シガニー・ウィーバー(Sigourney Weaver)

2015年4月 9日 (木)

映画史上最も怖いモンスターはエイリアン!

シガニー・ウィーバー『エイリアン』が映画史上最も恐ろしい生物に選ばれた。1979年に俳優ジョン・ハートの胸を突き破って初登場したエイリアンが、『アルゴ探検隊の大冒険』の骸骨剣士を抑えてラジオ・タイムズ誌の読者によってトップに選ばれた。そして3位には『遊星からの物体X』、4位には『エルム街の悪夢』の殺人鬼フレディ・クルーガー、5位にスティーブン・スピルバーグの『ジョーズ』がそれぞれ続いている。トップ10圏内にドラキュラ、ゴジラ、殺人人形チャッキーなどの並ぶ中、最近の映画が「ハリー・ポッター」シリーズの吸魂鬼と2006年作『パンズ・ラビリンス』のペイル・マンの2作しかランクインしない結果になっている。今回の番付でトップに輝いたエイリアンは、ニール・ブロムカンプ監督によって新作の製作が予定されている。

2013年8月 1日 (木)

シガニー・ウィーバー、「シャドウハンター 灰の街」映画化作品に出演へ!?

シガニー・ウィーバー

シガニー・ウィーバーが、人気ヤングアダルトファンタジー小説「シャドウハンター 灰の街」の映画化作品出演に向けて交渉中のようだ。カサンドラ・クレア原作「シャドウハンター 骨の街」をハラルド・ズワルト監督が映画化したシリーズ第1作目は8月21日にも全米公開を控えているが、早くも映画化第2弾の企画が進んでいる模様で、リリー・コリンズ、ジェイミー・キャンベル=バウアー、ロバート・シーハン、ジョナサン・リース=マイヤーズらもすでに続編に出演することが決まっている。リリー扮する10代の女の子がシャドウハンターと呼ばれる悪魔と闘う戦士の末裔であることに気づき、戦いに身を投じていく姿を描くこのシリーズ続編で、シガニーは息子を殺した男に復讐心を燃やすシャドウハンターのリーダー役をオファーされているようだ。

2012年8月23日 (木)

女性版「エクスペンダブルズ」の映画化が進行中

リンダ・ハミルトン女性版「エクスペンダブルズ」の映画化が進行中だ。同シリーズの大ヒットを受けて、プロデューサーを務めるアディ・シャンカー率いる1984プライベート・ディフェンス・コントラクターズ社が、主要キャストが全員女性バージョンの製作を進めており、すでにダッチ・サザーンが脚本家に起用されている。同社によると、すでに「ターミネーター」シリーズのリンダ・ハミルトンや「エイリアン」シリーズのシガニー・ウィーバー、「キル・ビル」シリーズのユマ・サーマン、「バイオハザード」シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ、9月28日に日本公開予定のサスペンス・アクション『エージェント・マロリー』に主演している女子格闘家ジーナ・カラーノ、「ワイルド・スピード」シリーズのミシェル・ロドリゲスなどアクション映画のジャンルで有名な複数の女優たちと交渉中だとか。

2012年3月13日 (火)

シガニー・ウィーバー、政治ドラマで主演へ

シガニー・ウィーバーUSAネットワークがシガニー・ウィーバー主演で、新作ドラマ「ポリティカル・アニマルズ」を製作する。ホワイトハウスを舞台に、離婚の傷を癒した元ファースト・レディが、大統領候補指名を逃したものの、国務長官の任務に就くという内容。この作品は、シガニーにとって初めてのレギュラー出演するテレビシリーズとなる。同局は、全6話で製作を依頼しており、ジェームズ・ウォルクがシガニー演じる女性の息子で、彼女のスタッフのチーフでもある、野心に満ちた政治家役で出演するという。また、ブリタニー・イシバシがその息子の婚約者役を演じる。同ドラマシリーズは、今夏放送予定だ。

2010年4月27日 (火)

ジェームズ・キャメロン監督とシガニー・ウィーバーが、『アバター』さながらに自然保護運動

ジェームズ・キャメロン監督とシガニー・ウィーバーが、ブラジルで行われた自然保護運動に参加ししたこと。巨大ダムの企画が持ち上がっているブラジルを訪れたキャメロン監督らは、アマゾンでのダム建設によりシカゴ市に相当する面積が水没することで環境に悪影響を及ぼし、そこに住み着いている約4万人の原住民を死滅させるとして、環境保護団体Amazon Watchの運動家と共に建設中止を求めたという。ダム建設は一時的に中止に持ち込まれていたが、4月20日にはブラジル政府が落札企業を発表したため大きな反発が起きている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ