ウィノナ・ライダー(Winona Ryder)

2015年12月11日 (金)

ウィノナ・ライダー、マーク・ジェイコブス・ビューティの新しい顔に起用

ウィノナ・ライダーウィノナ・ライダーが、マーク・ジェイコブス・ビューティの新しい顔に起用された。ウィノナといえば2001年にマーク・ジェイコブスの760ドル(約9万3000円)相当の上着を含むデザイナー物のアイテムの万引きにより逮捕されているが、14年経った今はそれも過去のこととなり、同ブランドの2016年スプリングコレクションの新広告モデルとして登場している。ウィノナが米百貨店のサックス・フィフス・アベニューでの万引きで有罪を受けた際には、高額の罰金に加え、480時間の社会奉仕活動やカウンセリングに行くことが課せられた。4年後には罪の程度が軽罪にまで引き下げられたものの、2005年12月まで執行猶予が付いていた。

2011年12月16日 (金)

ウィノナ・ライダー、『The Iceman』に出演へ

ウィノナ・ライダーウィノナ・ライダーが、アンソニー・ブルーノの著作を映画化した『The Iceman』で、降板したマギー・ギレンホールの後任を務めることになった。実話を元にしたこの作品でウィノナが演じるのは、夫のリチャード・ククリンスキが悪名高いマフィアの殺し屋だということに気づかなかった、妻のデボラ・ククリンスキ役。同作に関しては先日、ミスター・ソフティーの名で知られるロバート・プロンジ役を当初予定されていたジェームズ・フランコからクリス・エヴァンスへ引き継がれることが発表されたばかり。そのほかにも、ギャングのボスであるロイ・デメオ役は、ベニチオ・デル・トロからレイ・リオッタへと変更されている。アンソニー・ブルーノの「氷の処刑人」を基にアリエル・ブロメンが脚本を執筆しているこの作品の監督には、モーガン・ランドが予定されている。

2011年4月22日 (金)

ウィノナ・ライダーがジェームズ・フランコと共演へ

ウィノナ・ライダーウィノナ・ライダーが主演を務める『The Stare』に、ジェームズ・フランコが出演することが決定した。ウォーターストーン・エンターテイメント社の第1作目となる作品で、ジェームズは製作も兼ねている。スランプに苦しみながらも新作舞台に向けて準備を進める女性劇作家が、誰かに監視されていると感じたり、何者かが自分を陥れようとしていると思い始め、それが現実なのか正気を失っているのかわからずに悩まされるというストーリー。ジェームズは舞台に登場する役者の一人を演じるという。監督・脚本は、ジェームズが在籍するニューヨーク大学の大学院で映画監督コースの主任を務めるジェイ・アナニア。

2010年12月30日 (木)

ウィノナ・ライダーが、キャリアに危機感

ウィノナ・ライダーは、39歳という年齢にキャリア上の難しさを感じているそうだ。2001年の万引き事件でキャリアを台無しにしてしまったウィノナは、最近アカデミー賞のノミネートが確実視されている『ブラック・スワン』でナタリー・ポートマン扮するバレリーナに主役の座を奪われるという役どころを演じているが、まさにハリウッドで起きていることと同じで、自身の立場と重なることが多かったそう。また、今もしも出産したら、2年後に女優復帰できるかもわからないと不安に思っているようだ。

2010年12月 8日 (水)

ウィノナ・ライダーが、アンジェリーナ・ジョリーと友達になれなかったことに遺憾の意

ウィノナ・ライダーは、親友になれると思って自らがプロデュースと主演をかねた『17歳のカルテ』でアンジェリーナ・ジョリーをキャスティングしたが、実際にはアンジェリーナから距離を置かれているそうだ。万引き事件などで世間を騒がせているウィノナは、当時堂々と自分の性癖やドラッグ癖などを公言していたアンジェリーナが同じ問題を抱えて悩んでいると思い込み、よき理解者で相談相手になれると思ったそう。しかし、実際には同作の出演後にたった一回、賞関係の会場で会っただけだそうだ。

2009年11月23日 (月)

ウィノナ・ライダーが、『Black Swan』に出演

ウィノナ・ライダーが、既にナタリー・ポートマンの出演が決まっているバレエ映画『Black Swan』に出演することが明らかになった。同作は、ニューヨーク・シティ・バレエ団バレリーナたちを描いた作品で、ポートマンはニーナ、ウィノナはプリマバレーリーナのべスに扮するそうだ。なお、ヴァンサン・カッセルも出演し、『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督がメガホンを取る同作は、年内にNYで撮影が開始される予定。

2008年12月11日 (木)

ウィノナ・ライダーが、総額約1250万円のジュエリーを窃盗!?

ウィノナ・ライダーが、ブルガリから借りたダイヤのジュエリーを紛失したことが明らかになった。ウィノナは、スペインで開催されたマリ・クレール誌主催のパーティーに出席するためにブルガリから総額約1250万円のダイヤの指輪とブレスレットを借り受けたが、パーティー終了後に指輪とブレスレットを封筒に入れ、フロントに保管を頼んだと主張。しかし、フロント側が受け取りを否定している上に、今のところ、監視カメラには、フロントに出向くウィノナの姿は見あたらないそうだ。

Photo:アフロ

2008年11月28日 (金)

ウィノナ・ライダー、飛行機の中で倒れる! ピルが原因か…!?

ウィノナ・ライダーが、飛行機の中で倒れ、病院に運び込まれていたことが明らかになった。ウィノナは、ロスからロンドンに向かうブリティシュ航空機内で気分が悪くなり、顔面蒼白状態になったそう。客室乗務員や乗客たちの間で大騒ぎになったそうだが、この事態を受けて、予定より22分も早くヒースロー空港に緊急着陸し、病院に運ばれたそうだ。ウィノナは1時間半ほど病院におり、胃の洗浄を受けたといわれているが、体調不良の原因は明らかになっていない。しかし、以前から精神安定剤の過剰摂取や多種類のピルを同時に服用していることから、これらが関係している可能性が高そうだ。

Photo:アフロ

2008年9月 1日 (月)

ウィノナ・ライダー、破局! 早々とあの女優の元夫に乗り換え!

ウィノナ・ライダーが、3月に婚約説が流れたギタリストの恋人ブレイク・セネットと破局したことが明らかになった。2人は昨年新作『Water Pills』で知り合い意気投合。10月から交際を始めてからは順調で、ウィノナがコンサート会場に駆けつける献身振りを見せていた。破局の原因は明らかになっていないが、振られたウィノナはご傷心のよう。しかし、既にドリュー・バリモアの元夫でコメディアンのトム・グリーンとデートしている姿が目撃されており、ウィノナが振ったのかも知れない。

2008年5月30日 (金)

キアヌ・リーブスとウィノナ・ライダーが交際?

3月にパーカー・ポージーとの交際が発覚したキアヌ・リーブスと、リロ・カイリーのギタリストのブレイク・セネットと約1年間交際を続けてきたウィノナ・ライダーが、交際をしているそうだ。1992年に『ドラキュラ』でも共演していた2人が再び出会うきっかけになったのは、新作『The Private Lives of Pippa Lee』の撮影現場。知り合ってすぐに意気投合したようで、撮影の合間には、セットかトレーラーなどで一緒に過ごしており、すっかり恋人ムードのようだ。

(C)Eric Ryan/Getty Images




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ