ティファニー・ハディッシュ(Tiffany Haddish)

2019年6月19日 (水)

ティファニー・ハディッシュ、中絶禁止法抗議でショーをキャンセル

ティファニー・ハディッシュコメディ女優のティファニー・ハディッシュが、最近可決された中絶禁止法への抗議としてジョージア州アトランタでの公演をキャンセルした。『ナイト・スクール』などで知られるティファニーは、今月22日(土)に同市のフォックス・シアターのステージに立つことが予定されていたが、人工中絶法が撤回されない限り、敢行しない意思を表明した。裁判所からの差し止めがない限り、来年から施行されるその法律では、妊娠6週間以降に中絶することを禁止している。つい先日には、アリアナ・グランデが今月8日に行われたアトランタ公演の収益から、中絶や避妊を支援する非営利組織、プランド・ペアレントフッドへ25万ドル(約2700万円)を寄付することを表明していた。

2018年9月12日 (水)

ティファニー・ハディッシュ、クリエイティブ・アート・エミー賞を初受賞

ティファニー・ハディッシュティファニー・ハディッシュがクリエイティブ・アート・エミー賞を初受賞した。ティファニーは、モリー・シャノンやマーヤ・ルドルフ、ティナ・フェイなど並み居る候補者がいる中、黒人女性のスタンドアップコメディアンとして『サタデー・ナイト・ライブ』史上初めてホストを務めたことを評価され、コメディ部門の最優秀客演女優賞を受賞したものの、式典には姿を見せなかった。一方で、『ゲーム・オブ・スローンズ』は、SF/ファンタジー衣装賞やドラマ/リミテッドシリーズ/テレビムービー部門のスタント・コーディネーション賞を含む7部門で受賞するなど同賞を席巻したまた『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』が4部門受賞したのをはじめ、『マーベラス・ミセス・メイゼル』や『アトランタ』、『ザ・クラウン』、『ブラック・ミラー』、『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』、『ウエストワールド』らが3部門受賞とそれぞれ続いた。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ