トム・ヒドルストン(Tom Hiddleston)

2017年4月18日 (火)

トム・ヒドルストン、ヌードシーンも問題なし!

トム・ヒドルストントム・ヒドルストン(36)にとってドラマや映画の中でヌードになることはなんの問題もないそうだ。映画『ハイ・ライズ』やBBC製作のTVドラマ「ザ・ナイト・マネージャー」などでヌードを披露してきているトムだが、そのシーンがストーリーにとって重要なものであったため裸になることに異存はなかったという。Star2.comのインタビューの中でトムは「どちらのヌードシーンも実際ストーリーに関連するものだったからね。もしみんなが映画の基となったJ・G・バラードの小説「ハイ・ライズ」を読めば分かると思うけど、ラング医師がマンションの25階に引っ越してきてから誰にも見られないと思って裸で日光浴をする場面があるんだ。それ以外のシーンでは彼はいつも服を着ているんだよね。彼の服は、鎧のようなものなんだよ。だからそれは個人的に裸をさらしたとかではなく、シーンの一部なんだ。自分自身は傷つきやすいと信じきっている男が次第にそうではないことに気づいていく姿についてなんだよ。もしそういうシーンがストーリーの一部なら、僕はなんの問題もないんだ」と語った。

2017年1月12日 (木)

トム・ヒドルストン、ゴールデン・グローブ賞でのスピーチを謝罪

トム・ヒドルストントム・ヒドルストンが、先日のゴールデン・グローブ賞での自身のスピーチについて謝罪した。1月8日(日)に行われた同式典で『ナイト・マネージャー』にてミテッドシリーズ/テレビムービー部門の主演男優賞を受賞したトムだが、南スーダンについて語ったその受賞スピーチが長くてつまらなかったとソーシャルメディアに非難が集まっていることを受け、フェイスブックに謝罪コメントを発表した。そこでトムはとても緊張していたため、勝手に言葉が出てきてしまったとし、ユニセフUKや国境なき医師団、国連WFPに向けて辛抱強く活動をしている人達の素晴らしい勇敢さと勇気、そして最も難しい状況の中で希望と喜びを探し続ける南スーダンの子供たちに敬意を表したかっただけだと説明した。

2016年10月24日 (月)

トム・ヒドルストン、クレイアニメ『Early Man』出演へ

トム・ヒドルストントム・ヒドルストンが、クレイアニメーション『Early Man』に声の出演をすることが決定したようだ。トムは10月20日(木)、同作品のメガホンを取るニック・パーク監督とオンラインミーティングをしている写真をインスタグラムに投稿し、今回のニュースをファンに報告している。同作品は、すでに出演が明らかになっているエディ・レッドメインが声をあてる主人公の原始人ダグとその友人ホグノブがチームを組み、ダグの部族を再集結させ、敵に立ち向かうというストーリーになるようで、トムはダグの敵ロード・ヌースを演じる。『マウス・タウン ロディとリタの大冒険』『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』などを世に送り出してきたアードマン・アニメーションズによる『Early Man』は2018年1月26日公開予定だ。 (c)Instagram

2016年9月 8日 (木)

テイラー・スウィフトとトム・ヒドルストン、破局

トム・ヒドルストン、テイラー・スウィフトテイラー・スウィフトとトム・ヒドルストンが破局したようだ。3カ月間に渡って交際していた2人だが、トムがテイラーの望む以上に2人の関係をもっと公にしたかったのに対して、公の場で2人の仲睦まじい姿を見せるとバッシングを受けるというテイラーの忠告をトムが聞き入れなかったことで、テイラーの方から別れを切り出したと言われている。そんな2人はつい先日にも、その恋愛関係に暗雲が立ち込めていると報じられていたばかりで、その際にはトムがエミー賞にもテイラーに同伴を頼んだのに対し、テイラーは自身の私生活をあまり公にはしたくないようだったと言われていた。

2016年9月 6日 (火)

テイラー・スウィフトとトム・ヒドルストンの交際に暗雲!?

トム・ヒドルストン、テイラー・スウィフトテイラー・スウィフトとトム・ヒドルストンの交際に暗雲が立ち込めているようだ。今年6月に熱愛が発覚した2人だが、トムが公の場でも気にせず恋人同士として振る舞いたいと考えているのに対し、テイラーは自身の私生活をあまり公にしたくない姿勢であるため、関係に問題が起きていると報じられている。最初のころはテイラーもトムの考えを理解しようとしていたものの、エミー賞にもテイラーを誘ったというトムが自身のステータスを求めているのではないかと懸念するようになったという。トムとテイラーの恋愛が発覚した当初、2人はかたときも離れることができないといった様子であったが、現在トムは新作映画『Thor: Ragnarok』の撮影をオーストラリアで行っているため、離れ離れの生活を送っているようだ。

2016年7月29日 (金)

トム・ヒドルストン、今年の美尻ナンバー1に!

トム・ヒドルストントム・ヒドルストンが、美しいお尻を競う英ランキング「リア・オブ・ザ・イヤー」の男性部門でトップの座に輝いた。テイラー・スウィフトと交際中のトムは、官能的な映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』に出演した2位のジェイミー・ドーナンや3位のテニス選手アンディ・マリーを抑えて1位の座を獲得。ドラマ「ザ・ナイト・マネージャー」の中で演じたセクシーなラブシーンがその勝利の決め手となったようだ。また、4位にはドラマ「刑事ジョン・ルーサー」のイドリス・エルバ、5位にはクイズ番組の司会ブラッドリー・ウォルシュがランクインしている。過去1年間に集まった1万票以上もの一般投票によって決定されるこのランキングでは、昨年には俳優ダニエル・ラドクリフがトップに輝いていた。

2016年7月15日 (金)

トム・ヒドルストン、テイラー・スウィフトとの交際を認める

トム・ヒドルストン、テイラー・スウィフトトム・ヒドルストンが、テイラー・スウィフトとの交際が宣伝行為ではないと認めた。テイラーが元恋人カルヴィン・ハリスとの破局直後からスタートしたトムとの関係は、その進展が早いだけに真実性を疑問視する声が多々上がっていたが、先日のインタビューでトムがテイラーとの関係がメディア向けではないと交際宣言した。そんなトムは主演ドラマ「The Night Manager」でエミー賞にノミネートされたことが先日発表されたが、9月に開かれる式典に誰を同伴するかと尋ねられた際にはまだ分からないと答えている。

2016年6月27日 (月)

トム・ヒドルストン、学生時代はオタクだった!?

トム・ヒドルストントム・ヒドルストンは、学生時代オタクだったようだ。最近ではテイラー・スウィフトとの熱愛が報じられ、次期ジェームズ・ボンドとも噂されるトムだが、名門イートン校でトムの1年上に所属していた人物が、トムが学生時代は全く女性に縁がなかったと明かした。「トムはかなり変わりましたよ。学生時代は完全なオタクで、ガールフレンドもいなく、付き合いが難しいタイプでした。彼の両親は教職についていて、彼はクールでもありませんでしたね。とても勉強熱心で、一生懸命勉強していました。彼がやったことで一番反抗的と言えるのは、髪の毛を伸ばそうとした時ですね。教師たちからそれで呼び出されていましたよ。それにファッションセンスも少し変わっていて、紫のズボンをはいていたり、息をかけると色が変わる絞り染めのTシャツでした。とにかくかっこいいタイプじゃありませんでしたよ」と明かしている。しかしステージでは輝きを放っていたそうで、同人物はデイリー・ミラー紙に「うちの学校に女子が入ることを許されたのは学校の演劇の発表会の時だけだったんですが、トムはいつもそこに出演していて、ステージに立っている時はとても生き生きしていました。ただステージを離れると別人だったんです」と続けた。

2016年5月13日 (金)

次期ジェームズ・ボンド、やはりトム・ヒドルストン?

トム・ヒドルストントム・ヒドルストンが「007」前2作の監督を務めたサム・メンデスとシリーズのプロデューサーであるバーバラ・ブロッコリとミーティングをしたことで、次期ボンドとなる可能性が濃厚となってきた。今週トムはロンドンの会員制クラブでメンデスとブロッコリと話し合いをしていたようで、その様子が順調な様子だったと目撃情報が出ていることから、『007 スペクター』までボンド役を演じてきたダニエル・クレイグの後任を務めるのではないかという噂に拍車がかかっている。ダニエルはボンド役からの引退を検討しているとされており、後任としてこれまでにトムのほか、初の黒人ボンドとなる可能性があるイドリス・エルバなど、数人の俳優の名前が挙げられてきている。しかし、今回監督とプロデューサーとの話し合いが目撃されたことで、トムの可能性が断然有力となっており、ファン達は近々正式発表があるのではないかと心待ちにしている。

2016年4月11日 (月)

トム・ヒドルストン、ジェームズ・ボンド候補の噂加熱に困惑

トム・ヒドルストントム・ヒドルストンは、ジェームズ・ボンド候補の噂に困惑しているようだ。「007」シリーズの主役の時期候補として名高いトムだが、実際に製作側と話をしたわけでもなく、自分が口にしたわけでもないのに、常にその噂が飛び交う状況に少しうんざりしているという。イギリスの文化的アイコンと言えるボンドに対して世間の注目が集まるのは理解できるものの、周囲で勝手に話が進んでいるその話題についてコメントをするのは非現実すぎて奇妙な気分のようだ。そんなトムは以前、現在ボンド役を務めているダニエル・クレイグがこれからもボンド役を続けていくはずだという見解をコメントしていた。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ