ユン・ヨジョン(윤여정,Yuh-Jung Youn)

2021年4月30日 (金)

ユン・ヨジョン、ブラッド・ピットの匂いの質問に「犬じゃない」と一蹴

ユン・ヨジョンユン・ヨジョン(73)が、アカデミー賞式典のレッドカーペットで、ブラッド・ピットの匂いについて質問され「犬じゃないから」と答えた。現地時間25日(日)の同式典にて、『ミナリ』で助演女優賞に輝き、ブラッドからトロフィーを授与されたユン・ヨジョンは、舞台裏でブラッドはどんな香りだったかとレポーターから質問され「匂いなんて嗅ぎませんでしたよ。私は犬ではありませんから」と素早く返した。 受賞者が発表された時は、非常に驚いたというが、さらにブラッドが、自らの韓国名を上手に発音できたこともビックリしたそうだ。受賞の際、ユン・ヨジョンは、同じくノミネートされていたマリア・バカローヴァ(『続?ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』)、グレン・クローズ(『ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌』)、オリヴィア・コールマン(『ファーザー』)、アマンダ・サイフリッド(『Mank/マンク』)と比較されるべきではないとして、「全員が異なる映画での受賞者」だと話した。

2021年4月26日 (月)

ユン・ヨジョン、アカデミー賞ノミネートはオリンピック出場みたい!?

ユン・ヨジョンユン・ヨジョン(73)は、アカデミー賞のノミネーションは、母国のために受賞を狙っているようでストレスを感じるという。『ミナリ』での演技で助演女優賞候補に挙がっているユン・ヨジョンだが、今月25日(日)に開催される式典で受賞となれば、韓国出身女優として初の快挙となる。しかし、そのプレッシャーで国を代表するオリンピックの選手のような気分になっているそうだ。しかし、ユン・ヨジュン本人は、ほかの人と演技で競い合う必要性はないと考えているため、ノミネートされた時点で、「受賞したようなもの」と捉えているそうだ。ユン・ヨジュンは、すでに同作品で全米映画俳優組合賞と英国アカデミー賞に輝いている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ