« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月26日 (金)

映画『超能力者』の人気俳優コ・ス、デビュー前の秘話

主演映画『超能力者』が公開初週(11月10日から公開)に観客動員100万人を突破するなどで、軍役除隊後の俳優コ・スは、華麗なカムバック姿を惜しげもなく見せてくれている。そんな中、彼の俳優デビュー前の秘話が知られ耳目を集めている。
最近、コ・スは<コヴィッド(Kosoo+David〔ダビデ像のこと〕)><コ・ス病>などの愛称や新造語を作り出しながら、ファンの絶対的な支持を受けている。その貴公子みたいな外貌のコ・スが、デビュー前にソウル駅で野宿をしたという切ないエピソードがあるという。
SBS E!TV(ケーブル放送)のトーク番組「タク・ジェフンのスタイル・スターQ10」では、真否を把握するために、コ・スの実兄とのインタビューを通じて当時の状況を調べてみた。
同番組によると、演技者になる夢を抱いたコ・スは両親の反対を押し切ってソウルに上京。知人達の家に泊まりながら、結局はソウル駅で野宿をすることになったらしい。そうした折、ある芸能企画者に抜擢され、今日(こんにち)のコ・スになったという。
また同番組でコ・スは、“真面目な女性が好きだ。私は早く寝て、早く起き、運動を熱心にする生活スタイルで、朝の時間を活用するのが好きだ。真面目できちんとした女性と一緒になれるといいなと思う”と女性の理想型を告白した。

2010年11月25日 (木)

日本でも人気の俳優カン・ドンウォンの極秘入隊報道!

カン・ドンウォオンが11月18日午後、極秘に陸軍の論山(ノンサン)訓練所に入所した。
同日午前、陸軍訓練所の関係者は、“カン・ドンウォンが今日、訓練所に入所する。他の芸能人達と一緒にバスで訓練所に入る”と伝えた。この日、グループV.O.Sのチェ・ヒョンジュンらも同訓練所に入所したという。
身体検査で4級判定を受けたカン・ドンウォンは、訓練所に入所して4週間の基礎軍事訓練を終えた後、共益要員として服務する予定だ。
一方、所属会社側はこの間、早くから軍役入隊が噂されていたカン・ドンウォンの入所に対し、“日付は確定出来ないが、静かに入所する予定だ”と言及を避けてきた。
カン・ドンウォンは入隊の前、ある媒体とのインタビューで、“特別なことではないのに特別に見られるのが嫌いだ。他の人に知らせず密かに行って来る”と語り、さらに、“入隊の前、最後という意味で映画を撮ったわけではないので、2年余りの空白も影響はない”とコメントしていた。
カン・ドンウォンはコ・スと共に主演した新作映画『超能力者』が11月10日から公開されており、現在、大ヒット中だ。

キャッチ!韓流イベント情報 イ・ドンゴン、Nine Muses、イ・ミンギ、ヨンセン&キュジョン ほか(セレクト掲載)

~国軍放送「FRIEND FM イ・ドンゴンです」観覧プラン~(ツアー)
■開催日/会場:2010年12月24日~26日 韓国・エバーランド(京畿道・龍仁市)
■出演者:イ・ドンゴン、キム・ジョンフン、ANDY、
イ・ドンウク、キム・ユンソン(Dynamic Duo)など(以上、予定)

[Nine Muses]
~SEOUL TRAIN with Nine Muses & friends~
■開催日/会場:2010年12月26日 渋谷C.C.Lemonホール(東京・渋谷)
■出演者:Nine Muses、キム・キョンノク

[ペク・ソンヒョン]
~1stファンミーティング~
■開催日/会場:2011年1月10日 浜離宮朝日ホール 小ホール(東京・中央区築地)
■出演者:ペク・ソンヒョン

[イ・ミンギ]
~イ・ミンギバースデーパーティー 「LEE MINKI IS BORN」~
■開催日/会場:2011年1月15日 なかのZERO(東京・中野区中野)
■出演者:イ・ミンギ

[ヨンセン&キュジョン]
~ヨンセン&キュジョン 1stプライベートDVD発売とファンミーティング~
■開催日/会場:2011年1月22日 渋谷C.C.Lemonホール(東京・渋谷)
■出演者:ヨンセン&キュジョン

[NORAZO]
~NORAZO CONCERT in JAPAN 2011 ~NORAZO SHOW~~
■開催日/会場:2011年1月22日 SHINJUKU FACE(新宿・歌舞伎町)
■出演者:NORAZO

[ソ・ドヨン]
~ソ・ドヨン DVD & Photo Book 発売とバースデーファンミーティング~
■開催日/会場:2011年4月29日 なかのZERO(東京・中野区中野)
■出演者:ソ・ドヨン

2010年11月24日 (水)

映画『おじさん』のウォン・ビンが主演男優賞受賞、第8回「大韓民国映画大賞」発表!

11月18日午後、ソウル・鍾路区の世宗文化会館で第8回「大韓民国映画大賞」授賞式が開催された。
イ・チャンドン監督の『詩』は、作品賞と監督賞、脚本賞など3冠王の栄誉に輝いた。主演男優賞は『おじさん』のウォン・ビン、主演女優賞は『キム・ボクナム殺人事件の転末』のソ・ヨンヒが受賞した。男女助演賞は『苔』のユ・ヘジンと、『下女』のユン・ヨジョンが占めた。
主演男優賞受賞のウォン・ビンは所感として、“ありがとうございます。尊敬する先輩達の前で、私がこの席に立っているということが本当に夢のようですし、また恐縮しています。今日こんなに大事で大きな賞をいただき、本当に感謝しております”と述べ、感激の涙を流した。“小さいけれど本当に大きい俳優だったセロン(子役)、映画『おじさん』を輝くようにして下さった観客達と、幸せな俳優として生きることが出来るようにいつも応援して下さるファンのみなさんに感謝の言葉を伝えます”と付け加えた。

ブロックバスター・ドラマとして高い視聴率を記録したスパイ・アクション『アイリス』の映画版が誕生!

11月22日から一般公開される映画版『アイリス:ザ・ムービー』は、全20話で製作されたKBS 2TVの大ヒット・ドラマ『アイリス』のストーリーをムービー用に再構成して、さらに追加撮影を行って製作された。
最後のシーンの主人公ヒョンジュン(イ・ビョンホン)の死に対する真実と、ドラマでは公開されなかった秘密組織の所属要員キラー(BIG BANGのT.O.P)の正体が、今度の映画版を通じて明らかにされるという。
『アイリス:ザ・ムービー』は、同作の版権および配給を担当する「シネ21i」を通じてIPTVとケーブルTVおよび衛星PPV、約100のインターネットサイトを通じて11月22日からサービスされる。
韓国では、2009年10月に放映されたドラマ『アイリス』は、39.9%の高い視聴率と他のドラマの3倍を越えるオンライン・ダウンロード数を記録した作品で、新たなストーリーで再登場となる映画版『アイリス:ザ・ムービー』への期待は高い。

韓国の最高カップル、チャン・ドンゴン&コ・ソヨン夫妻が社会福祉会に1億ウォンを寄付

コ・ソヨンは11月15日午後3時、ソウル・駅三洞に拠点を置く大韓社会福祉会の関係者と会談を持ち、同会へ支援金を寄付した。この支援金は、援助が必要なシングルマザーや新生児達のために用意されたという。
大韓社会福祉会の関係者はこの日、ある媒体のインタビューで、“コ・ソヨンとチャン・ドンゴンが、1億ウォンを寄付した”と明らかにした。また、コ・ソヨンは近くの幼児院を訪問。2時間近く、ミルクを飲ませてあげるなど子供達の面倒を見て、“機会があればまた来たい”と持続的なボランティアの意思を示した。
今回の活動に関連し、コ・ソヨンの側近は、“内々に寄付をしようと思ったが、メディア側の方が先に知ることとなった。静かに慈善活動が出来るようにお願いしたい”とコメントした。最近、男の子を出産したコ・ソヨンは、以前から奉仕活動に関心が高かったという。
当初、この日は夫婦揃って会談に参加する予定だったが、チャン・ドンゴンが14日から、彼のハリウッド進出作である映画『The Warrior's Way』PRのために米国・ロサンジェルスを訪問することになり、コ・ソヨンが一人で参加したという。

メンバーの一人、ティファニーが膝のケガで休養、少女時代がしばらく<8人組>で新曲活動!

新曲「Hoot」シンドロームで歌謡界をさらに盛り上げているガールズグループ、少女時代のメンバーの一人、ティファニーが膝の負傷でしばらく活動を休止する。
ティファニーは11月14日夕方に行われたある公演のステージで、「Hoot」を披露している最中に倒れて膝に負傷を負い、翌日午前、病院で精密検査を受けた結果、左側の膝関節に損傷があるとの診断を受け、約4週間ギプスをしなければならない状態だという。
これによってティファニーは、膝のケガが完治するまで活動を中断して休養をとり、少女時代はしばらく<8人組>で活動を行う予定だ。
一方、少女時代は、新しいミニアルバム「Hoot」で韓国内の各種音楽チャートで1位を占め、音楽シーンを席巻しているのはもちろん、日本でも2番目のシングル「Gee」がオリコン・デイリー・シングルチャート1位を記録するなど、韓・日両国を行き交って大活躍中だ。

2010年11月19日 (金)

JYJ(ジェジュン・ジュンス・ユチョン)の「ワールドワイド・ショーケース」アメリカ公演、無料開催へ!

現在、「ワールドワイド・ショーケース」ツアーを世界規模で展開中のJYJ(ジェジュン・ジュンス・ユチョン)は、公演主催会社であるワーナー・ミュージックのJYJ-WEBサイトを通じて、アメリカでの公演を有料から無料に転換することを明らかにした。同ツアーは10月12日のソウル・高麗大学内での公演を皮切りに、バンコク、香港などのアジア公演を経て、このアメリカ公演が締めくくりとなる。
JYJの公演企画会社は、“ショーケース・アメリカ公演のために、十分な時間を持って関連書類を準備してビザ発給を申込んだが、ビザ発行が不可能だという通知を受け、その事由に対しては現在確認中だ。この場合、無料公演は可能だという弁護士の諮問を受けて、ニューヨーク・ラスベガス・LA公演を無料公演として進行することに決めた”と明らかにした。
「ワールドワイド・ショーケース」主催のワーナー・ミュージックの関係者は、“どんな理由でビザ発行がされなかったのか分からなくて戸惑った。しかし、ファンとの約束を守るために必ず公演は成功させなければならないというJYJのメンバー達の強い要請があった。現地スタッフはもちろんファンも感動している。アメリカ公演が問題なく進行出来るように総力を尽くす”と伝えた。
JYJは、“成功的なアメリカ進出のための過程の1つだと思う。無料か有料か、それは重要ではない。アメリカのファンに忘れられない最高の舞台をプレゼントする”と語りながら、“「ワールドワイド・ショーケース」のフィナーレとなる今度のアメリカ公演で、世界舞台に向けて準備してきた私達のすべての熱情を見せる”と強い意志を表した。
JYJの「ワールドワイド・ショーケース」アメリカツアーは、ニューヨークのHammerstein Ballroomで現地時間の11月12日夜7時に幕を上げる。
一方、JYJは、ワールドワイド・アルバム「The Beginning」のアメリカでの発売が12月に控えていて、同国でのコンサートなどの計画も立てているという。

キム・ヒョンジュンが日本の「スカパー!アワード2010」で、ベストドレッサー賞を受賞!

「スカパー!アワード2010」は、昨年10月から今年7月31日までの期間にスカパー!で放送された映画・アニメ・音楽・海外ドラマ・韓流・芸能・スポーツ・ドキュメンタリー・ニュースなどのジャンルの中から、各ジャンル別に最高の人気作品とアーティストを一般投票によって選出し、賞を授与する日本最大のコンテンツの祭典だ。
キム・ヒョンジュンは11月10日に開催された「スカパー!アワード2010」授賞式で、日本の人気スター達を追い抜いて、ベストドレッサー賞を受賞した。
キム・ヒョンジュンは2009年に放映されたドラマ『花より男子~Boys Over Flowers』と12月に放映予定の『いたずらなKiss』出演のほかにも、イベントなどを通じて日本で活動をしてきた。また最近、衛星チャンネルのDATVでは、彼を主人公にしたリアル・ドキュメンタリー番組「キム・ヒョンジュン~素顔のままで~」を放送して人気を集めている。
「キム・ヒョンジュン~素顔のままで~」は、ドラマ撮影現場はもちろん、キム・ヒョンジュンの日常生活まで紹介するリアリティ・プログラムで、キム・ヒョンジュンはこの番組を通じて、素晴らしいファッション・センスと日常の素顔を見せてくれている。

2011年初めに軍役入隊予定の俳優ヒョンビンが、最新主演ドラマ『シークレットガーデン』に強い意欲!

ヒョンビンは11月10日、ソウル・陽川区モクドンのSBS社屋で開かれたドラマ『シークレットガーデン』製作発表会に参加した。主人公を演じるヒョンビンは、このドラマが軍役入隊前の最後の出演作品となる。
韓国の男性なら誰もが経験しなければならない軍役。その入隊の時期がきたヒョンビンは、同作への強い意欲を示しながら、“入隊は来年初めくらいになると思っている。軍隊から帰ってきたらまた仕事を続けるのに、今なぜかもっと頑張りたいという気持ちがある。また、同作のキャラクターは1つだが、演技的には2人のキャラクターをこなさければならない。そういう意味でも、さらに頑張りたいという思いがある”と伝えた。
ヒョンビンはこのドラマで、米国有名大学を卒業した自己中心的な性格のデパートCEO、キム・チュウォン役を引き受けた。劇中で偶然、スタント・ウーマンのライム(ハ・ジウォン)と魂が入れ替わってしまうという役どころだ。つまり、<女性的な面貌>も演じなければならない。
ヒョンビンは、“今までシリアスな作品に出演して来たが、今度は視聴者達が楽しく見られる作品に出たかった。自然にたくさんの人々が見てくれると思う”と説明した。
ドラマ『シークレットガーデン』は、11月13日からSBSで放送が始まる。




最新映画ナビ関連ブログ