« ポルノ、被災地へ”船”を届けるライブ開催 | メイン | 2NE1日本公式ファンクラブ名称募集 »

2011年9月12日 (月)

桑田「宮城ライブ」でご当地ソングも披露

Tkp_00818

桑田佳祐の震災プロジェクトにおけるライブ公演「宮城ライブ~明日へのマーチ!!」が9月10日、11日の2日間、宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)で行われた。

同ライブは東日本大震災で困難な状況が続いている方々を応援しようという気持ちと、東北をはじめとした日本全体の活性化に向けて新たな一歩を明るく踏み出そうという気持ちを込めた特別なライブ。また、病気療養からの復帰後、約1年6カ月ぶりのライブ公演で、療養中に元気づけてくれた全国のファンへの恩返しの意味合いももつものだった。

当日は、全国の関係者からチャリティとして寄贈された1000個もの提灯や、宮城、福島、岩手から集まった出店が並ぶ、まるで縁日のような雰囲気の「虹の広場」も登場し、会場はお祭りムード。

ライブは、宮城での開催ということもあり、宮城のご当地ソング「青葉城恋唄」でスタート。その後、会場全員で黙祷を行い、桑田、メンバー、スタッフからのメッセージが前方スクリーンに映し出された。

最新シングル「明日へのマーチ/Let’s try again~kuwata keisuke ver.~/ハダカDE音頭~祭りだ!!Naked~」、最新アルバム「MUSICMAN」からを中心に、サザンオールスターズの曲やご当地民謡なども織り交ぜながら、アンコールを含め全27曲を熱唱。また、「明日晴れるかな」では、東北各地から演奏家が集まってこの日のために結成された「宮城ライブスペシャルフィルハーモニー交響楽団」が登場し、随所で「宮城ライブ」ならではの演出が施された。

終演後には提灯の明かりが燈り、さらに打ち上げ花火があがり、集まった観客を見送った。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/27074155

桑田「宮城ライブ」でご当地ソングも披露を参照しているブログ: