トム・ハーディ(Tom Hardy)

2018年3月13日 (火)

トム・ハーディ、新作映画『Fonzo』でアル・カポネ役に

トム・ハーディトム・ハーディが『Fonzo』で悪名高いギャングのアル・カポネを演じる予定だ。以前からトムは同新作でカポネを演じるという噂があったものの、遂に本人がインスタグラムにて「アル・カポネの時間だ」とコメントしその噂を認めることとなった。カポネは、アメリカで禁酒法が施行されていた1920年代に密造酒を販売していたマフィア組織シカゴ・アウトフィットのボスとして名を馳せた。中でもノースサイド・ギャングとの抗争の結果、白昼堂々敵対するギャングの構成員7人が殺害された聖バレンタインデーの虐殺が特に知られている。しかし今回の新作映画ではギャングの抗争よりも、10年近い獄中生活を送っている中で過去の犯罪に苛まれ呆けてしまった晩年のカポネに焦点が当てられるという。当時のカポネの担当医とボルチモアの精神科医の検査報告によると、その時点でのカポネの精神は12歳の子供に相当するものだったようだ。同新作は2015年公開の『ファンタスティック・フォー』で知られるジョシュ・トランクが監督兼脚本を担当する予定だ。

2018年2月 2日 (金)

トム・ハーディ、レオナルド・ディカプリオに捧げたタトゥーを入れる

トム・ハーディトム・ハーディがレオナルド・ディカプリオに捧げるタトゥーを入れたようだ。『レヴェナント: 蘇えりし者』の共演者である2人は、トムが同作の演技でアカデミー賞にノミネートされるかという賭けをしていたが、実際にノミネートされたことでディカプリオが見事に賭けに勝った際、ディカプリオがデザインしたタトゥーをトムが入れると約束していた。そして今回トムは「Leo Knows All(レオは全てを知っている)」というタトゥーが入っている右腕の写真をネットに投稿し、賭けの約束を守ったことを証明した。2016年のアカデミー賞の際、自身が演じたジョン・フィッツジェラルド役でノミネートされることはないと信じていたことで賭けに乗り、実際に候補に挙がったことで賭けに負けることとなったトムは、ディカプリオのデザインがあまりにひどいとして、その約束から逃れようとしていたことも以前に明かしていた。

2017年9月13日 (水)

『ヴェノム』、またも撮影延期

トム・ハーディ「スパイダーマン」のスピンオフ映画『ヴェノム』の撮影がまたも延期されたようだ。同作は主役のヴェノムをトム・ハーディが演じることが決定しており、『ゾンビランド』のルーベン・フライシャーが監督のもと当初9月には撮影が開始するとみられていた。理由は明らかにされていないがその後撮影は9月末まで延期され、今回撮影クルーの雇用問題を理由に10月23日へ再び延期されることになったという。最近では同じくスパイダーマンの宿敵カーネイジが同作に登場すると報じられたばかりだ。カーネイジは『アメイジング・スパイダーマン』内でヴェノムことエディと共に獄中生活を送った連続殺人犯のクレタス・キャサディとして初登場した。エディがヴェノムに変身して脱獄するとき居合わせたことでエディに寄生しているエイリアンであるシンビオートの一部に寄生され、カーネイジが誕生した。『ヴェノム』は同じくスパイダーマンのスピンオフである『シルバー&ブラック』と並ぶソニー製作のマーベルシリーズで、今後順調に撮影が進めば公開は2018年10月を予定している

2017年7月31日 (月)

トム・ハーディ、ボスニア戦争を描く作品に出演へ

トム・ハーディトム・ハーディがボスニア戦争を描いた映画作品『My War Gone By, I Miss It So』に出演することになった。1999年に出版された英従軍記者アンソニー・ロイドによる本を基にした同映画作品で、トムはプロデュースも担当する。ギャヴィン・オコナーがメガホンを取る同作は、ロイドがボスニアで過ごした戦争中の日々やヘロイン中毒との闘いを描く。中毒というものの本質と戦争の体験を描く、残忍でいて繊細なストーリーだと語るトムは、ロイドの言葉をはじめ、ボスニアや軍隊での経験、さらに両親の離婚や父親との疎遠などを綴ったその本に魅了されたそうで、自身にとってとても重要な意味を持つ作品だとしている。

2017年6月19日 (月)

トム・ハーディ、スパイダーマン映画に出演の予定なし?

トム・ハーディトム・ハーディ(39)が演じる悪役ヴェノムは映画『スパイダーマン』には登場しないようだ。ソニーが贈る新作『ヴェノム』でスパイダーマン最強の宿敵であるそのタイトルロールを演じる予定のトムだが、マーベル・スタジオ側は『ヴェノム』があくまでソニーの作品であるとして、マーベル社のシネマティック・ユニバース内にヴェノムを登場させるつもりはないという。そんなトムは、ガイ・リッチー監督の新作映画、実写版『アラジン』でメインの悪役候補に挙がっているようで、リッチー監督からジャファー役について打診を受けたと先日報じられていた。しかし、トムの多忙さから、実現の可能性についてはスケジュール次第だと言われている。

続きを読む »

2016年6月24日 (金)

トム・ハーディ、英写真家ドン・マッカラン役に挑戦

トム・ハーディトム・ハーディが、紛争を専門とするイギリス人写真家ドン・マッカランを演じることが分かった。現在『ダンケルク』の撮影に忙しくしているトムだが、マッカランの自伝「Unreasonable Behaviour」を基にした新作の中で紛争地帯に向かう写真家を演じる。同作品はマッカランが第二次世界大戦中、ロンドンで貧困に苦しんでいた子供時代からサンデー・タイムズ紙で働くことになるまでのストーリーを描く。1960年代後半から1980年代前半まで、マッカランはベトナム、コロンビア、ウガンダなどの紛争地を旅し、現地の兵士の様子や戦争の被害者たちを撮り続けた。『博士と彼女のセオリー』のプロデューサーを務めたワーキング・タイトルのエリック・フェルナー、『ブリジット・ジョーンズの日記』のティム・ビーヴァンがプロデューサーのもと、『ベルファスト71』のグレゴリー・バークが原作本からの脚色を担当する。

2016年1月20日 (水)

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、放送映画批評家協会賞最多9部門受賞!

トム・ハーディ『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が2016年度放送映画批評家協会賞の最多受賞作品となった。1月17日にカリフォルニア州サンタモニカのバーカー・ハンガーで行われた同式典において、13部門に渡ってノミネートされていたシャーリーズ・セロン、トム・ハーディ主演の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が9部門受賞という快挙を成し遂げた。同作品のメガホンを取ったジョージ・ミラーが監督賞、トム・ハーディがアクション映画男優賞、シャーリーズがアクション映画女優賞を獲得したほか、アクション映画賞、プロダクションデザイン賞、編集賞、衣装デザイン賞、ヘア&メイクアップ賞、映像効果賞に輝いた。『スポットライト 世紀のスクープ』が作品賞、脚本賞、アンサンブルキャスト賞を受賞する一方で『レヴェナント 蘇えりし者』のレオナルド・ディカプリオが主演男優賞、『ルーム』のブリー・ラーソンが主演女優賞、『クリード チャンプを継ぐ男』のシルヴェスター・スタローンが助演男優賞、『リリーのすべて』のアリシア・ヴィキャンデルが助演女優賞を受賞している。

2015年12月 9日 (水)

トム・ハーディ、英国インディペンデント映画賞男優賞獲得!

トム・ハーディトム・ハーディが、12月6日、ロンドンで行われた英国インディペンデント映画賞で最優秀男優賞を獲得した。実在する悪名高きマフィアであった双子の兄弟ロニー&レジー・クレイを映画『Legend』の中で演じたトムの功績が称えられ、同賞を授与されるかたちとなった。トム・コートネイ、コリン・ファレル、マイケル・ファスベンダー、トム・ヒドルストンらの強豪がノミネートされている中での賞獲得となったが、トムは多忙なスケジュールから式典に出席できず、『レヴェナント 蘇えりし者』の共演者であるドーナル・グリーソンがそのトロフィーを受け取った。その一方でドーナル自身も出演した『Brooklyn』で助演男優賞にノミネートされていたものの、『Suffragette』に出演した自身の父ブレンダン・グリーソンに同賞を奪われた挙句、式典に出席できなかったブレンダンの代役としてトロフィーを受け取るはめになってしまった。その他、最優秀女優賞には『Brooklyn』のシアーシャ・ローナン、助演女優賞には『The Lobster』のオリビア・コールマンが選出された。

2015年4月 7日 (火)

トム・ハーディ、仕事がやりづらい相手だと自ら認める

トム・ハーディトム・ハーディは、自分が一緒に働きにくい人間だと感じているそうだ。トムは撮影中の自分が手を焼かせられる存在であると認めながらも、理不尽なことを言うことはないと考えているそうで、徐々に以前の失敗から学ぼうとしているところだと英版エスクァイア誌5月号で語っている。「昔は傷つけられたらそれを止めさせるために飛び掛かるってことはあったけどね。でもそれって結局のところ恐怖心から来るものなんだ」しかしながらトムはその短気がキャリアだけでなく家族にも影響を及ぼすと気づいたのだという。「一度けっこうひどい状況を作ったら、周りの人は俺がやりたくないことを頼んでこなくなるよ。でもそのおかげでしばらくしっぺ返しをくらうことになるんだ。だからそんなことしないほうがいいんだよ。成長しろってことさ。俺は37歳だからね。37でどんだけ有名になれるっていうのさ?とにかく自分と家族の生活に関わるものが最優先だよ。軽い気持ちで言っているわけじゃないよ。俺的な考えではそう言えるくらいの経済的余裕があるからね」

2015年1月19日 (月)

トム・ハーディ、『スーサイド・スクワッド』を降板

トム・ハーディトム・ハーディが、『スーサイド・スクワッド』を降板したようだ。ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、カーラ・デルヴィーニュ、ジャレッド・レトが出演する待望の人気コミック映画版で、トムはスーパーヒーローのリック・フラッグ役を演じる予定であった。スケジュールの都合で降板を余儀なくされたというトムの代わりに、ジェイク・ギレンホールに白羽の矢が立っているという。トムは現在、レオナルド・ディカプリオとの共演作となる『The Revenant』の撮影に取り掛かっているところで、この撮影が予定よりも長引いているうえ、さらに今年5月に公開予定の新作『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』のプロモーション活動にも参加しなければならないことから、『スーサイド・スクワッド』には撮影中盤頃まで参加できないという状態になるというのが理由のようだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ