プリンス(Prince)

2016年10月12日 (水)

プリンスの骨壷、自宅ミュージアムに展示

プリンスプリンスの骨壷が、ペイズリー・パークの自宅で公開された。先日ミュージアムとしてオープンしたばかりのミネソタ州にあるプリンスの自宅で、4月に死去したプリンスの灰の入った骨壷の展示が開始された。プリンスの妹タイカと甥プレジデント・ネルソンによってデザインされたその骨壷には、7つのクリスタルが装飾され、ペイズリー・パーク、ヤマハの紫のピアノ、白いハトが描かれているという。ミュージアムでは、プリンスが数々のヒット曲をレコーディングしたスタジオなどを回るメインフロアの新ツアーを行っており、プリンスが得た数々のアワードの一部や、コンサートの衣装、レアな音源や映像に加え、楽器などに接することができるようだ。

2016年8月24日 (水)

プリンス、死因の薬剤は違法入手によるもの?

プリンスプリンスの死因となった鎮痛剤フェンタニルが、医者からの処方ではなかったことが明らかになった。今年4月、プリンスはミネアポリスにあるプレイズリー・パークの自宅で同鎮痛剤の過剰摂取から亡くなったが、その薬が医者から処方されたものではないことが分かった。さらにその薬剤には鎮痛剤「ヒドロコドン」という違うラベルが貼られていたそうで、違法入手したものだったようだ。その入手元が明らかになれば、プリンスにその薬剤を提供したことで第三級殺人罪に問われる可能性もあるようだ。プリンスは亡くなる数日前、パーコセットという鎮痛剤を過剰摂取したために、その効果を解毒する「セーブショット」なるものを投与されていたことがすでに分かっている。

2016年4月27日 (水)

プリンスの自宅がミュージアムへ

プリンスプリンスのペイズリー・パークの自宅がミュージアムになるという。4月21日に57歳でこの世を去ったプリンスがミネソタ州に所有していた自宅兼スタジオが、ミュージアムとしてファンに扉を開くことになると遺族が発表した。プリンスの義弟モーリス・フィリップスはこの場がプリンスにとって一番大事であったファンのための場所になるとし、この言葉を裏付けるように、コラボレーターであり元恋人でもあったシーラ・Eもプリンスが生前、すでに自宅のミュージアム化を考えていたことを明かしている。シーラによれば、プリンスはツアーからの記念品などを集めて始めていたところだったそうで、自身はあまりこだわりがなかったアワードの数々をファンのために廊下に飾っていたという。

2016年4月22日 (金)

プリンスが死去、享年57歳

プリンス歌手のプリンスが死去した。プリンスの遺体が4月21日の朝、ミネソタ州にある自身のペイズリー・パーク事務所で発見されたことを複数の関係者がTMZに認めた。午前9時43分に救急隊が現場に駆け付けたものの、その遺体がプリンスであることはすぐに認識されなかったという。57歳だった。プリンスは今月15日、数週間に渡って患っていたインフルエンザの症状がプライベートジェットでの飛行中に悪化したことにより、病院へと搬送されていた。しかし翌日には、ファンに元気な姿を見せようとダンスイベントに出席するほどの回復ぶりを見せていた。そのステージで歌こそ歌わなかったプリンスだが、観衆に「祈りを無駄にするまで数日間待ってくれよ」と呼びかけていた。また、プリンスは体調不良のため2公演をキャンセルしており、先週にはインスタグラムに真っ白な画像を投稿したことでファンからお見舞いのメッセージが殺到していた。プリンスは昨年9月に「ヒット・アンド・ラン フェーズ・ワン」、同年12月に「ヒット・アンド・ラン フェーズ・ツー」をリリースしたばかりで、今年に入ってからは「ザ・ビューティフル・ワンズ」という名の回顧録を執筆していることを明かしていたところだった。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ