« 安室、AI&アンナ、山Pらとコラボ | メイン | 馬場俊英15周年記念日に »

2011年2月21日 (月)

【インタビュー】Jewel 4 「キズナ」

昨年も登場した、フルートとボーカルのユニット”Jewel 4”。

2nd配信シングル「キズナ」を早くもリリース!

Photo

前作のインタビューはコチラ

-------------------------------------------------------------------

penこんにちは!Music Mobile Magazine、2度目の登場になります。よろしくお願いいたします。2011年も始まりましたが、Jewel4としての目標やテーマを決めたりはしましたか?今年の目標を教えてください。

今年の目標は「飛躍」。
2010年は地下活動が多かった分、2011年は【前に出る】活動を主体に、新しい曲にどんどん挑戦していければと思います!!たくさんの人に私達の音楽を届けるために、色々な場所でLIVEをしたり、メディアに登場したりと、アクティブに活動する年にしたいです。去年築いた基盤を更に大きく拡げて活動していきたいです。

pen今作はタイトルが「キズナ」。その言葉にかけて、Jewel4の皆さんは、改めて4人の”キズナ“や結束力を感じる瞬間ってありますか?どんな時なのか教えてください。

cayla
皆が、一つの目標に向かって同じ方向を向いて努力しているときはキズナを感じます
口に出さなくても、やりたいことのほとんどを分かってくれてたりとかします
MIMARI
メンバーみんな仲がいいので、やっぱり集まっているときに安心感があって、そういう時に集まるべくして集まった4人なのかなって《キズナ》を感じます★
aika
演奏している時に一番強く絆を感じます。全員で1つの曲を演奏するには結束力が必要です。今までの練習などを通じて出来た絆がライブなど演奏をする場で一番強く出ていると思います。
Ayaka
一番キズナを感じる時は、やっぱりLIVEをしているときです。
1つの音楽を4人で造り上げているので、1人でも欠けてはならないですし、演奏中の阿吽の呼吸は結束力を感じます。かりやすく言えば「婚活」「就活」みたいな活動と同じように、美しくなるための「活動」です。自分の内面を見つめ、自分の夢に向かっていろんなチャレンジをしていくことで、自然に綺麗になるための努力ができて、そうすると生活がますます楽しく、生き生きとした人生を見つけることができるよ!っていう活動を一緒にやっていきましょーって事をトータルでまとめて「美活家」って名付けました。

pen「キズナ」というタイトルだからか、楽曲から強さを感じますね。歌、フルート、それぞれ意識したことを教えてください。

幼い時から音楽やダンスが大好きな女の子でしたから、自然に夢を絵描いてきたと思います。なので、今こうして歌えることが、とっても嬉しいです。

pen琴の音(?)のイントロで始まる「キズナ」。前作とはずいぶん雰囲気がかわり、和テイストの曲調になっていますね。このようなアレンジ(雰囲気)に決めた経緯を教えてください。

今回は二作目ということもあり、より楽器を全面に押し出したいということで
プロデューサーの菊池圭介氏&安田尊行氏、エンジニアの新銅"V"康晃氏により琵琶を始め中国民族楽器の音色を生かすアレンジにしていただきました。

pen今回も、新女子十二楽坊とコラボレーションされていますね。

前作でも関わっていただいた日本のプロデューサー安田尊行氏と中国のプロデューサー菊地圭介氏の計らいで、再び新女子十二楽坊の皆さんとのコラボレーションが実現しました!
ありがたいです。

penビジュアル面についても、今作ではガラリと雰囲気が変わりますね。オトナっぽい仕上がりになっていますが、テーマはありますか?また前作「Feel the Color」のときと比べるとどういう気分ですか?

テーマはやはりキズナということで、歌詞の内容からも前作に比べ、少し大人らしさを意識しました。【大人キレイ】をテーマにエレガントでも遊び心を忘れないアーティストとしてのJewel4 を意識して衣装をチョイスしました。


黒の単色で統一することによりメンバーの深いキズナを表し、各々のアクセサリーのコントラストが楽曲同様の贅沢感を表現しています。気に入って頂ければ幸いです!

pen「キズナ」の聴き所を教えてください。

ボーカルとフルートが中国民族楽器本来の哀愁を帯びた旋律を生かしながらメロディラインを重ね合わせ、サビではVo.Flが同じ旋律を奏でることでよりキズナの強さを表現しています。
AメロBメロから、サビにかけてはボーカルとフルートが同旋律を奏でており、フルートの激しさとボーカルの静寂さの対比で、それぞれの個性がぶつかりながら綺麗に交わりあっていて重厚感があります。

私たちJewel4の創りだすツイン・フルートとツイン・ボーカルの世界感と新女子十二楽坊の奏でる美しい民族楽器の音色の融合を楽しんで頂ける楽曲となっていますので、聞いてみてください!

pen2月14日はバレンタインデーです。やっぱり女の子ならなんとなくワクワクしちゃう日だと思うのですが、皆さんのバレンタインやホワイトデーの思い出を教えてください!

cayla
高校が女子高だったせいか、あげるよりもらう方が多かったです(笑)。嬉しいのとちょっと虚しいのと入り交じった思いをしましたね(笑)いでです。

MIMARI
小学校の時に、気になる男の子にチョコを渡そうとしたんですが、学校では失敗…。帰りに家まで行ってみたものの緊張しすぎて玄関に置いてピンポンダッシュしちゃったんですよね。
でも、ホワイトデーにその子のお母さんが家へお返しを持ってきてくれて、本人からではなかったけど嬉しかったって事がありました!いでです。

aika
バレンタインに妹と一緒にチョコレートを作ったのが良い思いでです。
Ayaka
バレンタインは毎年、あげる瞬間よりも、みんなで選んだり作ったりしている過程の方がワクワクしますね。