メイン | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月26日 (金)

ジュンスが熱演して話題になったミュージカル『モーツァルト』が4月、中国での興行に進出する!

『モーツァルト』の興行会社テアトロ代表は、“アジア興行(公演)のために、中国のプロデューサーを招待し協議して、中国で公演をすることにした。2時間50分の公演が、2時間のコンサート形態で進行される予定” と明らかにした。『モーツァルト』製作会社側は、“北京で10回、ハルビンで5回の公演を開催する予定”と語った。
1月、韓国内で初演されたオーストリア・ヴィアンナミュージカル『モーツァルト』は、モーツァルトの音楽人生と人間的な姿を描く。オーストリア劇場協会から、歴史ある国家と権威ある劇場の公演だけにライセンス許可が認められる作品で、韓国公演は世界で5番目に成立したという。
オーストリア・ハンガリー・日本などで1000万観客を動員した『モーツァルト』は、原作者シルヴェスター・リヴァイ(Sylvester Levay)と劇作家ミヒャエル・クンチェ(Michael Kunze)の共同作品として話題となった。

Rainが3月、ソウルで写真展を開く!

ニコン・イメージングコリアは、Rainが3月12日~21日まで、ソウル・新寺洞にある「星カフェ」で写真展を開催すると2月22日に発表した。
この写真展では、Rainが直接撮影したファンの姿とファンがRainを撮った写真などを展示する。
ニコン・イメージングコリアは、Rainが写真展を準備する過程を<D5000>(カメラ商品)TV広告で22日から見せる。
ニコン・イメージングコリア関係者は、“この写真展の(本当の)主催者はファンで、Rainがコンサートで直接撮ったファンの写真などが展示される”と言いながら、“入場料は無料で誰もが観覧可能だ”と伝えた。

2010年2月25日 (木)

東方神起のユノユンホが、『Band from Michael Jackson's This Is It the Movie with U-Know』に出演!

初めての韓米合作プロジェクトとして企画された『Band from Michael Jackson's This Is It the Movie』に出演する韓国のアーティストに、東方神起のユノユンホが最終確定された。
S2エンターテイメントによると、韓国の多くのアーティストの資料をアメリカに送って協議した中で、東方神起のユノユンホが今度の公演に相応しいアーティストだという賛辞を米国側から得たという。その結果、韓国での公演タイトルは、『Band from Michael Jackson's This Is It the Movie with U-Know』に最終確定された。
この公演でユノユンホは、マイケル・ジャクソンのパフォーマンスを見せる予定で、3月初めにアメリカのラスベガスに出向き、現地公演チームと共に集中的な歌と振付の演習に突入する。
特に今度の公演は、徹底的な構成を行ってマイケル・ジャクソンが直接企画した「This Is It」公演をそのまま再現されるとされており、多くのファンから凄い関心を集めている。
現在、アメリカ現地で最後の調整作業中で、2月26日に報道資料を通じて最終出演陣と公演内容が明らかにされる予定だ。
SBSが主催、S2エンターテイメントおよびパラゴンミュージックコーポレイションが共同で製作する『Band from Michael Jackson's This Is It the Movie with U-Know』は、3月2日に予約をオープンする。公演は3月27日・28日に、ソウル・龍山戦争記念館<平和の広場>で開かれる予定だ。

ブロックバスター戦争映画『マイウェイ』に、初共演のチャン・ドンゴン、ソン・イェジンがキャスティングされた!

一千万人もの観客を動員するという意味の<韓国映画千万神話>という異名を持つカン・ジェギュ監督の新作映画『マイウェイ(仮題)』に、チャン・ドンゴン、ソン・イェジンのキャスティングが確定された。
映画『マイウェイ』は、第2次世界大戦のノルマンディー上陸作戦を背景として、日本軍に徴集され、やがてドイツのナチ兵となった韓国人男性のストーリーを描いたブロックバスター戦争映画だ。
ソン・イェジンが演じるヨンヒは、第2次世界大戦に参戦した韓国人男性と日本人男性の間で交錯した運命に葛藤しながら、愛のため悩むヒロインである。(チャン・ドンゴンは、韓国人の男性デシク役とのことだが、詳細は今後発表の予定。また、日本人俳優は調整中)。
韓国を含めてドイツ・中国などで撮影が進行される予定で、製作コストは約300億ウォン規模で、韓国・中国・日本が製作に参加する。
一方、3月6日には、ソウルでチャン・ドンゴンのファンミーティングが予定されており、この日に女優コ・ソヨンとの結婚に関する内容が含まれているかどうかも熱い関心を集めている。

イ・スンギ、ハン・ヒョジュ主演の人気ドラマ『華麗なる遺産』が、3月初めからフジテレビ(地上局)で放映!

SBSコンテンツハブ(www.sbscontentshub.co.kr)は、SBS特別企画『華麗なる遺産』が日本の地上波、フジテレビで3月2日から放送される予定だと発表した(放送枠は昼2時台の予定)。
『華麗なる遺産』は、ニューヨーク留学から一転、天涯孤独の身になった女性が掴むシンデレラ・ラブストーリー。いっぺんに不幸なことが続いて起こったコ・ウンソン(ハン・ヒョジュ)が偶然、天敵ともいえる傲慢な御曹司、ソン・ウファン(イ・スンギ)のお婆さんから遺産を受け継いで巻き起る人間関係と恋模様などを描いている。
イ・スンギ、ハン・ヒョジュの主演二人が熱演を繰り広げ、2009年の韓国放送当時には最高視聴率46%を記録した人気ドラマだ。
また、昨年11月に台湾で放送されて高い視聴率を記録するなど、アジア全地域で良好な反応を得ている。このような人気の反映なのか、日本でもフジテレビのBS系やCS系などの衛星チャンネルではなく、直ちに同局の地上波チャンネルに編成されたという。
『華麗なる遺産』は、フジテレビで放送後、BSフジでの放映も検討中だと伝えられている。

タレントのコ・ヒョンジョンが新作ドラマ『大物』出演を確定して、クォン・サンウと演技呼吸を合わせる

コ・ヒョンジョンは、ドラマ『大物』出演について悩んだが、最終的に出演を決めた。コ・ヒョンジョン側が作成した契約書には、クォン・サンウが男性主人公として出演しなければならないという内容が明示されているという。同作の製作をめぐっては一度、葛藤が起こったことがある。
2008年、同作主演としてコ・ヒョンジョンとクォン・サンウがキャスティングされたが、製作会社の事情で撮影延期になり、コ・ヒョンジョンは『善徳女王』に出演。そのためコ・ヒョンジョンが製作会社と事前協議なしで他のドラマに出演したということで契約金返還訴訟の問題が起こった。だが以後、円満に合意、コ・ヒョンジョンが次の作品として『大物』を決めた。
クォン・サンウも2年前から『大物』出演を念頭に置いていたので、大きな異変がなければ出演は成立することになると予想される。クォン・サンウ側は、詳細な調整が残っているが口頭で出演を通知した状態だと伝えた。
『大物』は、5月から撮影に入る予定だ。コ・ヒョンジョン、クォン・サンウの出演に、韓国だけでなく、日本・中国でも大きな影響を生み出すと思われる。
『大物』は、パク・インクォンの同名マンガが原作で、男性主人公ハル(クォン・サンウ)が、ヒロインのソ・ヘリム(コ・ヒョンジョン)を韓国初の女性大統領にしていくというストーリーのドラマである。

SHINeeのマネージャーがファンに暴力をふるった時の動画がネット公開され問題に・・・

2月17日、あるインターネットサイトに、アイドルグループのSHINeeのマネージャーがSHINeeに近付く女性ファンの頭を後ろから一回殴る動画が公開された。ネチズン達は、“ファンが駆け寄ろうとしたとしても、暴力はひどいのではないか”と、所属会社SMエンターテイメント側に公式謝罪を要求した。
SMエンターテイメント関係者は、この動画に対して、“去年8月、スケジュールをこなしながら移動中に生じたことのようだ。このようなことが起こって、ファンの皆様に深くお詫び申し上げる”と公式に謝罪した。続けて、“二度とこんなことが繰り返されないように、会社と職員全員で最善を尽くす。もう一度、お詫び申し上げる”と重ねて強調した。

2010年2月23日 (火)

キャッチ!韓流イベント情報 チョン・ジョンミョン、K.Will、Lee Hyun、BobbyKim、ユリサンジャ、オ・ジホ SHINee、f(x)、T-max、ほか(セレクト掲載)

~真!韓国映画祭~
■開催日/会場:2010年2月27日~3月19日 ポレポレ東中野(東京・中野区)
■出演者:イム・スルレ監督、ノ・ジンス監督、プ・ジヨン監督、オ・ジョムギュン監督

[超新星、V.O.S、pixy]
~FNSチャリティキャンペーン 韓国ミュージック・フェスティバル~
■開催日/会場:2010年3月5日 神奈川県民ホール(横浜)
           2010年3月7日 大阪国際会議場メインホール(大阪)
■出演者:超新星、V.O.S、pixy

[EVAN]
~EVAN 1st LIVE CONCERT in TOKYO 2010~
■開催日/会場:2010年3月6日 Shibuya DUO(東京)
■出演者:EVAN

[キム・ナムギル]
~キムナムギル ファンミーティング IN ソウル~
■開催日/会場:2010年3月6日~8日 ソウル
■出演者:キム・ナムギル

[チョン・ジョンミョン]
~『チョン・ジョンミョン』プレミアム・ファンイベント In Japan 2010~
■開催日/会場:2010年3月7日 グランドプリンスホテル新高輪・大宴会場「飛天」(東京)
■出演者:チョン・ジョンミョン、K.Will

[CNBLUE]
~CNBLUE 1st Album Release Live ~ThankU~~
■開催日/会場:2010年3月20日 渋谷クラブクアトロ(東京)
■出演者:CNBLUE

[[ユン・サンヒョン、コン・テユ]
~韓流!“語楽”ナイト~
■開催日/会場:2010年3月25日 ゆうぽうとホール(東京)
■出演者:ユン・サンヒョン/細川茂樹/大沢あかね/コン・テユ/小倉紀蔵

[Lee Hyun(イヒョン)]
~Lee Hyun LIVE&EVENT in Japan~
■開催日/会場:2010年3月27日 SONANTA(東京・板橋区)
■出演者:Lee Hyun(イヒョン)

[BobbyKim、December]
~SOUL MUSIC STREAM 3.28 in Billboard Live OSAKA~
■開催日/会場:2010年3月28日 ビルボードライブ大阪(大阪)
■出演者:BobbyKim(ボビー・キム)、December

[ユリサンジャ]
~ユリサンジャ JAPAN 1st コンサート~
■開催日/会場:2010年4月11日 ラ・フォーレミュージアム六本木(東京)
■出演者:ユリサンジャ

[オ・ジホ]
~オ・ジホ ファンミーティング&Happy Birthday~
■開催日/会場:2010年4月23日 九段会館ホール(東京)
■出演者:オ・ジホ

[SHINee、f(x)、T-max、キム・ボム、ク・ヘソン]
~New Generation -Live in YOKOHAMA-~
■開催日/会場:2010年4月24日 パシフィコ横浜 国立大ホール(横浜)
■出演者:SHINee、f(x)、T-max、キム・ボム、ク・ヘソン

~サー・ロジャー・ノリントン指揮 シュトゥットガルト放送交響楽団 ソリスト:パク・ヘユン~
■開催日/会場:2010年5月12日 横浜みなとみらい ホール(横浜)
           2010年5月13日 サントリーホール 大ホール(東京)
■出演者:パク・ヘユン ほか

2010年2月19日 (金)

韓流スター、クォン・サンウが日本で歌を発表、歌手デビューする!

日本の産経スポーツは 2月16日付でクォン・サンウとのインタビューを通じて2月19日・3月19日、2ケ月連続で発売するプライベートDVD「クォン・サンウ DREAM IN JAPAN ~心の扉を開いて~PARTⅠ・PARTⅡ」に、日本語歌詞で歌った「Missing」「Tears For Love」の2つの曲を収録して歌手デビューすると伝えた。
クォン・サンウは同紙とのインタビューで、“全国ツアーもしたい”と歌手としての抱負を明らかにした。現在、映画『砲火の中へ』撮影中のクォン・サンウは、このインタビューを通じて日本のファンに、“変わらず応援してくれて本当にありがとうございます”とメッセージしている。
クォン・サンウは昨年8月に、日本の芸能企画会社と日本での体系的な活動を計画した。日本のファンに歌を歌ってあげたかったという彼は、2月24日に大阪、26日に東京で開かれるファンミーティングで2つの曲を披露する予定で、ファンの期待を集めている。
DVDには、普段行きたかった所に行って楽しむクォン・サンウの自然な姿を写した旅行記や、日本語レコーディングシーン、NG映像なども含まれている。

イ・ビョンホンとハン・チェヨンが出演する映画『インフルエンス_The Influence』の話題のポスターが公開!

キャスティング以外はベールに包まれていたミステリー・デジタル・ブロックバスター映画『インフルエンス_The Influence』(監督イ・ゼギュ)の強烈なイメージのポスターが披露された。
見る人の視線を捉えるのは、もちろんイ・ビョンホンの圧倒的なカリスマ性だ。イ・ビョンホンは、ミステリーな空間<DJC>で人々を導くW役を演じた。目線だけで、映画のミステリアスな雰囲気を100%表現しているという好評が続いている。
『インフルエンス_The Influence』は、今までのブレンデッド・エンターテイメント(Branded Entertainment)の枠を超えて、最高の俳優、最高の監督、忠武路(チュンムロ)最高の映画製作陣と同作の製作会社ウインザーエンターテイメントが完成した作品だ(ソウルの忠武路は映画会社が多く集まるエリアで、韓国映画の代名詞的ともいえる存在)。
『インフルエンス_The Influence』は、時が流れても変わらずに守られる約束と、その約束を守るため選択の岐路に置かれた主人公達が繰り広げる3つのエピソードを描いている。同作は3月初め、オンラインを通じて最初に公開される。




最新映画ナビ関連ブログ