ライオン・キング(The Lion King)

2020年1月29日 (水)

ディズニー、次回リメイク作は『バンビ』

ライオン・キングディズニーが手掛ける次のリメイク作は『バンビ』になるようだ。『ジャングル・ブック』や『ライオン・キング』など、アニメ作品のリメイク版で成功を収めている同社が、今度は1942年製作のアニメ名作『バンビ』をリメイクすると報じられている。脚本は、『キャプテン・マーベル』のジェニーヴァ・ロバートソン・ドワレットと『シエラ・バージェスはルーザー』のリンジー・ビアが、製作はクリスとポールのワイツ兄弟が自身の会社デプス・オブ・フィールドのもと手掛けるという。同作品は、森の大王を父に生まれた小鹿のバンビが、ウサギのとんすけやスカンクのフラワーと共に森の中で育ってゆく姿を描いた作品で、バンビは森の平和を脅かす人間の猟師の存在を知り、また後に恋人となるファリーンと出会うなど様々な経験をして人生の美しさ、そして悲劇を知る。1942年に公開されたオリジナル版は、1948年にゴールデン・グローブ賞を受賞したほか、1943年のアカデミー賞では3部門でノミネートを受けている。ディズニーのリメイク作品としては、CGI技術を駆使した昨年公開の『ライオン・キング』が記憶に新しい。

2018年11月27日 (火)

実写版『ライオン・キング』、予告編第1弾が解禁

ライオン・キングディズニーが実写版『ライオン・キング』の予告映像を公開した。ジョン・ファヴローがメガホンを取る同作のティザー動画が、同社の公式ツイッターに投稿され、そこでは日の出から始まり、シンバの誕生を祝い、大勢の動物が集まるアニメ版でもお馴染みの名シーンが再現された。1994年のアニメ版の実写化となる同作には、子供の頃のシンバ役にドナルド・グローヴァーをはじめ、ナラ役のビヨンセやジェームズ・アール・ジョーンズなどが出演する。またアニメ版でも使われた『愛を感じて』や『準備しておけ』『王様になるのが待ちきれない』といったエルトン・ジョンとティム・ライスのコンビが手掛けた数々の名曲に加え、実写版では新たな曲が挿入されることになる。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ