サシャ・バロン・コーエン(Sacha Baron Cohen)

2014年10月 6日 (月)

アイラ・フィッシャー、第3子を妊娠か!?

アイラ・フィッシャーアイラ・フィッシャーが妊娠していると報じられている。夫サシャ・バロン・コーエンとの第3子を妊娠中だと言われているアイラは、現在妊娠およそ3カ月だと言われており、11月に撮影が予定されている『グランド・イリュージョン』の続編となる『Now You See Me 2』には参加できなきないと見込んで出演を断念したとみられており、現在は仕事量を減らしているところのようだ。アイラは以前、最近は脇役を演じることを好んでおり、その理由はそれらの役が興味深いからだけでなく、もっと家族と過ごす時間を取ることができるからだと話していた。6歳のオリーヴちゃんと4歳になるエルーラちゃんをもうけているアイラは、2人が2歳になるまで母乳を与えていたそうで、母乳を与えることにより子供とアイラの間に生まれる絆が好きだったのだと母親としての喜びを語っていた。

2013年10月 8日 (火)

ドミニク・クーパー、新たにフレディ・マーキュリー役の候補に

ドミニク・クーパー

ドミニク・クーパーが新たにフレディ・マーキュリー役の候補に挙がっている。クイーンの伝説的フロントマンとして活躍したフレディの生涯を描く新作伝記映画では、サシャ・バロン・コーエンが降板して以来、ダニエル・ラドクリフの名前も挙げられていたが、今回新たにドミニクが候補に挙がっているという。サシャが作品を降りた理由は、クイーンの現存メンバーであるブライアン・メイやロジャー・テイラーが、『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』などに出演してきたサシャがこの作品をコメディー色の強いものにしてしまうのではないかと危惧したからだとも伝えられている。さらにサシャはこの伝記映画をフレディの欠点を隠さず、ありのままにリアルな作品として描きたいと希望したのに対して、ブライアンとロジャーの2人は家族でも楽しめる感動作にしたいと考えているようで、両者の路線対立がサシャの降板に繋がったようだ。

2013年9月12日 (木)

サシャ・バロン・コーエン、ブリタニア・アワードでチャーリー・チャップリン賞を受賞へ

サシャ・バロン・コーエン

サシャ・バロン・コーエンが、11月9日にロサンゼルスにて開催されるブリタニア・アワードで、チャーリー・チャップリン賞を受賞することになった。英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)からコメディー界での優れた活躍を評価されて同賞受賞の運びとなったサシャだが、これまでにも2000年からイギリスで放送が開始されたテレビ番組「Da Ali G」で英国アカデミー賞を2回獲得している。サシャの他には、ベネディクト・カンバーバッチがブリティッシュ・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを、さらにはジョージ・クルーニー、キャスリン・ビグロー、ベン・キングズレーなども受賞する運びだ。

2013年7月25日 (木)

サシャ・バロン・コーエン、フレディ・マーキュリーの伝記映画企画から降板

サシャ・バロン・コーエン

サシャ・バロン・コーエンが、フレディ・マーキュリーの伝記映画企画から降板した。クイーンの残りのメンバーたちと映画のサシャの間で、方向性とテーマの焦点を巡って創作上の相違が生じたことが原因のようだ。サシャは長きに渡ったエイズとの闘病生活の後、1991年に他界した同性愛者のフレディについて、本質をえぐるような作品にしたかったようだが、一方のクイーン側は家族向けの映画を目指していたという。サシャは自ら、ピーター・モーガンに脚本の執筆を依頼し、デヴィッド・フィンチャーやトム・フーパーなど大物監督達にもプロジェクトの製作を頼んでいたが、クイーンの残存メンバーであるブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、ジョン・ディーコンはこのアイデアを拒否していた。当初の考えとしては、クイーンが出演した1985年のライブ・エイドまでのバンドの軌跡に焦点を当てたストーリーになるはずだったが、サシャが抜けた今、このプロジェクトが継続するのかどうかは明らかになっていない。

2013年3月26日 (火)

ブレイク・ライブリー、フレディ・マーキュリーの伝記映画で元恋人役として急浮上

ブレイク・ライブリーブレイク・ライブリーが、フレディ・マーキュリーの伝記映画に出演する可能性が出てきた。ブレイクはこの作品でフレディの元恋人メアリー・オースティンを演じ、フレディ役に決まっているサシャ・バロン・コーエンと共演する見込みだという。クイーンのギタリスト、ブライアン・メイからの紹介で知り合ったフレディとメアリーは1970年代初頭に愛を育んでいたものの、その後フレディがエレクトラ・レコードの重役のアメリカ人男性と浮気をしたため破局に至っていた。しかしフレディとメアリーは破局後も、フレディが1991年に45歳という若さでこの世を去るまで親しい関係にあった。現在サシャはフレディのパワフルな歌唱力と独特の歌い方を演じきるために猛特訓中だとか。

2012年10月16日 (火)

フレディ・マーキュリーの伝記映画、サシャ・バロン・コーエン主演で2014年公開を予定

サシャ・バロン・コーエンフレディ・マーキュリーの伝記映画が、2014年初頭にも公開されるようだ。クイーンのギタリスト、ブライアン・メイは、同作がこれまでの幾度に渡る企画倒れを乗り越えて来春にもクランクインを予定しており、予定通りサシャ・バロン・コーエンがフレディ役を務めると発表した。クイーンが出演した1985年のライブ・エイドまでのフレディの軌跡を描く作品になるとか。同作は、『クィーン』や『フロスト×ニクソン』でアカデミー賞ノミネート経験のあるピーター・モーガンが脚本を執筆し、ロバート・デ・ニーロの製作プロダクション、トライベッカ・プロダクションズ社が共同製作を務めている。

2012年10月 9日 (火)

サシャ・バロン・コーエン、香港の大富豪の娘奪還作戦を映画化へ

サシャ・バロン・コーエンサシャ・バロン・コーエンが、新作コメディー『The Lesbian』の製作に乗り出しているようだ。日本でも『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』が上映中のサシャだが、今回映画化を進めているのは、先月に香港の大富豪セシル・チャオ氏が、同性愛の娘のハートを射止めて結婚することに成功した男性に6500万ドル(約50億円)の賞金を進呈するとして世界中で話題になった話だ。チャオ氏の娘ジジさんは先日、パリで長年のパートナーの女性とすでに結婚したとも報じられており、それを受けたチャオ氏の娘奪還作戦に今回サシャが目を付けたかたちだ。そんなサシャが、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・サイフリッドらと共演した新作『レ・ミゼラブル』は12月28日に日本公開予定。

2012年8月 8日 (水)

サシャ・バロン・コーエン、007風スパイ・コメディ作品に出演へ

サシャ・バロン・コーエンサシャ・バロン・コーエンが、ジェームズ・ボンド風のパロディー作品に出演するようだ。タイトル未定の同作の脚本を担当するサシャとフィル・ジョンストンは、ボンドもどきのスパイと間抜けなサッカーのフーリガンの兄弟が引き起こす珍騒動を描いたその作品の製作権を、売却金額は明らかにされていないが、パラマウント・ピクチャーズに販売している。間抜けな兄弟の片方をサシャが演じる見込みで、主人公のスパイはジェームズ・ボンドに似せているものの、ボンドの著作権はイーオン・プロダクションズとダンジャックが所有しているため、ボンドそのものとはいかないようだ。そんなサシャの最新作『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』は世界中で1億6000万ドル(約125億円)の興行成績を叩き出しており、日本では9月7日から公開予定だ。

2012年6月19日 (火)

サシャ・バロン・コーエン、声が出なくなり『レ・ミゼラブル』の撮影が延期

サシャ・バロン・コーエンサシャ・バロン・コーエンの声が出なくなり、『レ・ミゼラブル』の撮影が遅れているようだ。ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライドらが出演する新作ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』に泥棒のテナルディエ役で出演しているサシャだが、撮影中に声が出なくなってしまったとか。それに伴って制作チームは、コーエンの声帯が回復するのを待つために、撮影を延期しているようだ。一方、同作に出演するアマンダは、声を潰して同作への参加の機会を逃すことを恐れて禁煙している。トム・フーパーがメガホンをとる同作は、12月14日にも全米公開予定だ。

2012年5月14日 (月)

サシャ・バロン・コーエン、『Django Unchained』降板へ

サシャ・バロン・コーエンサシャ・バロン・コーエンが、『Django Unchained』から降板した。『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』に主演しているサシャは、クエンティン・タランティーノ監督の同スリラー作品にカメオ出演が予定されていたが、スケジュール上の理由から辞退せざるを得なくなったという。サシャは、ジェイミー・フォックス演じる主人公から、ケリー・ワシントン演じるその妻を買い上げて囲い込むというギャンブラーのスコティ・ハーモニー役を演じることになっていた。サシャは、今回の降板について、『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』のPR活動とスケジュールとの調整がつかなかったと説明している。同作ではこれまでにも、ケビン・コスナーとジョセフ・ゴードン=レヴィットがスケジュールの都合により降板している。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ