じた清水ミチコによる舞台挨拶も行われた。

続きを読む »

2007年11月26日 (月)

『ジブリ美術館ニュース』スタート!!

Yukino

今日からスタートする『ジブリ美術館ニュース』!
こちらのコーナーでは“三鷹の森ジブリ美術館”配給作品『雪の女王』の紹介をメインに
過去配給作品の紹介、美術館クリスマスイベント、ジブリ美術館 館長のインタビュー、
美術館のトリビア、などなど盛りだくさんで掲載していきます!

プレゼントもあるのでお見逃し無く!

続きを読む »

『ミッドナイト イーグル』 初日舞台挨拶

玉木宏は日々ふっくら? 大沢たかおが撮影秘話を語る!

日時:2007年11月23日(金)
場所:丸の内ピカデリー1
登壇者:大沢たかお、竹内結子、玉木宏、吉田栄作、石黒賢、藤竜也、佐原弘起(子役)、成島出(監督)


『ミッドナイト イーグル』 初日舞台挨拶


邦画史上最大スケールの山岳サスペンス・アクション映画、『ミッドナイト イーグル』
日本公開同日、邦画では過去にみない規模で、アメリカでも同時公開された。ワールドプレミアがアメリカ・ハリウッドのエジプシアンシアターで行われたほか、第20回東京国際映画祭のオープニング作品としても上映され、これまでに多くの話題を集めていた本作。その豪華キャストらと監督による初日舞台挨拶には、大勢のファンがつめかけた。
満員の客席を前に大沢は「この日のためにみんなで一丸となって撮影をしました。本当に嬉しいです」と感激の様子だった。

続きを読む »

『椿三十郎』 完成披露記者会見

椿三十郎は1番バッター!! 甦ったヒーローは一味違う!

日時:11月22日(木)
場所:グランドハイアット東京
出席者:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、中村玉緒、森田芳光(監督)、角川春樹(製作総指揮)


『椿三十郎』 完成披露記者会見


黒澤明監督のオリジナル版を知っている人も知らない人も充分に楽しめる、傑作時代劇をリメイクした『椿三十郎』は、大いに笑ってハラハラしてスカッとできる、まさに娯楽大作。そんな注目作が完成しお披露目の日を迎え、主演の織田裕二をはじめとするメインキャストと森田芳光監督らが顔を揃え記者会見を開いた。「自信をもって世に出せる作品になった」と挨拶した森田監督は、有名な二十一人斬りのシーンについて「人間的なプロセスを見せたかった」と、演出面での新味について強調し、その森田監督から「今の椿を演じほしい」と要請を受けて挑んだ織田も、自分なりのヒーロー像や、ただかっこいいだけではない殺陣の意味合いなどについて語った。

続きを読む »

2007年11月22日 (木)

『ミスター・ロンリー』ハーモニー・コリン監督 インタビュー

“ハーモニー・コリン監督が贈る、不器用な二人の切ないラブストーリー”

出席者:ハーモニー・コリン

『ミスター・ロンリー』ハーモニー・コリン監督 インタビュー

パリに住むアメリカ人青年マイケルは、不器用な性格から自己を社会へ適応させるためにマイケル・ジャクソンとして生きていた。そうすることにより、人とのコミュニケーションをかろうじて行うことができていたのだ。そんなある日、マリリン・モンローとして生きる女性との奇跡的な出会いによって、人生の転機が訪れる。
『ガンモ』で映画界に衝撃を与えたハーモニー・コリン。『ジュリアン』から8年を経て新作『ミスター・ロンリー』を撮った彼にお話を伺った。

続きを読む »

『グミ・チョコレート・パイン』 森岡龍インタビュー

「僕自身は"グミ"の速度。芯のある面白い人間になりたい」

出席者:森岡龍


『グミ・チョコレート・パイン』 森岡龍インタビュー


93年に発売された大槻ケンヂの小説「グミ・チョコレート・パイン」。誰もが一度は体験したことのあるじゃんけん遊びをタイトルに、自分のやりたい何かに向かって"チョコレート"の速度で進みたいと思いながらも、何も出来ずに焦る少年たちの姿を描いたこの人気作が、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)監督の手で遂に映画化された。
劇中で主人公・賢三の親友・カワボンを演じた森岡龍も、原作のファンだったのだそうだ。そんな彼に、自分の演じたカワボンのことや、現場での出来事などについて聞いてみた。

続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事