ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)

2016年12月13日 (火)

ソフィア・コッポラ、『スター・ウォーズ』映画の監督候補に?

ソフィア・コッポラギャレス・エドワーズ監督が、ソフィア・コッポラ監督の手がける『スター・ウォーズ』映画を今後観ることができるかもしれないと示唆している。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の監督を務めるエドワーズ監督は女性監督が手がける同人気シリーズの映画作品を観てみたいと語り、アンドレア・アーノルドやリン・ラムジーと並んでその候補監督の1人としてコッポラの名を挙げている。そんなエドワーズ監督は『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のヒロイン、フェリシティ・ジョーンズ演じるジン・アーソの役どころは女性でも男性でもない、中性的なキャラクターとして描くことを心掛けたそうで、『エイリアン2』のシガニー・ウィーバーのようなただの1人のキャラクターとして表現したそうだ。

2014年3月21日 (金)

ソフィア・コッポラ、実写版「人魚姫」を監督へ

ソフィア・コッポラソフィア・コッポラが、実写版「人魚姫」の監督を務めることになったようだ。コッポラは昨年の『ブリングリング』に続くプロジェクトとして、ハンス・クリスチャン・アンデルセン原作の悲劇のおとぎ話に目を向けていると言われている。本作は、1989年のディズニーによる子供向けアニメ版とは異なるものになるようで、コッポラは、1837年発刊のオリジナル版での描写に沿って、王子様が他の女性と結婚するのを目にして悲嘆にくれた人魚姫が自殺を図るという筋書きにする予定だと考えられている。当初、この作品を監督する予定だった『つぐない』のジョー・ライトからその座を引き継いだコッポラは、迅速に制作に取り掛かるつもりのようだ。

2012年3月 5日 (月)

エマ・ワトソン、ソフィア・コッポラ監督最新作に出演へ

エマ・ワトソンエマ・ワトソンが、ソフィア・コッポラが監督を務める新作『The Bling Ring』に出演することが明らかになった。本作は、2008年から2009年にかけて、リンジー・ローハンやパリス・ヒルトンなど数々のセレブたちの自宅をターゲットに、総額300万ドル相当の窃盗をはたらいていた10代の少女たちからなるグループBurglar Bunchを題材にした内容になるようだ。比較的裕福な家庭に育ちながらも、セレブたちの生活に憧れ執着をおぼえるようになった少女たちが、雑誌やテレビのインタビューを通じて、どのスターの所有物を盗むかを検討していたという。一度は女優業を止めて、学業に専念したいと発言していたエマだが、『マリリン 7日間の恋』、映画版『The Perks of Being a Wallflower』、デヴィッド・イェーツ監督との再タッグ作『Your Voice in My Head』への出演話など、映画出演の話題が増えている。

2011年5月27日 (金)

ソフィア・コッポラがこの夏挙式へ

ソフィア・コッポラ『ロスト・イン・トランスレーション』『SOMEWHERE』のソフィア・コッポラ監督が、交際相手の歌手トーマス・マーズと8月に結婚式を挙げることを発表した。式は、ソフィアの父であるフランシス・フォード・コッポラが所有するイタリアの別荘で行われる。イタリアのベルナルダにある19世紀の別荘は、式のために現在改装を行っているとのこと。ソフィアとトーマスは、すでに4歳のロミーともうすぐ1歳になるコジマの2人の子供をもうけている。ソフィアには、スパイク・ジョーンズ監督と結婚していたが、2003年に離婚している。

2010年9月20日 (月)

第67回ヴェネチア映画祭の金獅子賞に、ソフィア・コッポラ監督作『Somewhere』が選ばれる

現地時間の9月11日、第67回ベネチア映画祭のコンペティション部門の受賞結果が発表され、最高賞である金獅子賞にソフィア・コッポラ監督作『Somewhere』が選ばれた。審査委員長を務めるクエンティン・タランティーノは大げさに元恋人を祝福し会場を盛り上げたが、他にも関係者の受賞が目立ったことで、無冠だった地元のメディアが私情を挟んだと皮肉る一面もあったようだ。ちなみに、松山ケンイチ主演、トラン・アン・ユン監督の『ノルウェイの森』、役所広司主演、三池崇史監督作『十三人の刺客』は惜しくも受賞を逃した。

2010年7月 2日 (金)

ソフィア・コッポラ監督が、第2子を出産

ソフィア・コッポラとパートナーでフェニックスのボーカリストのトーマス・マーズに、女の子が誕生していたことが明らかになった。出産時期や母子の健康状態などの詳細は明らかにされていないが、女の子はコジマと名付けられたそうだ。コジマ(COSIMA)は、宇宙の調和と秩序を意味するギリシャ語KOSMOSに由来するもので、ギリシャをはじめ、イギリスやドイツ、イタリアなどの上流階級では人気のある名前。なお、2人には既に3歳になる女の子ロミーがおり、コジマは第2子となる。

2009年12月25日 (金)

ソフィア・コッポラが、第2子を妊娠!

『ロスト・イン・トランスレーション』の監督ソフィア・コッポラが、妊娠したことが明らかになった。お相手は、交際して4年になるパートナーで、バンド“Phoenix”のフロントマンであるトーマス・マーズ。2人の間には既に3歳になる娘がおり、2人目の子供となる。トーマスがインターネットラジオのインタビューで明らかにしたことだが、性別や出産時期などの詳細は不明。ちなみにソフィアは、1999年に監督のスパイク・ジョーンズと結婚し2003年に離婚しているが、子供はいない。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ