« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月27日 (月)

東京ドームが黒づくめに

ロックバンドLUNA SEAが結成当初の「LUNACY」名義で入場無料ライヴ「LUNACY黒服限定GIG~theHolyNight~」が12月25日に行われた。

当日は応募総数約50万通の中から選ばれた約5万人のファンが集結。ドレスコードが”黒服”だったことから、会場中はまっ黒に覆われた。ステージ上には「LUNACY」のロゴの暗幕がかかげられ、”LUNA SEA”とはまた異なった空気が漂い、ライヴスタートまでは厳かなSEが流れ続け、なにかの儀式のような雰囲気で満たされていた。

会場が暗転するとともに黒頭巾をかぶった集団の姿が登場。1人1人ゆっくりとステージから去ると、全身黒づくめのLUNACYの5人が出現。RYUICHI、INORAN、真矢の3人は髪、メイク、衣装と、初期の頃を思わせる姿で現れ、明らかに”LUNA SEA”のライヴとは違うライヴであることを表した。

ライヴはインディーズ盤「LUNASEA」収録の「FATE」からスタート。MCではRYUICHIが「20年の時を経て、ひさびさにあの時のLUNACYが甦りました。今夜は思いっきりあーそびーましょ。」と観客をあおる。その勢いのまま「Dujavu」「MECHANICALDANCE」などインディーズ盤「LUNASEA」やメジャー1stアルバム「IMAGE」収録の楽曲を中心に、全20曲を披露。RYUICHIが曲名を言うたびに、観客からは大きな歓声が鳴り響く。ステージ上の5人は約20年ぶりのLUNACYとしてのステージをとことん楽しむように、広いステージを満喫していた。ライヴ本編最後はCD化されていない楽曲「NIGHTMARE」で締めくくった。

アンコールでは今回の公演の申し込み時に使用した受付サイトが応募開始日当日にアクセスが集中し一時ダウンしてしまったことを受け、RYUICHIは「コンピューターを止めてしまいました。またやっちまったぜルナシー(笑)」と笑顔でコメント。その後、大ヒット曲「ROSIER」を披露し、迫力のあるステージをみせつけた。

また、ファンに向け「LUNA SEAはでっかいバンドになりました。でも、でっかくなりすぎて自分たちの手の長さ、足の長さを一旦忘れてしまった。だけど、ワールドツアーを経て、また新しい奇跡の地図が描きあがってたんだよ。」とRYUICHIは会場中を見渡しながら語り、「その先になにがあるかはわからない。けど、またどこかで遊びましょう。」と語り、この日最後のナンバー「MOTHER」を熱唱した。

演奏後は、ステージを去るのを惜しむように、INORANはステージからおり、観客席を駆け回った。また、JやSUGIZO、真矢もステージの隅から隅まで駆け巡った。

LUNA SEAは12月30日、31日に兵庫県・神戸ワールド記念ホールでバンド初のカウントダウンライヴとなるワールドツアーの追加公演を行う。

プラスティックトゥリーVo.有村難病発症で年末公演中止に

Photo_2

4人組バンドPlastic Treeのヴォーカルの有村竜太朗が難病ギラン・バレー症候群を発症し、12月28日、29日に東京・JCBホールで予定していた「年末公演 ~ゆくプラ くるプラ~」の公演を中止することが決定した。

有村竜太朗は12月21日、高熱を出し、翌日体の脱力感を訴え入院。検査の結果、難病「ギラン・バレー症候群」と診断された。本人の強い希望もあり、28日の公演を実施する方向で話し合いがもたれたが、ドクターストップがかかり、公演中止という結論に至った。

なお、公演を予定していたJCBホールでは28日、29日の両日、有村竜太朗へのメッセージを受け付ける場所が設置される。詳細は以下の通り。

【メッセージ受付場所】
JCBホール(東京都文京区後楽1丁目3-61)
【メッセージ受付時間】
12月28日(火)12:30~20:30
12月29日(水)12:00~20:00
【ゆくプラくるプラグッズ販売】
12月28日(火)15:30~20:30
12月29日(水)15:00~20:00

2010年12月25日 (土)

東方神起ニューシングルタイトル決定

Photo

東方神起の再始動第1弾シングル(2011年1月26日発売)のタイトルが「Why? (Keep Your Head Down)」に決定した。

同シングルは関西テレビ・フジテレビ系 火曜22時連続ドラマ「美しい隣人」の主題歌に決定。CD+DVD盤とCD盤の2種類で発売され、CD+DVDの初回限定盤には6種から1枚がランダムで封入されるジャケットサイズのカードやオフショットムービー収録のDVD付。CD盤の初回限定盤にはジャケットサイズカードのほか12ページのブックレットが封入される。

両バージョンともに、2月8日に関東近郊で行われる購入者特典イベントへの応募シリアルナンバーカードが封入される。

2010年12月21日 (火)

ビートルズの曲が話題映画で起用

Photo_3

映画「ソーシャル・ネットワーク」(2011年1月15日公開)のエンディング曲にザ・ビートルズの楽曲「ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン」が使用されていることがわかった。

ビートルズのオリジナル楽曲が映画に使用されることは権利上の関係でハードルが高くまれなことだが、先日公開された映画「ノルウェイの森」に続き、立て続けに起用されることとなった。

同映画は世界最大のSNS「Facebook」の誕生を描いた映画で、数々の映画賞を受賞。ゴールデングローブ賞へのノミネート作品にもあがっている。

2010年12月20日 (月)

少女時代ティファニー、怪我から復活

Minigee_

膝の負傷で活動休止をしていた少女時代のティファニーが、23日放送のフジテレビ系「めざましテレビ」から活動を復帰することが決定した。同番組内でシングル「Gee」を9人揃ってパフォーマンス予定。また24日にはテレビ朝日系「MUSIC STATION SUPERLIVE 2010」にも出演予定。

ティファニーは11月14日に韓国のステージで転倒し膝を負傷、左側膝関節の後十字靭帯損傷の診断により活動を休止。以来、少女時代は8人でパフォーマンスを行ってきた。

なお、韓国でのティファニーの復帰ステージは25日「MBC音楽中心」となる。

2010年12月15日 (水)

【インタビュー】Jewel4 「Feel the Color」

ツインボーカルと、ツインフルートの4人からなるユニット、Jewel4に注目shine

500jewel4_02

(左から)Ayaka、MIMARI、cayla、aika

-------------------------------------------------------------------

penはじめまして!Music Mobile Magazine(通称MMM)初登場です。よろしくお願いいたします。初登場ということで、それぞれ簡単に自己紹介をお願いいたします。

☆cayla

初めまして!Jewel 4 Vocalのcayla (かゆら)です!音楽一家に生まれて幼い頃から楽器に囲まれて育ちました♪自分の力で表現したい、人々を歌で感動させたいという想いからシンガーの道を選びました。onlyoneのボーカリストになれるよう日々頑張ってます(^∧^)

ファッションや、メイクも大好きでいろいろ研究してます♪

☆MIMARI

美味しい物と食べている時と歌っている時が最高に幸せです★ボーカルのMIMARIです!自分たちの音楽活動の軌跡が、応援してくれる方の勇気になるといいなとおもって頑張っています!最近、気がつくと妄想にフケってます!

☆aika

初めましてフルートのaikaです。3歳からクラシックバレエ、11歳からフルートを習い、音楽大学をフルート専攻で卒業しました。現在はモデル、フルート奏者として活動しています。趣味はシルバーアクセサリー集めで、休日はカフェ巡りなどして過ごしています。

☆Ayaka

フルートを担当しています、メンバー1お酒が大好きAyakaです!LIVE後に飲むお酒が一番好きです♪最近は料理にも励んでいます。色々な曲調にフルートを融合させ、Jewel4ならではの新しい音楽を作って行きます。それから、もっとたくさんの人に生のフルートの音を聴いてもらいたいです。ぜひLIVEを見にきてください!

pen結成のきっかけ、そしてJewel4というユニット名に込められた意味や由来を教えてください。

―個々に音楽活動をしていた四人がライヴ、レッスンを通じて出会い、今までにない編成で新しい音楽を発信したいという共通の想いから2009年11月に結成しました。

Jewel 4はcayla が付けたんですが、メンバーそれぞれが宝石のように輝く存在になれるように・・・応援してくれるみなさんの宝物のひとつになれたらいいな・・・という意味が込められています。

また、メンバー1人1人に宝石のイメージカラーがあり、四人のカラー(個性)が交わってできる無限の色(アンサンブル)を表現しながらいつまでもjewel の様に輝き続けたいです。

penフルートのアンサンブルとツインボーカルのユニットというのは珍しいと思います。そんなJewel4の魅力やアピールポイントを改めて教えてください。

―twinならではの音のハーモニックが最大の魅力だと思っています。ボーカル二人の異なる声質とツインフルートの美しいハーモニー、重厚なサウンドに、繊細なメロディを乗せ、「相反する音の共有」を生み出し、リスナーの方々の耳に残るような音楽を心がけています。新しい『Jewel4』というジャンルを感じてもらえたらと思います。

また、フルートがメインに来る編成は珍しいので、もっと身近な楽器として、受け入れてもらえるといいなと思います。

pen早いもので、今年も残すところ1ヶ月となりました。みなさんにとって2010年はどんな年でしたか?印象に残っている出来事や考えごとなどもあわせて教えてください。

―2010年はメンバーにとって決意の年でした。そして、自分たちの成長の時であったと思います。

印象に残っているのは、やっぱり配信デビューが決まったときです!夢のようなお話を頂いて、こうしてみなさんにお届け出来るようになったことが今年一番の出来事でした!!

pen今作「Feel the Color」は新女子十二楽坊とコラボレーションされていますね。どのような経緯でコラボレーションすることになったのでしょうか?

―プロデューサーであるYASU 氏の取り計らいで実現しました。お互いが日中の架け橋になれればと思っています!

penレコーディングなどはいかがでしたか?何かエピソードがあれば教えてください。

―vocal隊は自分の壁との戦いでした。世の中に出すデビュー曲のレコーディングということもあって、いつもヘラヘラしてるMIMARIも緊張・・・。いつも以上に集中していたのか終わった頃には、抜け殻のようになっていました。

フルート隊は北京でレコーディングをさせていただいたのですが、電圧や湿度の関係で音がとても通る太くてしっかりとした音でレコーディングできました。また生で新女子十二楽坊の皆さんの演奏を聴くことが出来、とても刺激を受けました。

penこの曲「Feel the Color」の聴き所を教えてください。

―ボーカル二人の異なる声質とツインフルートの美しいハーモニーに重厚なサウンドを重ね、生み出された新しく壮大な世界感を楽しんでいただきたいです。

そして、今回、コラボが実現いたしました新女子十二楽坊の民族楽器のきれいな音色も合わせて堪能して頂ければと思っています。

pen来年はJewel4の皆さんにとってどんな1年になりそうですか?どんな1年にしたいですか?

―色ん今年は新たにスタートを切った変化の年でした。2011年は勝負の1年になりそうです。いろいろ活動の幅を拡げて飛躍の年にしたいですね!

Jewel4をより多くの人に知って頂き自分たちの音楽をもっとたくさんの方に届けていきたいと思っています!!!

-------------------------------------------------------------------

配信シングル「Feel the Color」

レコチョクうた・フル、同時先行独占配信スタートsign03

2010年12月13日 (月)

黒夢、最新写真公開

Kuroyume

復活を発表している黒夢の最新アーティスト写真が公開された。
清春と人時が共にアーティスト写真撮影を行ったのは、1998年6月から約半年間行われた全国ツアー「Many SEX years Vol.5 "CORKSCREW A Go Go"」のツアーパンフレット以来。

黒夢は2011年1月29日、復活シングル「ミザリー」をリリース。2月26日には東京・国立代々木競技場第一体育館での復活ライヴ「XXXX THE FAKESTAR」の開催が決定。チケットのプレイガイド優先はイープラス最速プレオーダーが2010年12月13日21時から開始される。

2010年12月10日 (金)

宇多田コンサート、約37万人が鑑賞

Utada

宇多田ヒカル活動休止前最後のコンサート「WILD LIFE」が12月8日、9日に神奈川県・横浜アリーナで行われた。同公演のチケットの先行予約申し込み総数は15万通を超え、一般発売日には即完売。

8日の公演では、全国映画館(国内64カ所70スクリーン)への生中継のほか、Ustreamによる全世界生中継を実施。映画館の動員は17000人、 Ustreamのユニーク数は34万5000人を記録。8日公演は会場動員数の14000人を加え、総計37万9000人が鑑賞した。

コンサートは先日発売されたアルバム「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2」からの新曲「Goodbye Happiness」から始まり、デビューシングル「Automatic/time will tell」、大ヒットシングル「First Love」や「Prisoner Of Love」、過去のアルバム収録曲なども披露。アンコールを含め全22曲を熱唱。

9日公演のMCでは「初日は自然とスムーズで、バランスのいいライヴだった」とコメント。また、一時活動休止前最後のコンサートということもあり、「ちょっとの間お休みをもらうだけ。でももうしばらくライヴもできないと思うと…」と感極まるシーンも。最後のMCでは「自分を大切にして、まわりの人も大切にしたいと思う、だからみんなも自分を大切にいてくれればいいなと思ってます。」と語り、ステージを後にした。

当日の模様は2011年1月22日にスカパー!で、2月にはSPACE SHOWER TVでオンエアされる予定。

2010年12月 2日 (木)

ピンク・レディー初のインストイベント

Photo

ピンク・レディーの復活第1弾アルバム「INNOVATION(イノベーション)」の発売を記念して、12月1日、東京・銀座山野楽器本店7階イベントスペースJamSpotで行われた。

ピンク・レディーとしてインストア・イベントが行われるのは初。イベントではアルバム収録曲「KISS IN THE DARK」をパフォーマンスし、集まったファンから歓声があがった。

また、イベントに先駆けて、銀座通りに設置された特別ブースに2人がサプライズ登場し、2人そろっての初の店頭握手会も実施。サインをもらったファンの中には涙を流している人もいた。

ピンク・レディーは、来年新曲の発売も予定。さよならコンサートから30年目の2011年3月11日には、東京・赤坂BRITZにてイベント「初陣式」が開催される。

2010年12月 1日 (水)

デビュー曲が47都道府県でパワープレイ

1201nikiie

シングル「春夏秋冬」(12月1日発売)でデビューするシンガー・ソングライターのNIKIIE(ニキー)が、同曲で12月度の全国FMラジオ曲パワープレイを獲得、歴代女性アーティストで史上最多獲得を記録することがわかった。

オリコン調べによると、これまでの歴代女性アーティストでの最高記録は2008年4月の福原美穂のデビュー曲「CHANGE」の33局獲得で、今回NIKIIEはその記録を大きく上回ることとなった。

この記録にNIKIIEは、「デビュー曲がこのような形でたくさんの人に届けられる機会をいただけて、感謝の気持ちでいっぱいです。皆さんの思いを胸に、これからも私らしく精一杯頑張ります。」とコメントしている。