« 2011年9月 | メイン | 2012年3月 »

2011年10月

2011年10月21日 (金)

絢香「早く歌いたい

Photo

2009年12月31日から活動を休止していた歌手の絢香の自主レーベルがたちあがることが決定した。

絢香は2006年シングル「I believe」でデビュー。確かな歌唱力と表現力で多くのファンを獲得。しかし人気絶頂の中、病気の治療に専念するため、2009年12月31日のNHK紅白歌合戦出演をもって活動を休止していた。現在2012年上旬のリリースに向けて準備を進めている。

絢香は今回の活動再開について「とにかく早く歌いたいです!!」とコメントを寄せた。

2011年10月13日 (木)

aiko新曲今夜初オンエア

Aiko_koino_home_art_small

aikoの新曲「ずっと」が、本日10月13日(木)夜10時よりスタートするフジテレビ系ドラマ「蜜の味~A Taste Of Honey~」の主題歌として、今夜初オンエア。

ドラマ主題歌を担当するのは約1年9ヶ月ぶりというaikoの新曲「ずっと」は、まっすぐに好きな人を強く想う気持ちを描いた究極のラブソング。“恋という魔物”がテーマのドラマ「蜜の味~A Taste Of Honey~」を、恋愛ソングの女王aikoによる力強いバラードが一層盛り上げる。

タイトルのみが明らかになっていた新曲「ずっと」は、aiko曰く 「頭を真っ白にして概念を捨てて創った楽曲」だそう。曲中の『あなたに逢えた事があたしの終わり』という歌詞には「大切な人の事を想ってひたすら想ってそれでもまだ想い続ける」気持ちが込められているそう。

なお、aikoの2年ぶりとなるライブハウスツアーaiko Live Tour「Love Like Rock vol.5」が10月22日よりスタート。 7都市計18公演を予定している同ツアーは、既に全公演ソールドアウトしている。

AI、MJトリビュート・ライブ記者会見で熱く語る

Tpa_0195_2

EMIミュージック・ジャパンにレコード会社を移籍したAIが、10月9日ロンドン時間正午、CLARIDGE Hotelにて行われたマイケル・ジャクソン トリビュート・ライヴ(12/13,14に代々木第一体育館にて開催)の記者会見に参加した。

AIの新曲「Letter In The Sky feat.The Jacksons」は、12月13日、14日に国立代々木競技場第一体育館で行われる「MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE」のテーマソングとなっており、そのマイケルの実兄であるThe Jacksonsとの夢の共演が実現。AIからの、そして兄弟からの天国にいるマイケルへの想いが込められている。

会見当日、マイケルの母であるキャサリンをはじめとした、ジャクソンファミリーとともに登壇したAIは、緊張しながらも、時には笑い、時には感極まった涙を交え、マイケルへの熱い想いと、日本でのイベントに対する意気込みを彼女らしく語った。

AI
「ジャクソン・ファミリーは、本当にみんな温かい人たちです。マイケルの周りには本当に素晴らしい人が大勢いるな、と感じています。。今回誘っていただけてすごく光栄で、すべて奇跡のようです。」

Tito
「震災直後に私は日本を訪問し暖かく歓迎して頂きました。また、日本を訪れたことに大変感謝をして頂けました。今回、私の兄弟や母と共に再び日本を訪れること
が出来、日本の方々と手を繋ぐことが出来ることを大変嬉しく思っております。そして、私たちの愛を日本の方々に示したいと思っております。日本は大変な震災に見舞われました。しかし、それによって一つになるということが大切な事だと思います。そして、イギリス人、アメリカ人ということに関わらず、人間は一つなのだということを、一つの人種であるということ、そのことを示したいと思います。今回のイベントをとても誇りに思っております。日本の方々招待していただきたいへんありがとうございます。」

Marlon
「再び日本に戻ることが出来て大変嬉しく思っております。前回、私が日本を訪れたのは1985年、テレビの番組でのことでした。その時のことをよく覚えております。日本のファンはいつも私たちファミリーを暖かく歓迎してくれサポートしてくれました。大変感謝しております。みなさまのサポートがなければ今の私たちは存在しなかったでしょう。現在の日本は一つにまとまっていると思います。大変な災害を越えて、みなさんお互いに助け合い一つにまとまっていると思います。ここで大切な事は子供たちは私たちの未来であるということです。その子供たちの未来を、私たちが正しい方向に導いてあげなければいけない、というのが大切な事だと思います。そのために地球の人々が素晴らしい地球を残し、環境を守り、平和を守るということだと思います。そして今回のコンサートを通じて音楽で、音楽は世界に共通のものなので、ひとつになれることをとても嬉しく思います。そして、音楽は心を豊かにします。私たちにも何かが出来るということをとても嬉しく思っていますし、人間の価値というものは何を持っているかではなく、他人に何を与えられたかによって決まる、と私は信じています。どうもありがとうございます。」

Jackie
「日本に行くことをとても喜んでいます。今回、震災で苦しんでいる人が大勢いらっしゃると思います。子供たち、両親や親を亡くした人たち、家を亡くした人たち、多くの人達が苦しみを抱えています。そういった人たちをコンサートに招待し、笑顔にしてあげられたなら大変素晴らしいことはありません。」

Katherine
「日本に行くことが出来て大変嬉しく思っております。ファミリーと共に日本の方々と会うことが出来るのを嬉しく思っております。私はマイケルの死の2年前にマイケルと共に日本に行きました。その時にとても良く歓迎していただきました。
今は私にとって、とても感傷的な時です。日本の震災の話を聞いたとき、多くの被害者が出たと聞いたとき、私はとても感傷的になりました。そして、もしマイケルが生きていたら必ず何かをしたに違いないと確信していました。マイケルは子供たちを本当に愛していました。ですから、多くの子どもが孤児になったと聞いて本当に気の毒に思わずにはいられませんでした。この席ではすでに息子たちが私の言いたいことを語ってくれたと思います。しかし、日本のファンはマイケルにとってとても忠実なファンであったということにとても感謝したいと思います。マイケルはいつもファンのことを話していました。ファンがいなければ今のマイケルは存在しなかったと自分でも言っていました。ですから、そのことにとても感謝したいと思いますし、今回このトリビュート・コンサートを設けていただいたことにとても感謝しています。本当にありがとうございました。」

虎舞竜10年ぶりの「ロード」

The_trabryutears2011

THE虎舞竜が再始動し、グループ名をTHE TRA-BRYUに改名、11月2日にニューアルバム「Tears☆2011」が発売される。

同アルバムには13章以来10年ぶりに新曲の「ロード~君のぶんまで生きよう」も収録。同曲は現在先行配信中。

東日本大震災、また、阪神淡路大震災の発生後、「ロード」の歌詞に共感する被災者が多かったことをうけ、新曲として新たな「ロード」を発表することを決意。一過性の歌ではなく普遍性を綴った歌が復興には必要だと思い、「ロード~第二章」から始まり「ロード~第三章」「ロード」の3曲をコンパクトにまとめ、1曲に構成、新録音された。

なお、同曲の印税は義援金として支援される。

2011年10月 5日 (水)

黒夢、13年半ぶりのTVCM公開

Al_main_photo_kuroyume

黒夢のオリジナルアルバム「Headache and Dub Reel Inch」が11月2日に発売される。黒夢がオリジナルアルバムを発売するのは「CORKSCREW」以来、約13年半ぶり。また、同アルバム発売に向け、アルバムのTVCMが公開され、動画サイトでも公開中。
http://www.youtube.com/watch?v=X5QgQDjzsZo

アルバムには、復活シングル「ミザリー」のほか、スズキ「パレットSW」のCMソングのカバー「Born To Be Wild」、「アロン」「Heavenly」も収録。CD ONLYの形態には、ボーナストラックが1曲追加収録される。

また、アルバム新録曲の「13 new ache」は松田翔太主演の映画「ハードロマンチッカー」主題歌(http://www.youtube.com/watch?v=5QagF9Vdz4w&feature=player_embedded)に起用されており、新たにMusic Videoも撮影されている。


YouTube: 黒夢/ Headache And Dub Reel Inch(TV SPOT)

 

2011年10月 4日 (火)

グンソク「Let me cry」先行配信スタート

Dvd_a

チャン・グンソクのライブDVD「Jang Keun Suk 2011 Asia Tour Last in Seoul」が10月19日(水)にリリースされる。それを記念してライブDVDより「Let me cry」のライブ映像の着ムービーと、配信限定でライブ音源の着うたが、10月5日(水)よりレコチョクで先行配信することが決定した。また、ダウンロード特典として、限定のライブ写真待受画像もプレゼント。

このライブDVDは、2011年4月より行なわれたアジアツアーのファイナルとして、2011年8月7日(日)ソウル・オリンピック公園オリ ンピックホールで行なわれた公演「LAST IN SEOUL」の模様を収録した作品。「Let me cry」の他、「お願い、My Bus!」などのライブステージ、クラブ型イベント・ラウンジHのコーナー、2011年の活動をチャン・グンソク自身が振り返るトークコーナーなどで構成されている。

DVDは2枚組で、豪華ブックレット(68ペー ジ予定)、BOX仕様。


■■「Let me cry~Jang Keun Suk 2011 Asia Tour Last in Seoul~」着ムービー/着うた
■■配信日:2011年10月5日(水) レコチョクにて配信スタート
■■ダウンロード特典
着うた・着ムービーそれぞれ全パターンを購入した方に、オリジナルライブ写真待ち受けをプレゼント【特典期間:10月5日~10月11日(期 間内にダウンロードしてください】(※スマートフォンは特典対象外となります)
■■レコチョク チャン・グンソクページURL: http://recochoku.com/jang-keunsuk/ (モバイル専用)

松田聖子と竹内まりやの共演が実現

Takeuchi_mariya_matsuda_sei

デビュー30周年を迎えた松田聖子が、作詞・作曲・プロデュースに竹内まりやを迎えたニューシングル「特別な恋人」を11月23日に発売する。松田聖子が女性アーティストから楽曲を提供されるのは、1985年発売の尾崎亜美作詞・作曲の「ボーイの季節」以来、約26年ぶり。

二人の出会いは、昨年。松田聖子の30周年を飾る楽曲の提供を竹内まりやサイドにオファー。快諾の返事を受けると、竹内まりやは日本武道館で行われた松田聖子のアニバーサリーライブを訪れ、終演後の楽屋で夢の2ショットが実現。そこからこの夢のコラボレーションがスタートした。

松田聖子は毎年恒例の全国12ヶ所27公演のクリスマスディナショーが11月23日にスタート、12月31日には東京体育館でのカウントダウンLIVEが決定。また来年2012年にはNHK大河ドラマ「平清盛」に出演が決定している。

<松田聖子 本人コメント>

竹内まりやさんが、私のデビュー30周年のコンサートを観に来てくださり、この度、そのデビュー30周年の記念にと、素晴らしい曲をプレゼントしてくださいました。
この曲は、竹内まりやさん作詞・作曲の、胸がキュンとする素敵な大人の恋の歌です。
まりやさんの独特な世界観にあふれているとても美しい曲で、レコーディングで歌わせていただいたとき、胸がいっぱいになりました。
ずっとずっと、大切に、心を込めて歌わせていただきたいと思います。
たくさんの皆様に聴いていただけましたら幸せです。


<竹内まりや 本人コメント>

日本のトップ・ポップシンガーである松田聖子さんのデビュー30周年という大きな節目に、楽曲の制作依頼をいただけたことを大変光栄に思っています。
今の聖子さんだからこそ歌ってほしいと思う「大人のラブソング」を、心を込めて書かせていただきました。
彼女の豊かな表現力の源は、その声とパーソナリティが併せ持つ不思議な魅力の中にあると私は感じています。
聖子さんの魅惑のキャンディ・ヴォイスが、きっと皆様に新たなときめきを届けてくれはずです。
どうぞ楽しみに待っていて下さい!

2011年10月 3日 (月)

清水ミチコ、USTREAM生中継に登場

111019_pcbe53220_2

昨年アルバム「バッタもん」を引っ提げて行われた全国ツアー「清水ミチコのお楽しみ会TOUR2010」。全国で5万人を動員したこのツアーの模様を収録したDVD作品「Live!清水ミチコのお楽しみ会“バッタもん”」は10月19日(水)に発売される。
清水ミチコならではの愛ある毒がたっぷりと込められたモノマネの数々が、特典映像も含めてたっぷりと収録されている。

また、
DVDの発売を記念して、10月5日(水)にUSTREAMへの生出演が決定。
「Live!清水ミチコのお楽しみ会 “バッタもん”DVD発売記念「バッタもん @ PONY CANYON ON USTREAM」」と題し、10月5日19時より放送開始。清水ミチコの出演は19時30分頃から予定されている。USTREAMの特性を活かし、当日視聴者が見たいモノマネのリクエストに応えてくれる可能性も。

なお、当日の放送では、清水ミチコ登場前の19時からの30分間はDVDの封入特典ステッカーに描かれている「ボツになった“バッタもん”」たちが登場し、前煽り中継も実施される。

<USTREAM中継>
■Live!清水ミチコのお楽しみ会 “バッタもん”DVD発売記念「バッタもん @ PONY CANYON ON USTREAM」
■日時:10月5日(水)19:00~ ※清水ミチコの登場は19:30頃を予定しております
■チャンネル http://www.ustream.tv/channel/ponycanyoninc


■■清水ミチコ / Live!清水ミチコのお楽しみ会“バッタもん”
■■発売日:2011年10月19日(水)
■■品番:PCBE.53220
■■価格:¥4,500(税込み)セル専用

【収録内容】
・開演前の諸注意
・オープニング
・登場曲
・リクエスト
・愛の賛歌
・MY BLACK EYES TENNESSEE WALTZ
・私のフォーク・メドレー(「卒業写真」「白いギター」「かもめはかもめ」
「少年時代」「さとうきび畑」「千の風になって」)
・機内にて
・目マン
・BATTAMON講演会
・絵本朗読
・シャンソン子守唄
・ミチコの部屋(ゲスト:黒柳徹子)
・台湾へいらっしゃい
・ブス5段活用
・ほぼ半世紀メドレー(60年代~70年代「恋の季節」「ブルーライト・ヨコハ
マ」「わたしの青い鳥」「イミテイション・ゴールド」「赤い風 船」「真夏の
出来事」「ひとりじゃないの」80年代「白いパラソル」「セーラー服と機関銃」
「ラヴ・イズ・オーヴァー」「赤道小町・ド キッ!」「い・け・な・いルー
ジュ・マジック」「セカンド・ラブ」90年代~00年代「もらい泣き」「甘い運
命」「Automatic」 「Everything」「Lover, Come Back To Me」)
【アンコール】
・YOKO OH,NO! INTERVIEW
・青春のメディスン
・達者でナ

特典映像:「青春のメディスン」(ヴィデオ・クリップ)、「青春のメディス
ン」(カラオケ・ヴァージョン)、ミチコの部屋未公開映像、 WOWOW放送番宣ス
ポット、機内にて追加映像(日本青年館)
収録時間:本編122分 特典約20分

■■公式サイト http://4325.net/
■■DVDサイト http://4325.ponycanyon.co.jp/
■■ブログ http://4325.net/blog/
■■Twitter http://twitter.com/#!/michikoshimizu