ティム・ロビンス(Tim Robbins)

2012年11月12日 (月)

ミシェル・ファイファーとクロエ・グレース・モレッツ、ティム・ロビンス監督最新作で再共演へ

ミシェル・ファイファーミシェル・ファイファーとクロエ・グレース・モレッツが、ティム・ロビンス監督最新作『Man Under』で再共演を果たすことになった。『ダーク・シャドウ』で母娘役を演じたばかりの2人だが、ティムが出演と監督の2役を務める本作で早くも再共演を果たすという。アン・シェルキスが脚本を執筆する本作は、ニューヨーク近代美術館に家族写真が展示されたことによって運命の歯車が狂ってしまう一家を描く作品。ミシェルはロバート・デ・ニーロとの共演作『Malavita』、クロエはリメイク版『キャリー』と共に話題の新作を抱えており、ティムも本作の後に『City of Lies』でメガホンを取る予定だ。

2012年8月13日 (月)

ティム・ロビンス、新作スパイ・スリラー作品『City of Lies』で監督業に復帰

ティム・ロビンスティム・ロビンスが、新作『City of Lies』で監督業に復帰することになった。エンドゲーム・エンターテインメント社が製作する本作は、アーサー・フィリップスの短編小説「Wenceslas Square」の映画化作品。マイケル・ベイ監督の新作『Pain & Gain』も手掛けているクリストファー・マーカスとスティーヴン・マクフィーリイの脚本家コンビがアーサーの原作を脚色、チェコの首都プラハを舞台に別々のミッションに関わる2人のスパイが恋に落ちる様が描かれる。ティムは1990年代に『ボブ・ロバーツ』『デッドマン・ウォーキング』 『クレイドル・ウィル・ロック』の3作品を監督しており、最近も米HBO局のニューオリンズを舞台としたドラマ「Treme」で数回のエピソードのメガホンを取っていた。ロビン抜擢以前には、フィリップ・ノイスが本作の監督として起用されていた。

2011年6月 6日 (月)

ティム・ロビンス、バンドと共にファーストアルバムを7月に発売

ティム・ロビンス俳優のティム・ロビンスとザ・ルージュズ・ギャラリー・バンドが、7月19日にファーストアルバムを429レコーズから発売し、更に7月8日から北アメリカでツアーを行うことが決定した。ミュージシャンの父を持ち、ミュージシャンとしても長年活動してきたティムは、自身の監督作品『ボブ★ロバーツ』の音楽を制作したり、『デッドマン・ウォーキング』『ヒューマン・ネイチュア』『輝く夜明けに向かって』のサントラにも楽曲提供をしてきた。今回のアルバムではギターを担当し、9曲を手がけている。今回のレコーディングに先駆けティムは「自分の伝えたい意見や物語とは何かを理解したかったんだ。今それを伝える準備が出来ていると思う」とコメントしている。

2011年4月22日 (金)

ティム・ロビンスの母が死去

ティム・ロビンスティム・ロビンスの母親でミュージシャンのメアリー・ロビンスが、4月17日、メキシコのエステバン・カントゥにある自宅で、心臓不整脈のため亡くなった。享年78歳。ティムの父親でフォークシンガーだったギル・ロビンスも、4月5日に前立腺がんで亡くなったばかり。ティムは、母メアリーについて「知的さと寛大さ、豊かな愛を持ち合わせた人だった」と語り、父ギルバートの死に対しては、「とても悲しいが、その美しいバリトンの歌声で天使が安らぐだろう」と話していた。メアリー・ロビンスは過去に結腸癌から見事復活を遂げており、死の直前まで自宅近くの病院でボランティア活動を行なっていた。

2010年10月14日 (木)

スーザン・サランドンが、ティム・ロビンスとの破局を語る

スーザン・サランドンとティム・ロビンスが、仲のよいパートナーとして23年間も連れ添った末に破局し、世間を騒がせたのは記憶に新しいが、サランドンが初めて破局について口を開いた。サランドンは、周囲の人から、「何で別れちゃったの? ショックだわ」と声をかけられる度に、「私のほうがショックよ」と心の中で叫ぶのだとか。破局の原因は明らかにしていないが、「結婚という契約がない男女が、子育てという任務を終え、20年以上も愛し合うのは難しい」と語っており、どちらからともなく愛がさめてしまったことが原因のようだ。

2010年7月27日 (火)

ティム・ロビンスが“中年の危機”をテーマにしたアルバムでデビュー

昨年の12月、23年もの間連れ添ったスーザン・サランドンと破局したティム・ロビンスが、年内にアルバムをリリースすることがわかった。2人は、1988年に公開された『さよならゲーム』で共演して以来同棲を続け、2人の息子も授かったが、まさかの破局。BBCラジオのインタビューに答えたところによると、その後の辛くて切実な気持ちを歌にしたものだという。「40歳を過ぎれば誰でもMid-life Crisis(中年の危機)に直面するものだ」と語り、アルバムのタイトルについてはズバリ「The Mid-life Crisis Album」にしようとしたものの、さすがにそれでは売れないと思い、別のタイトルを考え中だそう。

2010年1月 4日 (月)

スーザン・サランドンとティム・ロビンスが、23年目にまさかの破局

おしどりカップルとして知られていたスーザン・サランドンとティム・ロビンスが、2009年の夏以降に23年間も続けてきたパートナーの関係を終えていてことが明らかになった。2人は、1988年に出演した『さよならゲーム』で共演してから交際を続け、2人の子供も授かった。スーザンはティムより11歳年上とは思えない美しさと若さを保ち、互いの存在が当たり前にならないよう、あえて結婚と言う選択をせず良きパートナーとしてお互いを支えあってきた。なぜ今破局なのか原因は明らかになっていないが、一部ではスーザンの出資するバーの共同経営者の存在が原因では?と、複数のメディアが報じている。

2009年12月 7日 (月)

スーザン・サランドンとティム・ロビンスが、23年目にまさかの破局

おしどりカップルとして知られていたスーザン・サランドンとティム・ロビンスが、2009年の夏以降に23年間も続けてきたパートナーの関係を終えていてことが明らかになった。2人は、1988年に出演した『さよならゲーム』で共演してから交際を続け、2人の子供も授かった。スーザンはティムより11歳年上とは思えない美しさと若さを保ち、互いの存在が当たり前にならないよう、あえて結婚と言う選択をせず良きパートナーとしてお互いを支えあってきた。なぜ今破局なのか原因は明らかになっていないが、一部ではスーザンの出資するバーの共同経営者の存在が原因では?と、複数のメディアが報じている。

2008年11月 7日 (金)

あの大物アカデミー俳優が、大統領選の投票を拒否されていた!?

政治活動に熱心なことで知られるティム・ロビンスが、11月4日に行なわれたアメリカ大統領選の投票をするのに、約5時間も待たされたことが明らかになった。マンハッタンの投票所にかけつけたティムは、投票登録がないと言われて呆然としたそう。理由は、マンハッタンが仮住まいだからというものだったそうだが、1992年からパートナーのスーザン・サランドンとともに同地区で投票をしていることから、明らかに先方の手違いだった。そして5時間後に、執念の投票を済ましたそうだ。

2008年10月21日 (火)

念願達成!! ティム・ロビンスが、ハリウッドの名声の歩道入り

ティム・ロビンスが、10月10日、ハリウッドの名声の歩道入りしたことが明らかになった。2004年に『ミスティック・リバー』でアカデミー賞助演男優賞を受賞した実力派俳優のロビンスの歩道入りを祝って、パートナーのスーザン・サランドンや25年来の友人だというジャック・ブラックなどが参加した。ロビンスは、「かつて、バスで仕事へ行くのに、この横をよく通りました。バスが遅れると、この辺りを歩きながら、煙草を星形に押し付けたものです。今度は僕の星にそうしてくれたら光栄に思います」と、独特のスピーチで喜びを表現した。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ