« 2010年5月 | メイン | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月15日 (火)

『善き人のためのソナタ』 から、旧東ドイツをたどる

晴乃の総合評価:4.5(5点満点)

善き人のためのソナタ

現在私は、ベルリンの旧東ドイツ地区にあるプレンツラウアーベルクというエリアに住んでいます。少し歩けば街中の至るところに旧東ドイツ時代の名残を見つけることが出来ます。今回は、映画の舞台になった場所や、関連博物館などを訪れ、『善き人のためのソナタ』を通して、旧東ドイツの国家システム、“自由のなかった恐るべき監視国家”を見つめてみました。

070207_yokihito_sonata_main

2006,ドイツ,アルバトロス・フィルム
©2007 ALBATROS Co., LTD. All Rights Reserved.


1.【あらすじ】

1984年、東西冷戦下の東ベルリン。国家保安省局員(シュタージ)のヴィースラー大尉は、劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。成功すれば出世が待っていた。あるとき盗聴器から流れてきた美しいピアノの音色を耳にする。それは、ドライマンが友人から「この曲を本気で聴いた者は、悪人になれない」という言葉と共に贈られた、“善き人のためのソナタ”という曲だった。

20070131yokihito1

毎日盗聴を続けるうちに、予期していなかった感情がヴィースラー大尉の中に生まれ始める。彼らの世界に近づき、人間らしい自由な思想、芸術、愛に溢れた生活に影響を受け、監視する側であった彼に変化が生じる。いつの間にか今まで知ることのなかった新しい人生に目覚めていくヴィースラー大尉。監視相手の男女を通じて、これまで信じて来た国家に、初めて背くことに・・・。

エンタメーテレ最新ナビから引用)

2.【土屋的作品解説】

この作品は、強固な共産主義体制の中枢を担っていたシュタージ(国家保安省)という監視システムに初めてメスを入れ、その実態を克明に描いた歴史ドラマです。国家に翻ろうされた恋人たちや、芸術家たちの苦悩を浮き彫りにした問題作として、第79回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した傑作です。

シュタージは、1950年に創設された国家保安省であり、秘密情報機関として国内の反体制の人々を徹底的に監視し、摘発していた組織です。最終的には9万1000人の正規職員の他、約18万9000人の非公式協力者からなるシュタージネットワークが、1600万人の東ドイツ国民を24時間監視していたそうです。

親しい友人や愛する恋人、そして家族の中でさえも、反体制の人間を政府に密告していたといいます。その悲しい現実の数々が、、壁崩壊後に公開された 『シュタージ文書』 から明らかになっています。まさに、この作品の主人公ドライマンとクリスタの関係も、シュタージによって悲劇的な結末を迎えます。自分以外の誰も信じることの出来ない世界とは一体どれだけの息苦しさなのか、想像に及びません。人間の心を蝕み、懐疑心だけがはびこる社会が実際に存在したかと思うと、とても恐ろしいです。

壁が崩壊してから、17年という歳月を経てようやくドイツが世界に向けて、“監視国家”の実態を明らかにしたという事からも、いかに旧東ドイツ市民の心に、この監視システムが深い影を落としていたかということを感じます。そして、この悲しい過去を世界に公表していくことで、ドイツが新たに歩みだした証明でもあります。

続きを読む »

最新映画ナビ

最新映画ナビ関連ブログ

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30