« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月28日 (火)

歌手兼俳優キム・ヒョンジュンが、ファンにサプライズ・プレゼントと共にクリスマスメッセージを伝えた!

12月23日、公式ホームページ(韓国)を通じて、自分のソロ曲「お願いだから、ちゃんとして」をアコースティック・ラップ・バージョンにアレンジし、原曲とは全く違うイメージの新しい曲に再び誕生させて、その音源をファンにプレゼントした。
キム・ヒョンジュンは、11月にホームページを通じてファンにクリスマスプレゼントを用意すると約束をしていたが、その約束を守るために、海外スケジュールを進行する合間に作曲家と会い意見を交わしたという。
また、キム・ヒョンジュンは、音源と共に掲載したクリスマスメッセージで、“来年(2011年)リリースされるニューアルバムにご期待下さい。来年もすべてがうまくいきますように”という言葉をファンに贈った。
キム・ヒョンジュンのクリスマス・サプライズプレゼントの曲を聞いたファンは、公式ホームページ掲示板に、“最高のクリスマスプレゼントです!”“約束は必ず守る宇宙神キム・ヒョンジュン、メリークリスマス~!”“プレゼントしてくれてありがとう~私達はいつもヒョンジュンの味方だよ!ファイト!”などの書き込みをして喜びを分かち合った。
一方、キム・ヒョンジュンは、しばらく休息を取った後、2011年に発売されるソロアルバム作業に集中する予定だ。また現在、MBCのドラマ『いたずらなKiss』で「2010 MBC演技大賞」優秀演技賞のノミネートのほか、ベストカップル賞、ネチズン人気賞の候補にあがっている。
キム・ヒョンジュンがファンにプレゼントした曲の音源は、キム・ヒョンジュンの韓国公式ホームページの「FROM.HJ」メニューで聞くことが出来る。http://www.hyun-joong.com/

グループJYJのメンバー、パク・ユチョンの弟であるパク・ユファンが演技者デビュー!

12月25日、パク・ユチョンが自分のツイッターに、「愛するユファン!これからもっとがんばって」というタイトルと共に弟の写真を公開し、パク・ユファンが演技者としてデビューする予定だと伝えた。
翌日の26日、パク・ユチョンの所属会社シゼスエントテインメント関係者は、“パク・ユチョンの弟であるパク・ユファンが、2011年に芸能界デビューを準備している。上半期頃には演技者として本格的にデビューする予定だと明らかにした。
また所属会社側は、パク・ユファンがもう6ケ月以上も演習生として演技の勉強をしており、兄であるパク・ユチョンに劣らない外貌と才能を持っていると付け加えて、早くも新しい<ライジングスター>として注目の的になっている。
一方、パク・ユチョンの弟パク・ユファンは、オンラインではすでにネチズン達によく知られている存在だ。パク・ユチョンと外貌がそっくりで、イメージまで似ていることから双子説まで広がったことがある。

KBSドラマ『ドリームハイ』に製作参加するペ・ヨンジュンが、演技(特別出演)でも復帰!

ペ・ヨンジュンは、miss Aメンバーのスジ、T-araのウンジョン、2PMのテギョンとウヨンなど、トップアイドルのキャスティングで話題になっているKBSの新しいドラマ『ドリームハイ』の製作参加および特別出演を決めた。
『ドリームハイ』は、才能豊かで固い団結心で結ばれた子供達が、最高のスターを夢見て、熱い情熱と絶え間ない競争、そして交錯する愛の中で、自身の夢をかなえていく姿を描く。
2007年の大作ドラマ『太王四神記』以後3年ぶりに俳優として復帰するペ・ヨンジュンは劇中、大韓民国最高のスター養成学校「キリン芸術高校」の理事長であると同時に<スター製造の神>の異名を持つチョン・ハミョン役を引き受けている。
ドラマ『ドリームハイ』に一緒に出演するイ・ビョンジュンは、ある番組でペ・ヨンジュンについて、“日本に韓国文化を伝えた方だが、初対面の時に丁寧にご挨拶していただいた。撮影が夜明けまで続くと、演技者達は自分の撮影分が終わると帰るのに、ペ・ヨンジュンはいつも最後まで残っている。他の俳優達を配慮する思いやりがある”と褒めたてた。
彼の久々のドラマ出演が知らされると、各ポータルサイトには、“謙遜さと思いやりがある韓流スター、ペ・ヨンジュンの復帰が期待される”などと、ネチズン達の応援の書き込みが続いている。
ドラマ『ドリームハイ』は、2011年1月3日にKBS 2TVで放送スタートとなる。

東方神起(ユンホとチャンミン)の新アルバム「Keep Your Head Down」が、1月5日に先行発売!

2年3ケ月ぶりのカムバックで話題となっている東方神起(ユンホとチャンミン)の新アルバム「Keep Your Head Down」のスペシャル版が、2011年1月5日に先行発売される。
新アルバム「Keep Your Head Down」スペシャル版には、タイトル曲「Keep Your Head Down」を含めて東方神起のさらに成熟した歌唱力と音楽感性がほとばしる10曲が収録されている。特に今回のスペシャル版は、ファンサービスの観点から制作されていて、完成度が高い10曲を収録したアルバムはもちろん、ユンホとチャンミンの新しい姿が収められた100ページの写真集が付いているため、ファンの反応も爆発的になると予想されている。
また、所属会社SMエンターテインメントは、東方神起のカムバックを知らせるためにCMを制作した。12月29日から31日の3日間、KBSおよびMBC、SBSの放送3社が毎年行う恒例の芸能関係授賞式の放送および音楽番組などにCMを流す予定だ。
CMは2つのバージョンが制作され、東方神起の新しいイメージとパフォーマンスの映像が年末ゴールデンタイムに放映されるので、同社では東方神起のカムバックに対するファンの関心が高まると期待している。
また、東方神起の二人は、ちょうどクリスマスを迎えて自分達のホームページに、“みなさん~楽しいクリスマスです。12月26日は東方神起7周年です。今後共、より一層良い姿見せるになるように努力します。カムバックも期待して下さい”という親筆メッセージを掲載した。
一方、東方神起の通常版「Keep Your Head Down」は1月12日に発売開始される予定で、スペシャル版に収録されていない1曲が追加されるとのことだ。東方神起はニューアルバムのリリースを記念して、1月中にファンサイン会も行う予定で、新年から本格的な活動を再開する。

JYJのキム・ジュンスが出演するミュージカル『天国の涙』のチケットが、高額で取り引きされている・・・

ミュージカル『天国の涙』は、前売りチケット販売スタートと同時に接続殺到で一時的にアクセス障害を起こしたが、発売開始後たった5分でキム・ジュンス出演分が売り切れた(同作の男性主人公は、トリプルキャスティングの予定)。さらに、チケットを購入した人がネットなどで高い値をつけて再販売し、それをキム・ジュンスの海外ファン、韓国内ファンが買っているという。
製作会社側は、“公演の爆発的な反応はとても感謝するが、売り切れチケットを得るために高額の闇チケットが取り引きされていることはとても心配だ”と伝えた。
ミュージカル『天国の涙』は、ベトナム戦争を背景に、国が異なる男女の間に芽生えた切ない愛の物語を壮大に描いたミュージカルで、SEOL&COMPANYとクリエイティブプロダクションが世界市場を狙ったグローバル・ミュージカルである。作曲家フランク・ワイルドホーン、演出家ガブリエル・ベリーなどブロードウェイで活躍する世界的な製作陣が大挙して参加し、3年半に及ぶ準備期間を経て実現した。
ジュンスは、ベトナムに派兵され、偶然出会ったベトナム女性と運命を超えた恋に落ち、すべてを捧げる主人公の韓国軍兵士ジュン役を演じる。
2月1日、ソウル・国立劇場ヘオルムで最初の公演がスタートする。

ZE:Aのシングルアルバムが、オリコン・デイリーチャート2位に!

男性アイドルグループ、ZE:Aの日本メジャー・デビューシングル「ラヴ☆レター/My Only Wish」が、12月21日付けのオリコン・デイリーチャートで2位を記録した。
所属会社のスター帝国側は、“2010年8月にメジャー・デビューを果たした少女時代のデビューシングル「GENIE」はオリコン・チャートで最高2位を記録したが、発売当日は5位からのスタート。9月にデビューしたKARAの「ミスター」も5位だったから、K-POPグループがメジャー・デビューシングルで2位を獲得するのは史上初の快挙となる”とコメントした。続けて、“2011年2月に韓国で発表する正規アルバムも、今度の日本シングルアルバムのように良い結果を期待している。ZE:Aの魅力を発揮出来る歌と素敵なパフォーマンスを準備している”と付け加えた。
また、彼らのデビュー1周年を記念して、2011年1月8日に「ZE:A Special Live-Love letter for you-」がZEPP TOKYO(東京・江東区青海)で開催される。同公演では、最新シングル曲「ラヴ☆レター」「My Only Wish」が初披露される予定だ。
一方、ZE:Aは、2011年2月に韓国で発表する正規アルバムの準備に拍車をかけている。

2010年12月22日 (水)

キム・ヒョンジュンが「Yahoo ! ASIA BUZZ 2010」で3冠の栄誉!

キム・ヒョンジュンは12月17日午後、香港で開かれた「Yahoo ! ASIA BUZZ 2010」で、香港ネチズン選定最高韓国スター賞(HK Top Buzz Korean Artist)、台湾ネチズン選定最高韓国スター賞(TW Top Buzz Korean Artist)、ネチズン最多検索賞(The Best Searched Asia Buzz Award 2010) の3冠を獲得した。
3冠の栄誉を得たキム・ヒョンジュンは、“香港・台湾で多くの愛を下さったファンのみなさんに感謝する。これからもっと努力するキム・ヒョンジュンになる”と受賞の所感を伝えた。
ある韓国放送関係者は、“歌手と俳優としての活動だけではなく、慈善行事と寄付活動への参加などで好感度が上昇している。来年初めからドラマ『いたずらなKiss』が海外放映を控えていて、海外でのキム・ヒョンジュンの人気がもっと高くなると予想される”と語って注目された。
「Yahoo ! ASIA BUZZ 2010」は、検索統計に基づいて芸能界のトレンドを発表し、候補スターの中からユーザーが投票で選び、その年の最高のスターを表彰する賞だ。今年は11月8日から12月1日まで、韓国・台湾・香港・インドネシアのアジア4ケ国のヤフーを通じて投票を進行した。
一方、キム・ヒョンジュンは12月18日に帰国して休息を取った後、来年発売されるソロアルバムの制作作業に力を注いでいる。

キャッチ!韓流イベント情報 キム・ジェウク、ソン・スンホン、ソン・シギョン、ソン・チャンウィ ほか(セレクト掲載)

[キム・ジェウク]
~ファンミーティング NEWYEAR with LIVE~
■開催日/会場:(1)2011年1月28日 渋谷C.C.Lemonホール(東京・渋谷)
■開催日/会場:(2)2011年1月29日 NHK大阪ホール(大阪・中央区大手前)
■出演者:キム・ジェウク

~ロッテ免税店Presents ソン・スンホン「マイ・プリンセス」撮影現場見学ツアー in ソウル~
■開催日/会場:(1)2011年1月28日~30日 (2)2011年1月28日~31日 ソウル
■出演者:ソン・スンホン

~K-POP FESTIVAL~
■開催日/会場:2011年2月11日 ニトリ文化ホール(旧札幌厚生年金会館/札幌市中央区北1条西)
■出演者:ソン・シギョン、TEEN TOP、Orange Caramel(After Scool)

[Monday Kiz]
~JAPAN公式ホームページOPEN記念イベント&MINI LIVE~
■開催日/会場:2011年2月11日 東京グローブ座(東京・新宿区百人町)
■出演者:Monday Kiz(マンデー・キッズ)

[ソン・チャンウィ]
~バレンタイン・ファンミーティング~
■開催日/会場:(1)2011年2月12日 かつしかシンフォニーヒルズ(東京・葛飾区立石)
■開催日/会場:(2)2011年2月13日 エル・大阪(大阪府立労働センター/大阪市中央区北浜東)
■出演者:ソン・チャンウィ

韓流スター、ペ・ヨンジュンが日本のファン5000人と一緒に<家族(ファン)写真>を撮影

ペ・ヨンジュンの所属会社キイストは、12月14日に東京ドームで開催された「ほほえみプロジェクト」を終えた翌日、事前に抽選を通じて選ばれた5000人のファンと都内某所で家族写真を撮影したと明らかにした。
ペ・ヨンジュンが12月11日に計画を発表した「Family Photo Project-We're a family」(家族写真プロジェクト)は、長い間、ファンを「家族」と呼ぶほど格別の愛情を示した彼が、時間が過ぎてもファンと一緒に思い出として写真を残したいという希望から始まったスペシャル・プロジェクトだ。
ペ・ヨンジュンは今回、5時間の撮影に臨みながら、終始柔らかい微笑と温かい視線で家族(ファン)達との時間を持ったと所属会社は伝えた。
ペ・ヨンジュン側によると、2011年最初の家族写真は、韓国の家族(ファン)達と共に撮る予定だという。

少女時代が、「2010 Melon ミュージックアワード」で今年のアーティスト賞など3賞を受賞!

今年のK-POP<ガールズグループ熱風>の主役である少女時代は12月15日午後、ソウルの慶煕大学・平和の殿堂で開かれた「2010 Melon ミュージックアワード」で今年のアーティスト賞、TOP10賞、HOTトレンド賞の3冠に輝いた。
少女時代は、“ファンと所属会社の家族達(社員・スタッフの意)に感謝する。ティファニーが一緒に出られなかったがもうすぐ一緒に舞台に上がる。9人の少女時代に戻って良い姿見せる。韓国だけではなく、海外で活動する少女時代も応援して下さい”と受賞の所感を伝えた。
少女時代は、今年「Oh!」と「Run Devil Run」「フッ (Hoot)」などを次々とヒットさせて、K-POPガールズグループの中でも最高の活躍を見せた。音源配信でのヒットと共に、アルバムも30万枚を超える販売数を記録するなど高い人気を得た。また、12月9日に開催された第25回「ゴールデンディスク」授賞式では、ディスク大賞など3部門で受賞し、今年の年末歌謡界授賞式を席巻しており、まさに向かうところ敵なしだ。
一方、同アワードの他の主要部門では、2NE1が今年最高のアルバムに与える今年のアルバム(Album)賞、バラード・アイドルと呼ばれる2AMが今年最高の歌に与えるベストソング賞を受賞した。さらに、2010年韓国歌謡界で著しい活躍を見せてくれた10人の歌手(TOP10賞)として、2AM、2NE1、2PM、少女時代、CNBUE、アイユー、イ・スンギ、T-ara、4Men、DJ DOCが選ばれた。
特に、CNBUEはTOP10賞と新人賞を、イ・スンギはTOP10賞とスペシャル賞(OST部門)を受賞して、それぞれ2冠獲得となった。
「Melon ミュージックアワード」は、音楽ポータルサイトの「Melon」が主催。1年間にMelonサイトが提供する音源配信の利用数とMelon会員によるオンライン投票を選考基準として、受賞者を選定する人気の賞だ。

■「2010 Melon ミュージックアワード」:主な受賞者
アーティスト賞:少女時代/アルバム賞:2NE1(「To Anyone」)/ベストソング賞:2AM/新人賞:CNBUE/ネチズン人気バトル賞:スーパージュニア/HOTトレンド賞:少女時代/MBC+(プラス)スター賞:Miss A/MBCラジオ歌手賞:ジョン・ヨップ/スペシャル賞(OST部門):イ・スンギ/スペシャル賞(ラップ・ヒップホップ部門):Supreme Team/スペシャル賞(R&B部門):クモ(Gummy)




最新映画ナビ関連ブログ