« 2010年8月 | メイン | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

<野獣アイドル>2PMが、日本歌謡界に本格的に進出する予定だ! 

9月22日、日本のサンケイスポーツを始め多くの日本の媒体が、「韓国の野獣アイドル、2PM日本進出」というニュースを伝えた。2PMの所属会社JYPエンターテイメント側も、“2PMがソニ-・ミュージックエンタテインメントと手を組んで、日本市場に本格的に進出する”と明らかにした。
まず11月24日に、2PMは今まで発表したミュージックビデオ&未発表ヒストリー映像、写真集が収録されている日本デビューDVD「Hottest,2PM 1st MUSIC VIDEO COLLECTION & The History」を発売する。このDVDは、日本で予約販売を始めて2日目にタワーレコード、HMVなど大型レコード店でチャート1位にランクインした。
また12月8日には、正規1集「1:59 PM」を発表し、同じ日(12月8日)に東京・両国国技館で「2PM 1ST CONTACT IN JAPAN」というタイトルでショーケースを開催する予定だ。
韓国で初めて<野獣アイドル>という新造語を作り出して、<野獣男シンドローム>を巻き起こした2PMの日本デビューは、現在、韓国ガールズグループが牽引役となっている日本国内の第3世代韓流ブームにさらに大きな変化をもたらすのか――ファンとアルバム関係者らの関心が集まっている。

4人組人気バンドのCNBLUE(シーエヌブルー)が台湾で、韓国歌手として初めて<ダブル・プラチナ>を記録!

CNBLUE(シーエヌブルー)の台湾版アルバムの流通を担当するワーナーミュージック台湾側は、“CNBLUEのファーストミニアルバム「Bluetory」とセカンド・ミニアルバム「Bluelove」が、それぞれ1万枚ずつ販売された”と明らかにした。
台湾では販売数が1万枚を突破すると<プラチナ・アルバム>として認められ、<ダブル・プラチナ>とは2枚のアルバムが同時にプラチナ・アルバムとして記録されることを意味する。台湾では以前にも、東方神起とスーパージュニア、SS501など韓国歌手のアルバムが発売されているが、ダブル・プラチナの記録は今回のCNBLUEが初めてだという。
ワーナーミュージック台湾側も、“ダブル・プラチナは異例のこと”と語りながら、CNBLUEの今後の可能性を高く見ている。
さらに現在、CNBLUEの新曲「一人ぼっち」が、台湾のモバイル音源チャートを席巻して高い人気を得ている。

韓国観光公社がスター参加型韓流ツアーを支援して、韓国の観光活性化をさらに推進!

韓国観光公社は9月25日、ソウル・三成洞COEXで開かれる俳優ヒョンビンのファンミーティングに、日本のファン約800人を含め中国・台湾・香港および韓国などアジア各国の1000人を越えるファンが参加する予定だと報じた。
このファンミーティングに参加するために韓国を訪問したファンは、2泊3日または3泊4日の日程で組まれた観光ツアー企画を通じてスターに会い、韓国観光も体験する予定だ。
同公社のイ・ビョンチァン日本チーム長は、“日本・中国はもちろん、全世界に広まった韓流ブームを観光需要としてさらに活性化させるためには、ファンミーティングのようなスター参加型の体験プログラムの活用も重要だ。また、韓国開催行事に、各国で高い人気を得ている韓流スターの積極的な協力を得て、外国からの観光客の誘致にもっと寄与するよう努力する”と伝えた。

2010年9月24日 (金)

トップスター、チャン・ドンゴンのハリウッドアクション映画『The Warrior’s Way』が12月、韓・米で同時公開!

映画『The Warrior’s Way』は、『マトリックス』『ロード・オブ・ザ・リング』の製作者バリー・オズボーンが、ニューヨーク大出身の韓国人監督イ・スンムが書いたシナリオに魅せられ、ハリウッド市場で堂々と勝負出来るような作品に仕上げようと意気投合して誕生したグローバル・プロジェクトの作品だ。
『The Warrior’s Way』は、この世で一番強い戦士(チャン・ドンゴン)が、砂漠の片隅にある人里離れた西部の村を訪ねて繰り広げる新しいスタイルのアクション大作で、韓国ではフリープロダクション段階から関係者達の多くの関心を集めてきた。
戦士へと生まれ変わったスター、チャン・ドンゴンと共演したハリウッド俳優達も豪華なメンバーで、一番先にシナリオを受け取りキャスティングにOKサインを出したジェフリー・ラッシュを筆頭に、ケイト・ボースワース、デニー・ヒューストンなど、ハリウッド最高の演技派俳優達がレベルの高い演技を見せてくれるはずだ。
特に映画『The Warrior’s Way』には、『300(スリー・ハンドレッド)』『シン・シティ』などで使われたマットペインティング技法を導入、セット製作とフルCG作業を巧みに組み合わせ、今まで一度もスクリーンで体験することが出来なかった強烈で新鮮な映像美を披露する予定だ。

“高校時代のニックネームはターミネーター” ――州知事シュワちゃんからカリフォルニア観光広報大使に任命されたイ・ビョンホン!

カリフォルニア観光広報大使に選ばれた映画俳優イ・ビョンホンが9月15日午前11時30分、ソウルのマリオットホテルで進行された任命式でカリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツネッガー氏に会って次のようなエピソードを語った。
イ・ビョンホンは、“ふだんから憧れてきたアーノルド・シュワルツネッガーカリフォルニア州知事にお会い出来て光栄だ”“実は高校生の時、私のニックネームがターミネーターだった。理由は筋肉ではなくて腕相撲が強かったので、そのニックネームで呼ばれた”と語った。
引き続きイ・ビョンホンは、“映画『G.I.ジョー』を通じて、カリフォルニアの美しさを経験した。世界で一番美しい場所だと思えるカリフォルニアを、韓国に広報する”と付け加えた。
イ・ビョンホンは今後、韓国旅行客にカリフォルニアを魅力的な旅行地としてPRする民間広報大使として活動する予定だ。2003年にカリフォルニア州知事に当選したアーノルド・シュワルツネッガー氏は今回、「貿易および投資の国際化ミッション〔Globalizing Trade and Investment〕」参加のために韓国を訪問して、韓国市場でのカリフォルニア観光増進のためにイ・ビョンホンを同広報大使に任命することになった。

韓・日で活躍中のタレント、ユン・ソナが自分のエッセイ集「小さな東京」を刊行!

ユン・ソナは9月14日午後2時、ソウル・江南区清淡洞のカフェで開かれた自らのエッセイ集「小さな東京」記者会見で、同書への所感を述べた。
彼女は、“10年間、日本で生活をしながら経験したさまざまなエピソードや日本の素朴な文化を紹介する内容になっている。華麗なイメージの日本ではなく、素朴な文化を見せようと努めた”と語った。続いて、“素朴なものが元々大好きだ”と付け加えた。
ユン・ソナは2001年に日本に進出して、芸能界生活を始めた。約10年間、外国で自分の領域を広げた彼女は、9月29日から放送されるKBS2の新しい水木ドラマ『逃亡者』に出演するなど、今も韓国と日本を行き交って旺盛な活動を続けている。

2010年9月22日 (水)

日本デビューに成功した韓国9人組ガールズグループ、少女時代の全盛期到来か!

少女時代の日本初シングル「GENIE」が、日本歴代海外女性アーティスト・デビューシングル史上で最高の販売数を記録して、オリコン・ウイークリーシングルチャート4位に上がった。
オリコンは9月14日午前の速報(http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/80014)を通じて、“韓国9人組ガールズグループ、少女時代の日本デビューシングル「GENIE」が発売初週に4万5千枚の売上枚数をあげて、9月20日付け週間シングルランキングで4位を記録した。ソロ歌手を含めて、歴代海外女性アーティスト・デビューシングル史上、最高記録を打ち立てた”と伝えた。
また、“8月25日に東京・有明コロシアムで開催した日本初ライブは、日本デビューの前にもかかわらず約2万2000人のファンを動員、日本のTVトップニュースで報道されるなど大きな話題を呼んでいる”と付け加えた。
一方、少女時代の今度のデビューシングルは、発売前から先行予約注文だけで8万枚を突破する異例の記録を立て、日本の「iTunes」ミュージック・ビデオチャート1位を含め、日本最大の着うた・着メロ音楽サイト「music.jp」およびレコード会社が運営する「recochoku」でも1位を占めるなど、アルバムはもちろん音源、ミュージック・ビデオチャートなどでも爆発的な人気を集めた。
また、8月11日に発売されたデビュー記念DVD「少女時代到来~来日記念盤~ New Beginning of Girls’Generation」は、8月23日付けの同DVD週間チャートの4位を記録し、さらに発売から約1ケ月過ぎた9月20日付け週間チャートでは前週12位から上昇して7位を記録、ロンクラン中だ。

カン・ドンウォンとコスの<目の演技対決>が見もの!新作映画『超能力者』のポスターが公開!

ホットな人気だけでなく演技力も兼ね揃えたカン・ドンウォンと、コスが共演する新作映画『超能力者』のポスターが公開されて注目を集めている。
内容は同作のクランクアップのお知らせと、カン・ドンウォン、コスの対決場面の顔写真だけだが、主要ポータルサイト検索ワードランキング1位に上がるほど高い支持を受けている。
特に今度公開されたこのポスターでは、二人の俳優の<目の演技対決>が見もの。目で相手の心を動かすことが出来る特別な能力を持ったエスパー、カン・ドンウォンと彼の超能力が通じないただ一人の相手であるコス――。カン・ドンウォンはウェーブヘアスタイルで憎悪いっぱいの鋭い目つきを、コスは悲壮さが感じられる強烈な目の演技で、共に個性を浮き立たせて対峙し、緊張感あふれる対決の始まりを予告している。
また、「化け物みたいなやつに会った」というキャッチコピーは、二人が一体どんな対決を繰り広げるかという期待感をさらに高めている。
映画『超能力者』は、超能力者とそのパワーが通じない男との対決という斬新な設定と、カン・ドンウォンとコスの演技の出会いで、公開前からファンの熱い関心を受けている。映画は11月に公開予定。

ムン・グニョンとチャン・グンソクが<仮想夫婦>に・・・11月放送開始のロマンティックコメディ・ドラマ『メリは外泊中』

話題の新作ドラマ『メリは外泊中』の男性主人公役にチャン・グンソクが決まったのに続き、ヒロイン役で女優ムン・グニョンがキャスティングされた。
同ドラマは、マンガ「フルハウス」などで知られるウォン・スヨン作家の作品で、WebToon(韓国のインターネット・マンガ・サイト)に掲載された人気マンガ「メリは外泊中」が原作。ドラマ『宮-Love in Palace-』『恋愛結婚』のイン・ウンア作家(脚本家)が同作の<仮想結婚>という新鮮な題材を通して、新世代の愛と結婚観を描くロマンティックコメディだ。
自由気ままな生活を送る大学生でインディーズバンドのリードボーカルであるカン・ムギョル(チャン・グンソ)と、お金もあってインテリでイケメンの完璧な男のジョンインという、最悪の条件と最高の条件を持つ二人の男と過ごす100日間の<仮想結婚>の中で、葛藤しながら本当の愛と自我を見つけるメリの物語である。
『シンデレラお姉さん』以来5ケ月ぶりにドラマに復帰するムン・グニョンが、ドラマ『メリは外泊中』で引き受けた役は、事業に失敗したパパと共にしんどい日々を送りながらも希望を失わず生きていく、楽天的な性格のウィ・メリ役。
同作についてムン・グニョンは、“題材と設定が新鮮で、キャラクターがとてもユニークで魅力的だ。<仮想結婚>という題材はいままでドラマで扱われていないものなのでプレッシャーもあるが、どういうふうに表現が出来るかときめいて緊張している”とコメントした。
ドラマ『メリは外泊中』は、KBS2の月火ドラマ『成均館スキャンダル』の次の作品として11月8日に放送開始の予定だ。

キャッチ!韓流イベント情報 SUPER JUNIOR-K.R.Y. チョン・イル シン・ソンロク Monday Kiz キム・ドンワン ほか(セレクト掲載)

[SUPER JUNIOR-K.R.Y.]
~SUPER JUNIOR-K.R.Y SPECIAL CONCERT in JAPAN>再追加公演~
■開催日時/会場:(1)2010年11月1日・2日神戸国際会館こくさいホール(神戸・中央区)
■開催日時/会場:(2)2010年12月1日・2日福岡サンパレス(福岡市・博多区)
■出演者:SUPER JUNIOR-K.R.Y.、ソンミン、ドンヘ

[チョン・イル]
~チョン・イル 日本公式ファンクラブ・オープン記念 ファンミーティング~
■開催日時/会場:2010年11月7日 山野ホール(東京・代々木)
■出演者:チョン・イル

[シン・ソンロク]
~シン・ソンロク 1st Fanmeeting in Osaka~
■開催日時/会場:2010年11月7日 ライティホール(東大阪市)
■出演者:シン・ソンロク

[Monday Kiz]
~Monday Kiz In Japan 2010~
■開催日時/会場:2010年11月7日 theatre1010(東京・足立区千住)
■出演者:Monday Kiz

[キム・ドンワン]
~キム・ドンワン『INTERSECTION』~除隊記念イベント~~
■開催日時/会場:2010年12月18日 品川インターシティホール(東京・港区港南)
■出演者:キム・ドンワン
※ファンクラブ会員最優先でチケット販売。




最新映画ナビ関連ブログ