トム・フェルトン(Tom Felton)

2015年4月28日 (火)

ジェームズ・コーデン、トム・フェルトンのパスポートを発見!

20150501_tomfeltonジェームズ・コーデンは、トム・フェルトンがロサンゼルス国際空港で失くしたパスポートを発見したそうだ。『ハリー・ポッター』のドラコ・マルフォイ役でお馴染みのトムが自身のツイッターで携帯電話とパスポートを失くしてしまったとツイートしたその数時間後、ジェームズがロサンゼルス国際空港でパスポートを見つけたことをツイッターで報告した。携帯電話は見つけたファンたちがその携帯電話でセルフィーを撮った後にトムの元へと返還したそうで、結果的には無事両方が手元に戻ってきたトムだが、パスポートと携帯電話を同じ日になくすなんてどうかしていると落ち込んだ様子のツイートをしていた。

2014年11月19日 (水)

トム・フェルトン、ルパート・グリントにいたずら!

ルパート・グリントトム・フェルトンがニューヨークでルパート・グリントにいたずらを仕掛けたようだ。「ハリー・ポッター」シリーズのドラコ・マルフォイ役で知られるトムは、同シリーズでの共演者であるルパートがマシュー・ブロデリックとネイサン・レインと共演しているブロードウェイ作「It's Only a Play」の出演者が劇場から出てくる際にファンを装って出待ちしていたのだという。そこでトムはボブという名前のファンになりすまし、舞台後に仲の良い友人であるルパートをだまそうと仮装して登場したそうだ。2人は撮影現場でも私生活の中でも、長年お互いにいたずらしあっていることで知られており、以前にはロサンゼルスで行われた『猿の惑星: 創世記』のプレミアのレッドカーペットで、ルパートがトムへの愛をつづったTシャツを着て登場し、トムをからかったこともあった。

2011年7月 6日 (水)

トム・フェルトン、熱狂的ファンから養子縁組を要請されていた

トム・フェルトン「ハリー・ポッター」シリーズでドラコ・マルフォイ役を演じているトム・フェルトンが、ファンの1人から養子縁組をさせられそうになっていたという。知らない男から、実の両親と縁を切って母国イギリスを離れアメリカで新たな生活を始めないかというファンレターを受け取ったことがあるそう。その手紙には、名前をドラコに変更し、その男と養子縁組をするための書類一式が同封されており、サインだけすればよい状態だったとか。その男性の本気っぷりに、トムはかなり不安を感じてしまったそうだ。そんなトムは、「ハリー・ポッター」のキャストが演技力ではなく、原作の登場人物の描写に似ているという理由から選出されたのだと明かしている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ