シャイア・ラブーフ(Shia LaBeouf)

2017年10月24日 (火)

シャイア・ラブーフ、アンガーマネージメントのクラス出席を命じられる

シャイア・ラブーフシャイア・ラブーフがアンガーマネージメントのクラスを受けることになるようだ。今年の7月、滞在先のホテルに駆け付けた警察に対して暴言を吐きかけたことで逮捕された一件で19日(木)にジョージア州サバンナの法廷に出廷したシャイアは、公務執行妨害に対して有罪を認め、治安紊乱行為に対して不抗争の申し立てをした。公共の場における泥酔の罪には問われなかったシャイアだが、アンガーマネージメントの受講と1年間の保護観察、アルコール鑑定と2680ドル(約30万円)の罰金が命じられたという。シャイアはこの事件が起きた数日後、自身の行為は弁解の余地もなく、深く恥じているとした謝罪のコメントを出していた。

2017年9月 7日 (木)

シャイア・ラブーフ、『インディ・ジョーンズ』最新作には出演せず

シャイア・ラブーフシャイア・ラブーフは『インディ・ジョーンズ5』に出演しないようだ。2008年公開の『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』でシリーズの主人公インディことインディアナ・ジョーンズの息子を演じたシャイアだが、最新作には出演しないという。脚本家のデヴィッド・コープはハリソン・フォードが再びインディアナ・ジョーンズ役を演じることを認めた一方で、シャイアが出演しないことを明かした。前作に引き続きスティーブン・スピルバーグがまた監督を務めることは決定しているものの、これまでシリーズ全作を手がけてきたジョージ・ルーカスは今回参加しないものと思われている。「インディ・ジョーンズ」シリーズは、架空の考古学者インディアナ・ジョーンズが聖櫃を巡って冒険を繰り広げる1981年の第1作目『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』から始まったが、2008年公開の『クリスタル・スカルの王国』では、エイリアンが登場するなどしてこれまでの聖書に関連する作品とは違った趣であったためか、いまひとつの評価となっていた。

2017年7月15日 (土)

シャイア・ラブーフ、先日の逮捕劇を謝罪

シャイア・ラブーフシャイア・ラブーフが先週8日(土)、治安紊乱行為と公共の場における泥酔の疑いで逮捕された件について謝罪コメントを出した。ジョージア州サバンナにあるホテル内で自身を逮捕しようとした警察官に暴言を吐き続けた自身の態度について、深く恥じると共に弁解の余地もないと謝罪し、長期間抜け出すことが出来ずにいる依存症からの回復を目指して行動を起こすと自身のツイッターで宣言した。シャイアは2014年にもウィスキーを大量に飲んで泥酔し、ブロードウェイミュージカル「キャバレー」の公演中に大声を発したり、観客を叩いたりしてショーを妨害したとして、治安紊乱行為と不法侵入の罪で逮捕されていた。

2017年7月12日 (水)

シャイア・ラブーフが逮捕!?

シャイア・ラブーフシャイア・ラブーフ(31)が8日(土)午前、治安紊乱行為と公共の場における泥酔の疑いで逮捕されたと報じられている。シャイアはジョージア州内で、ある人物に煙草を求めて声をかけたものの、その人物から断られたことで、女性と子供が近くにいる中暴言を吐き始めたと言われている。その後、現場から立ち退くように言われたシャイアだが、警官に対しても攻撃的な態度を取り始めたそうだ。それにより午前4時に拘留されたが、3500ドル(約40万円)の保釈金で午前11時には釈放されたという。そんなシャイアは5月にもロサンゼルスのボウリング場から追放されるトラブルを起こしていた。シャイアは当時、3時間に及ぶ飲酒の末、フライドポテトを提供しないとして店員と口論になり、警備員によって追い出されたという。シャイアは2009年に21歳の誕生日から間もなく不法侵入で起訴されて以来、数々の奇行が頻繁に取り上げられている。

2017年4月 3日 (月)

暴行罪の容疑で逮捕されたシャイア・ラブーフ、不起訴に

シャイア・ラブーフ暴行罪とハラスメントの容疑で逮捕されていたシャイア・ラブーフが不起訴になったようだ。今年1月、ニューヨークで開かれた反ドナルド・トランプ運動でもあるアート「ヒー・ウィル・ノット・ディバイド・アス(彼は私たちを分裂させることなどできない)」のストリーミング放送中にある男性と取っ組み合いの喧嘩になったとして逮捕されていたシャイアだが、これ以上ことが大きくなることはないという。シャイアが抗議活動を行っていた別の人物と喧嘩になった事を証明する証拠が不十分であったようだ。当時警察はシャイアが25歳の男性と喧嘩になり、男性の顔を引っ掻いた上に地面に押し倒したと伝えていた。

2017年3月23日 (木)

シャイア・ラブーフ、英リバプールで反トランプ大統領プロジェクト再開へ

シャイア・ラブーフシャイア・ラブーフが英リバプールで反トランプ大統領プロジェクトを再開するようだ。「HE WILL NOT DIVIDE US」と名づけられたこのプロジェクトは、ストリーミング放送されているカメラに向かって、人々が「HE WILL NOT DIVIDE US(彼は私たちを分裂させることなどできない)」と繰り返し口にすることが出来るような仕組みとなっており、トランプ大統領の任期期間である4年間に渡って続けられる予定となっていたが、参加者の身の安全が懸念されたことでアメリカでの展示が中止となっていた。そこで今回シャイアはリバプールにあるメディアアートセンター、ザ・ファウンデーション・フォー・アート・アンド・クリエイティブ・テクノロジー(FACT)にて同様の期間中、「HE WILL NOT DIVIDE US」と書かれた旗を掲げることに決めたのだという。

2016年10月13日 (木)

シャイア・ラブーフ、結婚!?

ミア・ゴス、シャイア・ラブーフシャイア・ラブーフが、長年の交際相手であったミア・ゴスと結婚したと報じられている。ラスベガスにあるテーマを選ぶことができる結婚式場として有名なヴィヴァ・ラスベガス・ウェディング・チャペルで、2人はエルヴィス・プレスリーとハワイアンのテーマを選んだようだ。エルヴィスの姿をした男性が神父となり執り行われたその結婚式では、シャイアがミアにキスをして泣き始めてしまうシーンもあったようだ。2012年に『ニンフォマニアック Vol.2』の撮影をきっかけに知り合った2人は、今年3月にミアがパリコレのミュウミュウのショーで婚約指輪をつけている姿が目撃され、婚約の噂が飛び交っていた。しかしその一方で2015年7月には2人がドイツで大喧嘩をしている動画が撮影され、破局したと思われていた。

2016年5月17日 (火)

シャイア・ラブーフ、新作テニス映画でジョン・マッケンロー役に

シャイア・ラブーフシャイア・ラブーフが、新作テニス伝記映画『Borg/McEnroe』でジョン・マッケンロー役を演じるという。この作品ではスウェーデンのスター選手ビョルン・ボルグと元世界ランキング1位のアメリカ人選手ジョン・マッケンローのライバル関係が描かれる。ボルグ役にはスウェーデン出身のスベリル・グドナソンが決定しており、ボルグのコーチだったレナート・ベルゲリンはステラン・スカルスガルドが演じることになっている。新作『American Honey』のプロモーションのためシャイアが訪れているカンヌ国際映画祭で製作が明かされた本作は、1970年代から80年代にかけての2人のコート内外でのライバル争いに焦点が当てられる。1980年ウィンブルドン選手権でのボルグに勝敗が上がり5連覇達成となった2人の決勝戦は今でもテニス史上最大の名勝負と語り継がれている。マッケンローはそのコートにおける悪態で知られ、テニス界のイメージを変えた人物でもある。そういった面においてはシャイアも2年前のベルリン映画祭に紙袋を被って登場するなど、セレブ界を卑下する一風変わった行動で知られる共通点を持っている。

2016年1月13日 (水)

シャイア・ラブーフ、おじとの裁判に勝訴

シャイア・ラブーフシャイア・ラブーフがおじであるバリー・サイドとの裁判に勝訴し、約100万ドル(約1億1800万円)を受け取ることになった。サイドがシャイアに80万ドル(約9400万円)の借金の返済を行わなかったことに対し2009年、シャイアは法的措置に出ており、借りた額と同額の支払いを命ずる当時の判決に対するサイドの上訴をニューヨーク市裁判所は棄却し、今回金利9%を含めた99万7000ドル(約1億1700万円)を支払うように命じたのだ。サイドの上訴の中では、自身の経営する4つの会社から金利をつけて借金の返済を行うとシャイアと合意していたとし、1回目の裁判で裁判所が借金全額の支払いを命じたのは誤りだとしていたが、サイドが一度も支払いをする様子をみせることもなく、支払いを避けるために裁判を長引かせているというシャイア側の主張を認める結果となった。

2015年10月13日 (火)

シャイア・ラブーフ、公共の場で酔っ払い逮捕される!?

シャイア・ラブーフシャイア・ラブーフが10月9日、テキサス州オースティンのバーの外で酔っ払っていた、もしくは薬物の影響下にあるような言動をしていたことで身柄を拘束されたと伝えられている。その逮捕劇についてシャイアは直接的な言及は避けているものの、11日に「君にではないだけで、僕は話すよ」と意味深なツイートを投稿した。逮捕当時の目撃証言によれば、シャイアはかなり酔っているか、薬物の影響を受けている様子だったそうで、道を走っていったと思ったら数人の警察官の前で交通規則を無視して道を渡り始めるなど、自身をコントロールできない状況だった上、警察の言うことにも従っていなかったという。そんなシャイアは新作映画『Man Down』に出演したことが精神不安定な自分の回復の助けになったと話していたばかりだった。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ