ピンク・フロイド(Pink Floyd)

2017年7月25日 (火)

ピンク・フロイド、 ナオミ・ワッツの母に数千ドルを渡していた

ピンク・フロイドピンク・フロイドは、女優ナオミ・ワッツ(48)の父親が他界した際、家族が困らないようにとナオミの母親に「数千ドル」を手渡していたそうだ。同英ロックバンドのサウンドエンジニアだった父親ピーター・ワッツが薬物の過剰摂取によりロンドンで亡くなった時、ナオミはまだ7歳だったという。当時、母親のミファンウィー・エドワーズが家計を立て直すのを手助けしてくれたため、同バンドメンバーには大きな借りがあるのだとナオミはガーディアン紙に明かした。「亡くなった時、父は貯金が無かったの。それにたぶん母もお金を持っていなかったんだと思う。だからピンク・フロイドが、とても親切なことに手助けしてくれたの…“信託基金”なんてものじゃなく彼らは困らないようにと母に数千ドルくれたんだと思う。一気にね。とても親切なことだわ」
父親を亡くした時まだ小さかったナオミは、一緒の思い出があまりないため、父の写真を見ると感情的になってしまうと続けている。「私には父の写真がたぶん3枚くらいと、思い出が2つくらいしかないの。しかもその写真は全部、父の姿がぼやけているか、背景の中の一点くらいにしか映っていないのよ」




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ