ヨルゴス・ランティモス(Yorgos Lanthimos)

2019年12月19日 (木)

ヨルゴス・ランティモス監督、次回作は『ホークライン家の怪物』映画化?

191218_03『女王陛下のお気に入り』のヨルゴス・ランティモス監督が、小説『ホークライン家の怪物』の映画化に向けて交渉中のようだ。作家リチャード・ブローティガンによる同小説を原作としたこの作品では、家の中にいる何かを退治するよう若い女性に依頼された2人のガンマンの姿が描かれる。映画化に向けては、長年企画が進められてきており、以前はハル・アシュビーが監督に予定されていた。一時は、ジャック・ニコルソン、ハリー・ディーン・スタントン、ジェフ・ブリッジスらがキャストに挙げられていたが、実現には至っていなかった。一方、ランティモス監督の前作『女王陛下のお気に入り』でアカデミー助演女優賞にノミネートされたエマ・ストーンは、オリヴィア・コールマンやレイチェル・ワイズといった素晴らしい共演者たちと一緒に作品を作らせてくれた監督には一生の恩を感じると感謝の気持ちを表していた。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ