シドニー・スウィーニー(Sydney Sweeney)

2022年4月 8日 (金)

シドニー・スウィーニー、マーベル映画『Madame Web』を研究中

シドニー・スウィーニーシドニー・スウィーニー(24)が、マーベル映画『Madame Web』での自身の役に関してリサーチを重ねているという。ダコタ・ジョンソン主演、S.J.クラークソン監督による同新作、シドニーの役については最終決定が下されていないものの、その物語に関するあらゆる事を学んでいると本人が語った。コミックブック中のマダム・ウェブは、クモの巣のような形態の生命維持装置に繋がれた老女で、悪役らと積極的に戦う姿は描かれておらず、関係者らは、映画版での変更を示唆している。現在、シドニーは原作を読んでいるところだそうで、コミックブックを大量に注文し学ぶことの多さを実感しているという。また、自身マーベル映画が大好きだそうで、全部を見て育ったと明かしてもいた。『ユーフォリア/EUPHORIA』で知られるシドニーだが、別の新作映画『National Anthem』での自身の役について「ドリー・パートンのようになりたい、ナッシュヴィルへ行ってカントリー歌手になりたいと夢見る小さな町の女の子」と説明、更に映画製作への興味も明かしていた。

2022年3月24日 (木)

シドニー・スウィーニー、ソニー/マーベル新作『マダム・ウェブ』にキャスト入り

シドニー・スウィーニーシドニー・スウィーニーが『マダム・ウェブ』にキャスト入りした。シドニーは、S.J.クラークソン監督がメガホンをとるソニー・ピクチャーズとマーベルによる同新作でダコタ・ジョンソンと共演する。1980年発売のコミック『ジ・アメイジング・スパイダーマン』210号に初めて登場したマダム・ウェブは、蜘蛛の巣のような生命維持装置につながれ、悪役と闘ったことなどない老女だがその設定は変更の可能性もあるようだ。『モービウス』のマット・サザマとバーク・シャープレスが脚本を執筆する同作でのシドニーの役柄は現在のところ明らかになっていない。シドニーは、『ユーフォリア/EUPHORIA』で話題となっている一方、『ホワイト・ロータス 諸事情だらけのリゾートホテル』『ハンドメイズ・テイル 侍女の物語』といったテレビドラマへの出演で知られている。

2022年3月 6日 (日)

『ユーフォリア/EUPHORIA』のシドニー・スウィーニーが婚約

シドニー・スウィーニー『ユーフォリア/EUPHORIA』でおなじみのシドニー・スウィーニー(24)が婚約した。大きなダイヤモンドの指輪を左手の薬指にしているのが目撃され、レストラン経営者の恋人ジョナサン・ダヴィーノ(37)との婚約が明らかになった。関係者によれば、2人はお互いのことをフィアンセと呼んでいるそうで、とても幸せな様子だという。先月、シドニーは自分らしくいられなくなるため、有名人と交際する気は一切ないと明かしていた。そして生涯を共にする相手は「親友」のような人を求めているとし、四六時中一緒にいられ、嫌になることがなく、毎日笑っていられるような人が良いと話していた。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ