ルビー・ローズ(Ruby Rose)

2016年8月 4日 (木)

ルビー・ローズ、恐怖のサメ映画『メグ』に出演?

ルビー・ローズルビー・ローズが、巨大サメのメガロドンとの戦いを描く映画『メグ』に出演する可能性が出てきた。ジェイソン・ステイサムが主役に決定しているスティーヴ・オルテン著作の同名小説を基にしたこの作品に向けて、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』でおなじみのルビーが出演交渉を行っているという。同作は中国近海で遊泳者たちが殺害される事件が相次ぎ、絶滅したと思われていた歴史上最も巨大で凶暴な生き物の一つメガロドンを倒す姿を描くストーリーとなるようだ。ジェイソンは深海に潜るダイバーとしてアメリカ海軍に所属するジョナス・テイラーを演じることになり、ダイビング中に多くの死者を出しているメガロドンに出くわし生き延びることができたものの、その存在が現実であることを証明できずに苦悩する役どころだ。一方でルビーは現在、同作品の中で海洋調査を行うエンジニアチームのメンバー役で交渉が進んでいるという。

2016年4月 7日 (木)

ルビー・ローズ、うつに苦しんでいた過去を明かす

ルビー・ローズルビー・ローズが、過去にうつ病に苦しんでいた過去を明かした。自身の過去のうつ病体験を明かすことで、当時感じていたネガティブな心情をポジティブなことに生かしたいと考えているのだという。最近、ファンの1人から昔のツイッターの投稿が送られてきたと話すルビーは、当時ひどいうつ状態で、夢だった生活を送るどころか、あと1日生きてられるとも生きていたいとも思わなかったと振り返りながら、同じような気分になっている人には今の自分のように自身の可能性を開花させ、自由で幸せな気分になるまでそう遠くないと思ってなんとか持ちこたえるようにメッセージを送っている。

2015年10月28日 (水)

MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード司会のルビー・ローズ、肉離れを起こしていた

ルビー・ローズ10月25日に行われたMTVヨーロッパ・ミュージック・アワードの司会を務めたルビー・ローズが、ふくらはぎに肉離れを起こした状態でステージに立っていたことが分かった。人気ドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち」でおなじみのルビーは、レッドカーペットでも黒の杖を付きながら足を引きずって歩いており、ミラノのメディオラヌム・フォーラムで開かれた式典最中でもしっかり歩くことが出来ない状態であったが、その理由は南アフリカのケープタウンで撮影中の『バイオハザードVI:ザ・ファイナル・チャプター』の現場で肉離れを起こしていたからだったという。そんな怪我にも関わらず、同式典でハイヒールを履いていたルビーだが、スタントを自分でこなしたことについては、それが俳優業の醍醐味だと後悔していないようだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ