ラッセル・ブランド(Russell Brand)

2012年11月13日 (火)

ラッセル・ブランド、「スター・ウォーズ」新3部作への出演を熱望

ラッセル・ブランドラッセル・ブランドは「スター・ウォーズ」新3部作に出演したくて仕方ないようだ。先日ウォルト・ディズニーがルーカスフィルムを40億5000万ドル(約3200億円)で買収し、新3部作製作を発表したばかり。それを受けてラッセルは将来子どもを持った時のためにジェダイ役を演じたいと思っているものの、実際はダース・べイダーを演じたいと英ザ・サン紙に明かしている。またある関係者は、1977年から1983年にかけての初期3部作で主人公ルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルやレイア姫のキャリー・フィッシャー、ハン・ソロのハリソン・フォードら3人は同新3部作での続投に「興味を示している」と語っている。「ハリソンは『スター・ウォーズ』新3部作の出演に乗り気な様子で、他の2人も意気込んでいますね」しかしハリソン自身は以前、同役の続投について「ハン・ソロは役柄としてあんまり興味がないね」と述べている。

2012年2月 9日 (木)

ラッセル・ブランド、TVドラマの映画化作品でかかし役に?

ラッセル・ブランドラッセル・ブランドが、映画版『Worzel Gummidge』に出演するようだ。イギリスで1980年代に放送されたテレビ番組の映画版で、ラッセルは喋るかかし役の候補に挙がっていると報じられている。地方の村を舞台にした同テレビシリーズは、「ドクター・フー」の3代目ドクター、故ジョン・パートウィーがタイトル・ロールを、そしてウーナ・スタッブズが親友サリーおばさんを演じて大ヒットした。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソンがこの映画の監督候補に挙がっており、80年代の英テレビ番組「Rentaghost」の映画化をすでにプロデュースしているパトリック・ピジョンが、アメリカでは同シリーズが未放送作品であるため難色を示しているハリウッドの重役たちへの説得を試みているという。パトリックはまた、かかしをテレビ版とは若干異なるキャラクターにしたいため、それにはラッセルがぴったりだと太鼓判を押している。

2011年5月25日 (水)

ラッセル・ブランド、日本への入国を拒否される

ラッセル・ブランド、ケイティ・ペリーイギリスのコメディアンで俳優のラッセル・ブランドが、5月22日、成田空港に到着したものの入国を拒否され、足止めをくらった末に強制送還された。ジャパン・ツアーで来日している妻のケイティ・ペリーのツイートで明らかになったもので、ケイティと成田空港に到着したが、ラッセルは過去の犯罪歴により入国を拒否され、強制送還されてしまったという。ケイティは夫にお気に入りの場所を見せられないことは悲しいが、日本のファンへの愛は変わらないし、ショーは決行すると意気込みを見せた。日本の入国管理局はラッセルの入国拒否の理由については明らかにしていないが、ラッセルには以前薬物中毒だったことをはじめ、器物破損罪、公然わいせつ罪などで12回の逮捕歴がある。一方のラッセルは、空港職員から質問を受けた際に、箸で穴を掘って逃げようとしていたと、冗談交じりにツイートしており、この一件を笑い飛ばしている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ