« 2011年5月 | メイン | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月16日 (木)

ストレイテナーがニコ生/USTで重大発表

2011

ストレイテナーがニコニコ生放送/Ustream配信を6月20日22時から初生配信する。

当日はハイテンショントークで人気のMCジョージ・ウィリアムスが”ある役”で出演、重要な役柄を担っている「YOU and I / 羊の群れは丘を登る」(7月13日CD発売)2曲のミュージックビデオを解禁。さらに、今夏の”重大発表”もメンバー自らの口で発表される。

生配信終了後21日0時から、主要サイトにて「YOU and I / 羊の群れは丘を登る」2曲共に、着うた先行配信実施が決定。レコチョクでの購入者特典として、6月21日から7月5日までの購入者の中から抽選でTwitterで話題となった”大山純による、あなたの似顔絵アイコン”を10名様にプレゼントされる。

2011年6月13日 (月)

ハナレグミ、東北ツアー&4年ぶりの代々木決定

Web_2

ハナレグミの弾き語りライヴシリーズ「弾きが旅だよ人生は!」が7月に東北で開催される。

7月15日の山形・山形県郷土館文翔館議場ホールを皮切りに福島、宮城、岩手の4県にて開催。岩手公演は昼・夜の2回公演となり、山形、福島、岩手公演にはスペシャルゲストとして、おおはた雄一の参加が決定。ツアーの経費を除く全ての収益は山形、福島、宮城公演分は東日本大震災の義援金として、岩手公演分は「森風子ども災害援助基金」に寄付される。

また、9月10日、11日に「オアシス≪YOYOGI DE 360°ステージ囲みまくって熱唱しまくっちゃいナイト≫」が東京・国立代々木競技場第二体育館で開催。ハナレグミが同会場で公演を行うのは4年ぶり。同ライヴでは子ども連れでも安心してライヴに参加できるよう、託児所が設置される。チケット先行予約は6月17日よりスタート。

河口恭吾が結婚

Photo

シンガーソングライターの河口恭吾がラジオパーソナリティーのセシリアと結婚することが発表された。

約10年前に2人がレギュラー番組を持っていたFM滋賀で出会い、昨年末に再会。恋人へと発展し、近く入籍を予定している。

河口恭吾は栃木県出身、高校卒業後に歌手を目指し上京し、2000年にデビュー。2003年に発表した1stアルバム収録の「桜」が注目を浴び、ロングヒット。2005年にはNHK紅白歌合戦にも出場している。

一方セシリアは日本人の父とメキシコ人の母を持つハーフで、1998年よりタレントとして活動。大阪を拠点に、テレビリポーターやラジオパーソナリティー、イベントの司会などで活躍。現在は朝日放送にてラジオパーソナリティーを務める。

今回の結婚について河口恭吾は「共に人生を歩むパートナーを得て喜びと同時に身が引き締まる思いです。結婚を新たなスタートとしてこれまで以上に音楽活動に邁進していきたいと思いますのでみなさん引続き応援のほど宜しくお願い致します。」とコメント。

なお、河口恭吾は6月30日よりコンサートツアーがスタート。同コンサートにあわせて、カバーアルバム第2弾「君を好きだったあの頃2」が6月30日から発売される(Amazonでのみの取り扱い)。

全編BOOWYライヴに11万人

Web

氷室京介の東日本大震災復興支援チャリティライヴ「KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME "We Are Down But Never Give Up!!"」が6月11日、12日の2日間、東京ドームで行われた。同ライヴは当初1日限りの予定だったが、最終的に50万人を越える応募が集まったため、12日を追加公演に。各日5万5千人、2日間で約11万人を動員し、国内史上最大規模のチャリティライヴとなった。

なお、氷室京介が東京ドームでライヴを行うのは7年ぶり、7度目。この日は初めて全編BOOWYの楽曲で構成。ライヴスタート前、場内アナウンスにより5万5千人のオーディエンスが黙祷。その後、ライヴスタート。

氷室がステージに登場し、『カモン!東京ドーム!今夜はおまえらが主役だぜ!騒ごうぜ!』と放ち、1曲目「DREAMIN’」の演奏が始まると、会場内は既に最高潮。終始その熱気のまま、アンコール含め計25曲を演奏。「B.BLUE」「MARIONETTE」「ONLY YOU」等の代表曲は勿論の事、BOOWY解散以降、歌う事がなかった「BAD FEELING」や、BOOWY活動当時にも数回しか演奏される事のなかった「”16”」等のレアな楽曲も約23年振りに披露した。

全編終了後、震災を受けて書き下ろした新曲「IF YOU WANT」(CD発売未定)が、被災地で復興に向けて活動している人々の映像と共に会場内にながれ、その楽曲に込めたメッセージを伝える形で終了。

当日の収益金は全て東日本大震災の復興支援として救済活動、復興支援活動を行う団体へ寄付される。

公演曲目

1. DREAMIN

2. RUNAWAY TRAIN

3. BLUE VACATION

4. ROUGE OF GRAY

5. TO THE HIGHWAY

6. BABY ACTION

7. JUSTY

8. WELCOME TO THE TWILIGHT

9. BAD FEELING

10.“16”

11.LONGER THAN FOREVER

12.MEMORY

13.BELIEVE

14.季節が君だけを変える

15.B.BLUE

16.MARIONETTE

17.PLASTIC BOMB

18.DOWN TOWN SHUFFLE

19.BEAT SWEET

20.RENDEZ-VOUS

21.ONLY YOU

22.IMAGE DOWN

 

Encore

23.ON MY BEAT

24.HONKY TONKY CRAZY

25.NO.NEW YORK

斉藤和義が放つレクイエム配信決定

J

斉藤和義のメッセージソング「雨宿り」が6月22日から配信される。

斉藤和義は、3月11日に起こった東日本大震災の日、レコーディングスタジオでの作業中に地震に遭遇。余震が続く中、レコーディング作業は続行。その間、Ustreamを通じてのチャリティ生ライヴ配信企画「空に星が綺麗」の実施や、「ずっとウソだった」の動画がネット上に流出するなど様々なことを経て、2011年5月初旬に同曲が完成した。

「雨宿り」は復興支援ソングではなくレクイエム(=鎮魂歌)であり、ただただストレートなまでの歌詞には斉藤和義の怒りや哀しみを表現。今回の震災で起きた全てのことを決して忘れてはいけないという強いメッセージが込められている。なお、同曲は11日より東北地方6県のラジオ局から随時先行でオンエアされる。

また、楽曲配信日の6月22日にUstreamを通じての”斉藤和義チャンネル”が立ちあがり、初回放送では「雨宿り」を生ライヴ配信として初披露。同チャンネルはライヴ演奏のみならず、いろんな映像を届ける番組になる予定。詳細は斉藤和義オフィシャルサイトで後日アップされる。

Plastic Tree台湾フリーライヴに1000人

Img_2484a

4人組バンドのPlastic Treeが台湾・西門町映画公園で現地時間6月10日にフリーライヴを行った。

Plastic Treeにとって台湾でのライヴは今回で6度目だが、フリーライヴとしては初。また、西門町映画公演でフリーライヴを行った日本人アーティストは初めて。

当日は大雨のなか、約1000人の観客が集まり、「みらいいろ」などを披露、約30分のステージを成功させた。

ヴォーカルの有村竜太朗は「僕たちは日本のバンドなんですが、台湾の皆さんにはとても感謝しています。色々ありがとうございます。」と今回の大震災で台湾の人々が迅速に莫大な義捐金などを集めてくれたことにも感謝した。

フリーライヴの翌日からの2日間の11日、12日にも、LIVE HOUSE TOUR2011「アンモナイト(小)」の台湾公演を敢行。こちらも盛況のうちに終了した。

なお、Plastic Treeは今夏開催の野外イベント「rockin'on presents ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011」への出演や、LIVE TOUR2011「アンモナイト(大)」の開催を予定している。

2011年6月 3日 (金)

AFTERSCHOOL日本デビュー

Afterscool_2

韓国の9人組ガールズグループ、AFTERSCHOOL(アフタースクール)が8月11日に、シングル「Bang!」(バン!)で日本デビューする。

AFTERSCHOOLは2009年1月に韓国デビュー。メンバー全員が167cm以上の身長を誇り、全員がモデル並のスタイルをキープ。本格的なダンスや、小太鼓を使ったマーチングパフォーマンスなどで熱い支持を獲得している。

現在までに4枚のミニアルバムと2曲のデジタルシングル、1枚のフルアルバムをリリース。2010年には”第19回 Seoul Music Awards 新人賞”を受賞。最近では安室奈美恵のBest Collaboration Album『Checkmate!』の楽曲「make it happen」でコラボレーションした。

また、メンバー個人の活動でも注目を集め、リーダーのカヒはAFTERSCHOOLとしてデビューする前に、BoAやDJ DOCなど韓国有名歌手のダンサーチームや振り付けチームとして活躍。メンバーのユイは女優としてドラマ「美男(イケメン)ですね」やCMで活躍中している。

なお、AFTERSCHOOLは7月17日に赤坂BLITZにてライヴイベント「AFTERSCHOOL JAPAN PREMIUM PARTY ?Bang! Bang! Bang!-」を開催予定。同ライヴはAFTERSCHOOLにとって日韓通じて初のワンマンイベント。チケットは6月3日13時より発券スタート。

カヒは今回の日本デビューについて「海外初デビューを日本でできることになって本当に光栄だと思います。」と喜びを語り、「沢山の期待と応援をよろしくお願いいたします。早く会いたいです!」と意気込みを語った。

2011年6月 2日 (木)

Superflyフリーライヴ開催

Img_0132_dgs

Superflyの3rdアルバム「Mind Travel」(6月15日発売)の発売記念フリーライヴが6月15日、横浜赤レンガ倉庫にて行われる。Superflyはこれまでにもアルバム発売の度にフリーライヴを開催しており、今回で3度目。

イベント観覧方法など詳細はSuperflyオフィシャルサイト( http://www.superfly-web.com/、もしくは、アルバム「Mind Travel」リリース記念期間限定特設サイト「Mind Traveller's Circle(マインドトラベラーズ・サークル)」( http://www.superfly-mindtravel.jp/ にて。

なお、同ライヴの模様はKDDIの音楽ストリーミングサービス「LISMO WAVE」を通じて生中継される。LISMO WAVEにて単独アーティストのライヴ生中継は初。また、LISMO WAVEでは6月8日から15日までの期間限定で、Superfly特別番組を配信するチャンネル「Superfly Channel」が開設される。

Superflyは同アルバムを引っさげ、6月25日より、全国32都市35公演に及ぶ全国ツアーを行う。

Dragon AshのKj入院

Damixture

OKAMOTO’S主催イベント「OKAMOTO’S presents Screaming License No.1」(6月3日/赤坂BLITZ)の開催延期が決定した。

同イベントに出演予定だったDragon AshのメンバーKjが、体調不良(多発性出血性胃潰瘍)により緊急入院。担当医の判断により、1ヶ月程度の療養が必要となった。

Kjは5月28日、29日に行われた野外イベント「ROCKS TOKYO」(Dragon Ashは29日に出演)時点でも不調を感じ、点滴と薬で処置し出演。しかし、その後の精密検査の結果、緊急入院に至った。

なお、振替公演は7月28日(木)に同会場にて行われる。
チケットの払い戻しは6月6日(月)から19日(日)まで。詳細は下記URLにて。http://www.okamotos.net/0603ticket.html

2011年6月 1日 (水)

ドリカムDWL2011リクエスト1位決定

_

DREAMS COME TRUEの4年に一度のグレイテスト・ヒッツライヴ「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND」(以下ワンダーランド)が、全国6地域(北海道/東日本/東海/西日本/九州/沖縄)に分けて行われる。テーマは、エンタテインメントを通じた地域活性、40万人を動員する。

ワンダーランドはアルバムリリースを前提とした通常のコンサートツアーとは異なり、ファンからのリクエストをもとに選曲。ライヴで昨年11月から6ヶ月間にわたり、ファンからのリクエストを募集。5月31日に締め切られ、最終結果が発表。

第1位は震災後に最もラジオでオンエアされた「何度でも」がランクイン。このリクエスト最終集計結果に吉田美和と中村正人の思いを加え、ワンダーランドで歌われる楽曲が決定される。

また、各地のブラスバンド(LOVE SUPPLY BRASS BAND)がワンダーランドのステージ上でDREAMS COME TRUEと競演することも決定。大塚製薬POCARI SWEATとのコラボレーションの一環で結成されたブラスバンド「ドリ×ポカリイキイキ!ブラスバンド」が、横浜アリーナ公演で競演したことがきっかけで、全国のブラスバンド関係者から問い合わせがあり、今回のワンダーランドでも同社の協力のもと、各地のブラスバンドとのコラボレーションの実現となり、本日より始動する。

なお、各地の LOVE SUPPLY BRASS BAND がワンダーランド本番に向けて努力していく様子は、オフィシャルホームページのWEB TV「DCT-TV」などを通じて順次紹介される予定。

以下リクエスト結果。

<「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2011」リクエスト最終集計結果>
1位 何度でも
2位 うれしい!たのしい!大好き!
3位 大阪LOVER
4位 空を読む
5位 朝がまた来る
6位 未来予想図 II
7位 やさしいキスをして
8位 決戦は金曜日
9位 サンキュ.
10位 時間旅行
11位 眼鏡越しの空
12位 あの夏の花火
13位 その先へ
14位 LOVE LOVE LOVE
15位 ア・イ・シ・テ・ルのサイン ~ わたしたちの未来予想図 ~
16位 ねぇ
17位 星空が映る海
18位 LAT.43°N ~forty-three degrees north latitude~
19位 生きてゆくのです♡
20位 THE ONE