パワーズ・ブース(Powers Boothe)

2017年5月17日 (水)

パワーズ・ブース死去、享年68歳

パワーズ・ブース『シン・シティ 復讐の女神』『アベンジャーズ』などで知られるパワーズ・ブースが68歳で自然死により死去した。パワーズは14日(土)、ロサンゼルス内にある自宅で寝ている間に息を引き取ったという。パワーズの代理人はプライベートな葬儀がテキサス州にある自宅で執り行われることを認めているが、追悼イベントについても検討しているところだという。舞台で俳優のキャリアをスタートしたパワーズは、「ヘンリー四世」など数々のシェイクスピア作品に出演して、70年代後半に「Lone Star & Pvt. Wars」でブロードウェイデビューを果たした。その後にはテレビ界へと進出し、「Guyana Tragedy: The Story of Jim Jones」で主演した際にはエミー賞を受賞した。また、1996年には映画『ニクソン』、2007年にはドラマ「デッドウッド ~銃とSEXとワイルドタウン」で全米映画俳優組合賞のアンサンブル賞にもノミネートされた。最近では2012年に『アベンジャーズ』でギデオン・マリック役で登場し、その後『エージェント・オブ・シールド』でもその役を再び演じていた。また、ドラ「ナッシュビル」や「24 -TWENTY FOUR-」にも出演していた。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ