« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月28日 (水)

韓国映画の15年間がひと目で見られるユニークな写真展が、ソウルで開催!

4月23日、ソウル・江南区新寺洞(シンサドン)のギャラリーLFで、「韓国映画の顔:CINE F.A.N写真展」がオープンした。
最近15年間の韓国映画の歴史をひと目で見られるこの写真展は、映画専門誌「シネ21」の創刊15周年を記念して、様々な映画製作現場を撮影した写真と、スタジオで撮影した俳優達の写真が展示されている。イ・ビョンホン、チャン・ドンゴン、ペ・ヨンジュン、チェ・ジウ、キム・ヘスなどのスター達の写真も多数あるという。
写真の販売収益金は、活動支援の一環としてシネマテーク専用映画館と独立映画専用映画館などに寄付される予定だ。そのために、俳優、監督ら本人が直接撮った未公開写真も寄贈されたという。4月24日~5月1日まで、同ギャラリーで開催される。

ダンスヴォーカル・グループ、超新星が映画に初挑戦!『君にラヴソングを』に出演して、新たな魅力をアピール!

2009年9月に日本正式デビューをした6人組<花美男>グループの超新星が、新しいシングルシリーズの発表を控えて、自分達の魅力をアピールするため、映画『君にラヴソングを』に実際のグループのままメンバー全員が出演した。
この映画は、歌とダンス、さらに演技指導なども受けて来た超新星の魅力を最大限に見せるために企画・製作されたもので、5月11日から東京のTOHOシネマズ六本木ヒルズを始め、大阪、名古屋、福岡の全国4都市にて4夜限定で上映される予定だ。
5月12日から3日間連続発売予定であるシングルシリーズの1つ「まごころ」の曲のイメージそのままに、メンバーのソンジェと視力を失った日本人少女ファンの純粋で切ない愛を描いたストーリーだという。男性主人公役を引き受けたソンジェは、“演技に興味があったので嬉しかった。日本語のシナリオを見た時、大変そうで心細かったが、スタッフの助けと多くの人の応援のおかけで完成した”とコメントした。
リーダーのユン・ハックは、“超新星と女性ファンのラブストーリーは、本当に起きそうな話だと思ってドキドキしながら演技した”と所感を伝えた。女性主人公役の南沢奈央は、“超新星の日本語が優れていて驚いた”という。
なお、今回連続リリースされるシングルは、5月12日に「まごころ」(『君にラヴソングを』主題歌)、13日「ALL ABOUT U」(同映画挿入歌)、14日「J.P.~REBORN~」(ガストCM曲の超新星ヴァージョン)。

ファンともっと身近に呼吸したい!6・7月、日本の6都市でコンサートツアーを敢行するRainの意気込み!

Rainが、6月22日から日本全国ツアーである「RAIN‘LOVE TOUR 2010’~RAIN LOVES ZEPP TOUR~」を開始する。 
Rainは4月17日、8ケ月間進行したアジアツアーの幕を閉じて、“(日本での)舞台に対する構想を終えた。公演に対する自信がいつもより溢れている。スペシャルアルバムと同じく<初心>に戻るという気持ちでスタートして、ファンにより身近な舞台を準備する”と語った。
今度のツアーは、今までより規模の小さな公演会場で「ファンと身近に呼吸したい」というRainの提案で実現することになった。
Rainは、6月22・23日に東京のZEPP Tokyo(以下、会場は各都市のZEPP)で公演をスタートし、25日に福岡、28・29日に大阪、さらに7月1・2日に名古屋、4日に仙台、5日に札幌と続き、全国6都市で計9回にわたってファンに会う計画だ。
すべての公演はスタンディングで進行されて、座席数は各3000席内外だという。10000席以上の大型公演を行って来たRainとしては、新しい形式の舞台となる。Rainは、“公演会場の規模は小さくなったが、準備することは多かった。ファンが満足出来るように努力する”と語った。
アジアツアーを終えたばかりのRainは現在、4月7日に発表したスペシャルアルバムのタイトル曲「君をつかまえる歌」を中心に活動中だ。

女性4人の人気グル-プ、2NE1がMTV「WS VMAJ」授賞式にゲスト招待される!

2NE1は5月29日午後6時、東京・国立代々木競技場第一体育館で開かれるMTV「ワールド・ステージ・ビデオ・ミュージック・アワード・ジャパン」(WS VMAJ)授賞式に参加する予定だ。
MTVのグローバル・ミュージックコンサートである「ワールド・ステージ」と結合して新しくなった今度のアワードには、世界中のミュージシャンの名前がノミネートされている。現時点での最多ノミネートは、全15部門中の5部門にエントリーされているアメリカの女性アーティスト、レディ・ガガだ。
韓国勢では、アイドルグループのBIG BANGと東方神起がそれぞれ「最高の新人アーティストビデオ賞」と「最高のグループビデオ賞」の候補にあがって、受賞への期待が高まっている。
現在、MTVジャパンサイトで全部門のユーザー投票が進行中で、5月9日まで投票が続く。

2010年4月22日 (木)

キャッチ!韓流イベント情報 イ・ジュンギ チャン・グンソク シン・ヘソン 4Minute 超新星 ミン・キョンフン [ZE:A ほか(セレクト掲載)

[イ・ジュンギ]
~2010 LEE JUN KI FANEVENT 『HERO IN JAPAN ~
■開催日/会場:2010年4月28日 横浜アリーナ
■出演者:イ・ジュンギ

[パク・シニャン]
~We Serve!!~Malawi Benefit 2010~パク・シニャンファンミーティング~
■開催日/会場:2010年5月6日 中野サンプラザホール
■出演者:パク・シニャン

[フィソン]
[~WHEESUNG 2010 CONCERT in JAPAN ~The Acoustic~~
■開催日/会場:2010年5月5日 ラフォーレミュージアム六本木
■出演者:フィソン

[4Minute]
~4Minute LIVE Energy Vol.1 『Muzik』~
■開催日/会場:2010年5月8日 Zepp Tokyo(東京・江東区青海)
■出演者:4Minute

[超新星]
~BREAK LIVE & FUN !at UNIVERSAL STUDIOS JAPAN(R)~
■開催日/会場:2010年5月9日 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪)
■出演者:超新星

[オ・マンソク]
~オ・マンソクJapan 1st FanMeeting~
■開催日/会場:2010年5月16日松下IMPホール(大阪)
■出演者:オ・マンソク

~GreenPluggedFestival~
■開催日/会場:2010年5月21日・22日 ソウル・ワールド公園内(ノウル公園)
■出演者:YB、ノーブレイン、MCスナイパー、アウトサイダー ほか

[ミン・キョンフン]
~BUZZ MIN KYUNG-HOON TOKYO LIVE 2010-再会-~
■開催日/会場:2010年5月27日 品川プリンス ステラボール
■出演者:ミン・キョンフン

~第16回愛してる~大韓民国2010 ドリームコンサート 鑑賞ツアー~
■開催日/会場:2010年5月22日(公演日) ソウル・ソウルワールドカップ競技場
■出演者:RAIN(ピ)、SS501、SHINee、U-KISS、2PM ほか
※出演者については、出演者の事情により変更される可能性があります。

[RAINBOW、大国男児]
~Seoul Train with RAINBOW&大国男児~
■開催日/会場:2010年5月28日 五反田ゆうぽうとホール(東京)
■出演者:大国男児、RAINBOW

[チャン・グンソク]
~JANG KEUN SUK ASIA TOUR in JAPAN~
■開催日/会場:2010年5月29日 五反田ゆうぽうとホール(東京)
■出演者:チャン・グンソク

[パク・ヘジン]
~パク・ヘジン スペシャルファンミーティング 2010~
■開催日/会場:2010年6月4日 都久志会館(福岡)
■開催日/会場:2010年6月6日 中野サンプラザ(東京)
■出演者:パク・ヘジン

[ZE:A]
~ZE:A First ファンイベント&ライブ~
■開催日/会場:2010年6月4日 横浜ブリッツ
■開催日/会場:2010年6月6日 大阪NHKホール
■出演者:ZE:A

[シン・ヘソン]
~2010 SHIN HYE SUNG LIVE CONCERT in TOKYO“Find voice in song”~]
■開催日/会場:2010年6月6日・7日 東京国際フォーラム Aホール
■出演者:シン・ヘソン

[SM☆SH]
~SM☆SH 3rd LIVE~GENESIS~~]
■開催日/会場:2010年6月12日 クラブチッタ川崎(神奈川県・川崎市)
■出演者:SM☆SH

[チョ・ヒョンジェ]
~チョ・ヒョンジェ 除隊お出迎えツアー~
■開催日/会場:2010年6月18日~20日 ソウル
■出演者:チョ・ヒョンジェ

2010年4月21日 (水)

女性の夢である<肌美人>!そしてついに男性達も<肌美男>になろうと、俳優ソン・ジュンギがビューティブックを刊行!

ソン・ジュンギが、<肌美男>を夢見る男性達のために一役買って出た。
ソン・ジュンギは男性芸能人の中で、初めて専門ビューティブック「肌美男プロジェクト」を4月13日発刊した。
「肌美男プロジェクト」は、男性化粧品と肌の管理に関する記事を充実させ、分かりやすく、面白く伝える男性専門の美容書だ。
ソン・ジュンギは、“男性芸能人の中で、最初にビューティブックに挑戦するようになった。今度の本を通じて、私の肌管理方法と経験談はもちろん、肌を大事にするノウハウなどを公開する。特別な方法ではなく、日常的な方法で肌がよくなることが出来る”と語った。

KBS 1の週末ドラマ『巨商金万徳』とKBS 2の月火ドラマ『金持ちの誕生』が、NHKグループに300万ドル(韓貨約34億ウォン)で販売された

KBSの番組を海外などに配給しているKBSメディアは4月13日、NHKグループのNHKエンタープライズに『巨商金万徳』の放送権を、NHKの別の関係会社には『金持ちの誕生』の放送権とビデオ版権をそれぞれ販売したと明らかにした。
KBSメディア事業チーム関係者は、“トータルで300万ドルにのぼる大型契約である。『巨商金万徳』は平民女性(妓生出身)の成功ストーリーを描いた新鮮な内容の作品で、30話という比較的短くて負担が少なかったというところが大きくアピールして、最高の値段で売れた”と明らかにした。また、エンターテイメントの大手流通会社であるTYUTAYA(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)に、『巨商金万徳』のビデオ版権を販売したと伝えた。
一方、撮影の現場では、ドラマ『巨商金万徳』の主人公イ・ミヨンが、気を失って救急車に運ばれたという。
イ・ミヨンは4月15日、声がまともに出なくなって高熱を伴っためまいを訴え、気を失った。製作陣は撮影中断を決め、イ・ミヨンを近くの病院に移送させた。連続する野外撮影と遠距離移動などで健康に無理を感じつつイ・ミヨンは、プロ精神を発揮して撮影を強行していたとのことだ。

ペ・ヨンジュン、パク・ジンヨンらが参画するドラマ『ドリームハイ』が、製作を本格化する!

4月2日、ペ・ヨンジュンが大株主のコンテンツ企業キイストと、音楽製作および俳優などのマネジメント会社であるJYPエンターテイメントが共同設立したドラマ制作会社「ホーリム」が、韓国内最大のケーブルチャンネルであるCJメディアと、ドラマ『ドリームハイ』製作協力のための業務提携協約を締結した。
『ドリームハイ』は、芸能芸術学校で起こる事件や葛藤を経験しながら成長する学生達の物語で、歌と踊り、演技などの楽しい見どころと共に、韓国内エンターテイメント産業の実際の姿も垣間見られる作品だという。
同作は現在、放送会社から番組編成のための問い合わせが殺到しており、さらに主演俳優などのキャスティングにも高い関心が示されている。またもう1つの話題として、大スターのペ・ヨンジュン、シンガーソングライターのパク・ジンヨンの出演可否と、(もし出演する場合)二人が劇中でどんな役で登場するかについても大きな関心が集っている。
そんなふうに出演が期待されるペ・ヨンジュンとパク・ジンヨンだが、制作のキーマンとしてもこのドラマに参画する予定だ。ペ・ヨンジュンは全体的な立場でドラマ企画およびプロデューシングで参加を、パク・ジンヨンは企画およびドラマ音楽・ダンスプロデューシングに参加する予定だ。ドラマ『ドリームハイ』は、2010年下半期放映を目標に準備中だ。

2010年4月16日 (金)

期待のドラマ『アイリス2~アテナ:戦争の女神』の女性主人公に、スエが選ばれた!

『アイリス2~アテナ:戦争の女神』(以下、『アテナ』)の話題が日増しに高まっているが、早めにキャスティングが決まったチョン・ウソン、チャ・スンウォンに引き続き、女性主人公にスエが確定されて、同作に対する期待感を倍加させている。
製作会社であるテウォンエンターテイメント側は、“『アテナ』に登場する2人の女性主人公は、国家危機防止機関(NTS::National anti-Terror Service)所属の分析官と特殊要員で、チョン・ウソン、チャ・スンウォンと共に、幾多の事件のさなかでメロなラブストーリーを形成していくようになる。スエが引き受ける役は、NTS所属の物静かな女性分析官と秘密組織所属の要員という2つの任務を行き交う二重スパイ<ユン・ヒェイン>で、複雑な感情の変化を体験するドラマチックな役どころだ。監督・作家など製作陣が満場一致で、美しい外貌だけではなく、完璧な演技力で対極を行き交う際の纎細な感情の変化をうまく表現出来るスエを選んだ”と明らかにした。
今まで主に穏やかで純粋な女性役を演じてきたスエだが、今度のドラマ『アテナ』では、これまでの女らしくて美しいイメージと共に、クールで強力なアクションをも駆使する血も涙もない<冷血スパイ>の魅力を演じる予定だ。
第46回「大鐘賞映画祭」女優主演賞を受賞した『あなたは遠いところに』や、『炎のように蝶のように』などで優れた演技力を見せたスエは、映画『深夜のFM』の撮影が終わり次第、武術演習を始めて、『アテナ』の制作に合流する。
チョン・ウソン、チャ・スンウォン、スエを中心とした派手なキャスティングを取り揃えた『アテナ』は、ヨーロッパ・日本など6ケ国にわたる海外ロケを通じて、『アイリス』(イ・ビョンホン主演)よりもさらに巨大なスケールと見どころをファンにプレゼントする予定だ。今年の下半期放送を目標に、6月に撮影をスタートする。

映画『キム・ジョンウク探し』の男女主人公に、イム・スジョン、コンユがキャスティングされた!

映画のもととなるミュージカル「キム・ジョンウク探し」は、2006年に初演されたシーズン1から今までに約1200回公演され、その間、チケット販売率90%を記録してミュージカル作品の伝説的な興行記録を持っている作品だ。
20~30代の女性観客はもちろん、異例のことだが男性観客が高いシェアを記録するなど、熱い呼応と認知度の高さを見せている。
また、第11回「韓国ミュージカル大賞」の女優賞、男性(俳優)人気賞を受賞。さらに、第1回「ザ・ミュージカルアワード」の助演男優賞、作詞・シナリオ賞、男性(俳優)および女性(俳優)人気賞など4部門を受賞して、同アワードの「2006年 最高の創作ミュージカル部門」1位に選ばれたことがある人気作品である。
映画『キム・ジョンウク探し』に投資を決めたCJエンターテイメントは、“韓国内の創作ミュージカルが商業映画として製作される初めての事例ということで、非常に大きな意味がある。ミュージカルで人気を得ていただけに、映画でも観客達に大きな愛を受けることを期待する”と意欲的にコメントした。
さらに製作会社側は、“女性主人公にイム・スジョン、除隊の前からラブコールを受けていたコンユが男性主人公にキャスティングされて、今月末から撮影に入り、下半期に公開する計画だ”と伝えた。
原作者であるチャン・ユジョン作家が直接メガホンをとる映画『キム・ジョンウク探し』は、ある女性がインドで出会った初恋の男性<キム・ジョンウク>を探す旅の模様を描く。そして結局、彼女と、彼女の初恋の相手を一緒に探す男性がいつしか恋に落ちるという、愉快なロマンティックコメディ作品だ。




最新映画ナビ関連ブログ