ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(Yahya Abdul-Mateen II)

2020年2月20日 (木)

ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、新作「マトリックス」のアクションシーンが楽しみ

ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(33)は、「マトリックス」第4弾で、スタントシーンを自ら演じることを楽しみにしているという。来年5月の公開が見込まれている同人気シリーズの新作に出演するヤーヤが、アクションシーンへの意気込みを吐露した。『アクアマン』や『アス』への出演が記憶に新しいヤーヤは、以前から同シリーズの大ファンだそうで、オリジナル版の映画を何回も見た本物だと公言している。18年ぶりとなるシリーズ新作は、1999年に公開されたオリジナル作から2003年公開の『マトリックス リローデッド』『マトリックス レボリューションズ』に引き続き、キアヌ・リーブスとキャリー=アン・モスがネオとトリニティ役を演じることが決定している一方、ジェイダ・ピンケット・スミスがニオベ役を続役するほか、ヤーヤやジョナサン・グロフ、ジェシカ・ヘンウィックなど新たな顔の参加も発表されている。しかし、前3作でエージェント・スミス役を演じてきたヒューゴ・ウィーヴィングは、舞台作『ザ・ヴィジット』とスケジュールが重なってしまったことを理由に降板している。

2019年10月15日 (火)

ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、「マトリックス」第4弾に出演か

ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世が、「マトリックス」シリーズ最新作に出演することになりそうだ。同作品のメガホンを取るラナ・ウォシャウスキー監督は、ある役について俳優達と面会を続けており、その中で最近では『アクアマン』が記憶に新しいヤーヤが最有力候補となっているようだ。 すでに、このシリーズ第4弾では、キアヌ・リーブスとキャリー=アン・モスが、それぞれネオとトリニティ役を再び演じることが発表されている。妹のリリーと共に同シリーズを創り上げたウォシャウスキーはまた、アレクサンダル・へモンとデヴィッド・ミッチェルと脚本を共同執筆し、さらにグラント・ヒルと共に製作も手掛ける。1999年に第1作が公開された「マトリックス」シリーズは、2003年に続編となる『マトリックス リローデッド』と『マトリックス レボリューションズ』が製作されている




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ