ライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds)

2017年4月18日 (火)

ブレイク・ライブリー、お産中のBGMはマーヴィン・ゲイの「レッツ・ゲット・イット・オン」

ブレイク・ライブリー、ライアン・レイノルズブレイク・ライブリー(29)の出産時のBGMはマーヴィン・ゲイの「レッツ・ゲット・イット・オン」だったそうだ。 2012年に結婚した俳優のライアン・レイノルズ(40)との間にジェームズちゃん(2)、イネスちゃん(6か月)の娘2人をもうけているブレイクは、娘の1人をお産中に1973年作の有名なその曲を流していたという。 グラマー誌による「ファクト・オア・フィクション・ウィズ・マイケル・コース」でのゲーム中に、ブレイクは「お産の時に、旦那が「レッツ・ゲット・イット・オン」を流したわ」と明かした。 さらに、そんな人生の大きなイベント中になじみのある曲を聴くのは嬉しかったそうで、自身にとってお気に入りの曲であることも明かした。 とはいえ、そんな一大イベントにそんな曲が流れる非現実的な状況に医者は笑ってしまったそうで、「お医者さまがかなり笑ったから、彼女が私の赤ちゃんを落とすんじゃないかって思ったくらいよ」と続けた。 そして、夫ライアンは以前、父親でいることは大好きであるものの、時間がない中でずっとあせっていることで、「不安」な状態になると話していた。「やること全てにもっと必死になると思うよ。なぜなら、‘10分これをする時間がある。それからこれのため、あれのためにって家に帰らなくちゃ’みたいな感じさ」「ただもう時間がないんだよ。だから、それによって無感覚になってしまうんだ。不安。多分、それだと思うね」

2017年3月17日 (金)

ライアン・レイノルズ、東海岸を襲った嵐により英番組出演を急遽キャンセル

ライアン・レイノルズライアン・レイノルズが東海岸を襲った嵐ステラの影響でニューヨークから飛び立てず、予定されていた英テレビ番組への出演を急遽キャンセルすることになったという。ライアンは新作映画『Life』のプロモーションのため15日(水)、共演者のジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソンと英トークショーに出演する予定となっていたが、嵐ステラのためにニューヨークを飛び立つフライトがキャンセルとなり、直前で出演を取りやめる事態に陥ってしまった。一方でジェイクとレベッカは予定通り出演しており、ジェイクはライアンとの同年代でありながらもライバル意識を持たないという親しい関係について明かしていた。

2017年1月24日 (火)

トム・クルーズ、『グリーン・ランタン』続編主役候補に!?

トム・クルーズトム・クルーズ、ジョエル・マクヘイル、ライアン・レイノルズ、ブラッドリー・クーパー、アーミー・ハマー、ジェイク・ギレンホールが『グリーン・ランタン・コープス』の主役候補に挙がっているようだ。2011年作『グリーン・ランタン』ではライアンがハル・ジョーダンを演じていたのだが、DCエンターテイメントは現在、ライアンが再び同役を演じるのかそれとも新たな俳優を起用するかについて検討を進めているようだ。グリーン・ランタン・コープスとは宇宙の平和を守る宇宙警察機構であり、IMDBによると同新作はジョーダン、カイル・レイナー、ジョン・スチュワート、ガイ・ガードナーを含む同機構のメンバーが、脅威によって宇宙を支配しようとする元同機構のメンバーであるシネストロ率いるシネストロ・コーズが戦う姿に焦点を当てることになるという。

2017年1月19日 (木)

ピアース・ブロスナン、『デッドプール』続編出演!?

ヒュー・ジャックマン、ピアース・ブロスナン、ライアン・レイノルズピアース・ブロスナンが『デッドプール』続編にケーブル役で出演する可能性を、主演のライアン・レイノルズが示唆している。ライアンは『ウルヴァリン』のヒュー・ジャックマン、元ジェームズ・ボンド役を務めたピアース、そして自身の3人が一緒に写った写真をインスタグラムに投稿し、「見ざる、聞かざる、言わざる」のポーズをとったその3人の写真に「ウルヴィー。ボンド。ウェイド」とキャプションを添えている。デッドプールことウェイド・ウィルソンの、時に友人であり、時に敵でもあるケーブルが『デッドプール』第2弾に登場することは以前発表されていたが、その演者については明かされておらず、現在その役をピアースが務めるのではないかと噂が飛び交っている。以前、同作品のプロデューサー陣がウルヴァリンやサイロック、コロッサスなどコミックシリーズ『Xフォース』に登場するミュータントたちをデッドプールとともに登場させたいと考えていると報じられていたが、ウルヴァリンを長きに渡って演じてきたヒューは今年6月に日本公開予定の『ローガン』を最後に同役からは引退するとしている。 (c)Instagram

2016年4月11日 (月)

ライアン・レイノルズ、『The Rosie Project』出演へ?

ライアン・レイノルズライアン・レイノルズが『The Rosie Project』に向けて出演交渉中のようだ。グラム・シムシオンによる小説をソニー・ピクチャーズが映画化する同作で、ライアンは主役の科学的手法を使って完璧な友達を見つけようとするコミュニケーション能力に乏しい遺伝子学の教授役として白羽の矢を立てられているようだ。昨年11月には教授が求める完全に真逆のタイプながらも教授の好意を引こうとする女性ロージー役を演じるはずだったジェニファー・ローレンスが、出演交渉が長引き過ぎたことを理由に降板しており、ジェニファーの出演を条件にメガホンを取ることになっていた『6才のボクが、大人になるまで。』で知られるリチャード・リンクレイター監督も続いて降板していた。

2015年9月23日 (水)

ライアン・レイノルズ、友達の裏切り行為に落胆!

ライアン・レイノルズライアン・レイノルズの親しい友人が、ライアンの子どもの写真をマスコミに売ろうとしていたようだ。9か月前に妻ブレイク・ライブリーとの間に娘ジェームズちゃんが誕生したライアンだが、自身の幼馴染がそのような裏切り行為を働いていたことを知り、ひどく落ち込んだそうだ。お金欲しさにそのような行為に出たというその友人は見つかることはないと思っていたようだが、ライアンが特に親しい友人や家族にだけ送っていた写真だったため、犯人を突き止めるのは簡単だったようだ。あまりのショックから非難の言葉もなく、もう一生会うことも口を利くこともないだろうという感じで終わりを迎えたそうだ。

2015年4月15日 (水)

ライアン・レイノルズのひき逃げ容疑者が逮捕

ライアン・レイノルズライアン・レイノルズをひき逃げしたとされるカメラマンが逮捕された。この52歳のパパラッチは、4月12日、カナダのバンクーバー内で警察によって逮捕され、10日にシャングリ・ラ・ホテルの駐車場内でライアンとの口論後、車でひき逃げしたとされる一件について脅迫の罪に問われている。このひき逃げ事件は同市内で新作『デッドプール』の撮影中のライアンが、ホテルの滞在客専用の区画にそのパパラッチが侵入していたことを非難したことがきっかけで起こったと言われており、今回の一件でライアンに幸いケガはなかったものの、パパラッチの男性が有罪となった場合、最高で5年間の服役刑を科されることになるという。

2014年10月 9日 (木)

ブレイク・ライブリー、ライアン・レイノルズとの第1子を妊娠!

ブレイク・ライブリーブレイク・ライブリーが、ライアン・レイノルズとの第1子を妊娠した。この幸せなニュースをブレイクは、自身のライフスタイル・ウェブサイト「プリザーブ」で膨らんだおなかを両手で抱えている写真を掲載して発表した。ブレイクの写真を含む妊婦たちの写真とともに同ウェブサイトでは、サイトの核となる家族という要素をブレイクが作り上げているとし、今後同サイトで赤ちゃん向け、妊婦向けの商品や企画を取り上げていく方向であると発表している。この時に掲載されたブレイクの写真は、ブレイクの兄エリックによって撮影されたもののようだ。

2014年9月23日 (火)

映画版『デッドプール』の公開日が決定!

ライアン・レイノルズ20世紀フォックス社とマーベル・スタジオが『X-メン』のスピンオフ作となる『デッドプール』の公開日が2016年2月12日になると発表した。2009年作『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』で登場したそのデッドプールは、当時ライアン・レイノルズが演じており、このスピンオフが製作される際には引き続きライアンがその役柄を続投するものと考えられている。この新作へのライアンの参加は正式には発表されていないものの、同作の製作プラン自体が危うくなっているのではないかと懸念していたファンにとっては、今回公開日が発表されたことで一安心といったところだ。昨年には、ティム・ミラー監督は『デッドプール』の話がまだ進んでいることをファンに伝えていた。

2013年4月29日 (月)

ライアン・レイノルズ、SFスリラー『Selfless』の出演交渉中

ライアン・レイノルズライアン・レイノルズが、SFスリラー『Selfless』に出演することになりそうだ。『白雪姫と鏡の女王』『インモータルズ 神々の戦い』でお馴染みのターセム・シン監督とライアンは、同SF作品でタッグを組むために現在交渉中だとか。脚本は、感染サバイバル・ホラー『フェーズ6』でメガホンを取ったアレックス&デヴィッド・パストールの2人が執筆していて、エンドゲーム・エンターテインメントとフィルムディストリクトの2社が共同プロダクションを務める予定だ。そんな本作は、自分に死期が迫っていると悟った富豪の老人が、若い男性に自分の意識を移植するものの、その若い肉体が殺人事件の犠牲者の死体であることが判明し、その事件を起こした殺人犯が主人公を執拗に狙うことで再び死の危険に直面するという内容。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ