ペネロペ・クルス(Penélope Cruz)

2015年9月29日 (火)

サルマ・ハエックの髪の毛をカットしているのはペネロペ・クルス!?

サルマ・ハエックペネロペ・クルスが、サルマ・ハエックの髪の毛をカットしているそうだ。実家のヘアサロンを手伝いながら育ったというペネロペは髪の毛をいじるのが大好きだそうで、親しい友人であるサルマの髪の毛を頻繁にカットしてあげているのだという。「私が9歳の頃は両親の美容室で1日2時間位人の髪の毛を洗ったりカットしたりしていたから、今でも親友のサルマ・ハエックとかやらせてくれる人にはやらせてもらってるのよ。彼女の家が停電になった時でもキャンドル1つでやったこともあるの。それって私を本当に信頼してくれてるってことよね」幼少期は月末を迎えるのがやっとな生活だったというものの幸せな家庭だったそうで、ペネロペはザ・オブザーバー紙に「私たちは基本的なものしか持っていなかったけどすごく愛情に溢れていたから、私は自分の育った環境に感謝しているの」と語った。

2014年11月21日 (金)

ペネロペ・クルス、『ズーランダー2』に出演へ?

ペネロペ・クルスペネロペ・クルスが『ズーランダー2』に出演するようだ。ペネロペはベン・スティラー主演のコメディ作続編に出演することになったようだが、演じる役柄については明らかになっていない。ベンが落ち目のスーパーモデル、デレク・ズーランダー役を続投するこの作品では、ウィル・フェレルがファッション界の大御所ムガトゥ役、オーウェン・ウィルソンがズーランダーのライバルであるハンセル役をそれぞれ再び演じるのではないかと噂されている。前作ではベン自らが脚本にも携わり監督を務めていたが、今回はジャスティン・セローが脚本兼監督の座に就任しており、ベンはレッド・アワー社に向けてスチュアート・コーンフェルドと共にプロデューサーの座に回るようだ。この人気コメディ作への出演が決まったペネロペは、サシャ・バロン・コーエン主演コメディ『Grimsby』で端役を演じているほか、フリオ・メデム監督作『Ma ma』の撮影をスペインで終了したところだ。

2014年10月14日 (火)

ペネロペ・クルス、最もセクシーな女性に選ばれる!

ペネロペ・クルスペネロペ・クルスが、最もセクシーな女性に選ばれた。エスクワイア誌が毎年発表する魅力的な女性有名人のランキングでペネロペが選ばれ、昨年1位に輝いたスカーレット・ヨハンソンから王冠を勝ち取った。同誌のインタビューの中でここ数年における自身の映画の好みの変化について語ったペネロペは、若い頃とは打って変わって劇的に振舞うことにはすっかり興味がなくなったと話している。ペネロペ以前には、アンジェリーナ・ジョリー、リアーナ、ハル・ベリー、シャーリーズ・セロンら選ばれている。

2014年7月17日 (木)

スカーレット・ヨハンソン、コーエン兄弟監督の新作『Hail Caesar !』に出演!?

スカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソンが、コーエン兄弟による新作『Hail Caesar !』に出演するようだ。フランス人ジャーナリストのロマン・ドリアックとの間に第1子を妊娠中のスカーレットは、すでにジョシュ・ブローリンとジョージ・クルーニーが出演を決めている本作で、妊娠していることを予期せずに知る女優の役柄を演じる方向にあるため、適役となりそうだ。1950年代が舞台の同コメディ作に向けては、ジョナ・ヒル、チャニング・テイタム、ティルダ・スウィントン、レイフ・ファインズらも出演交渉を行っているところだ。秋にもプロダクション入りの予定で、スカーレットの出演が決定した場合にも、体型の変動が響かぬようスカーレットの出番の撮影は長くはかからないと見られている。

ペネロペ・クルス、スパイ・コメディ『Grimsby』への出演交渉中

ペネロペ・クルスペネロペ・クルスが、新作スパイ・コメディ『Grimsby』出演に向けた最終交渉段階にいるようだ。ペネロペの出演が噂されている本作は、マーク・ストロング演じるジェームズ・ボンド風の主人公が、サシャ・バロン・コーエン扮するサッカー・フーリガンの兄弟と結託する羽目に陥るというストーリー。監督はルイ・レテリエが務める。その他レベル・ウィルソン、イアン・マクシェーン、ガボレイ・シディベ、アナベル・ウォーリスらの出演も予定されており、サシャが脚本とプロデュースも共同で手掛けるという。現在のところ各キャラクターの詳細は伏せられているが、ペネロペは見かけからは想像できないような慈善活動団体のリーダーを演じる可能性がありそうだ。今夏にイギリスと南アフリカで撮影される『Grimsby』は、来年7月31日の公開が予定されている。

2014年4月16日 (水)

ペネロペ・クルス、ボンドガールに!?

ペネロペ・クルスペネロペ・クルスが、「007」シリーズ最新作に出演する可能性があるようだ。前作『007 スカイフォール』では夫ハビエル・バルデムが悪役を演じていたが、今回はペネロペが最新作でジェームズ・ボンドの恋人役として出演する方向だと報じられている。サム・メンデス監督は来年公開が予定されている本作で、ダニエル・クレイグとペネロペの共演を熱望していると言われている。これまでスケジュールの都合や妊娠などで出演が実現されなかったペネロペが今回ボンドガールに決定すれば、すでに続投が決定しているレイフ・ファインズやナオミ・ハリスとも共演することになるが、スタジオ側はまだペネロペにオファーを持ちかけたかどうかについてもコメントを発表していない。また同作では『それでも夜は明ける』で一躍脚光を浴びたキウェテル・イジョフォーが悪役を演じるのではないかと言われている。

2013年6月 5日 (水)

ペネロペ・クルス、40歳にして「007」シリーズ史上最年長のボンドガールに抜擢

ペネロペ・クルスペネロペ・クルスが、40歳にして「007」シリーズ史上最年長のボンドガールになるようだ。来年の4月に40歳を迎えるペネロペだが、プロデューサー陣と長い交渉の末、タイトル未定の「007」シリーズ第24作目でボンドガールとして出演することが決まったようだ。プロデューサー達はこれまでもペネロペの獲得を目指していたようだが、ペネロペに他の仕事があったため、ずっと起用できなかった経緯があったとか。『007 スカイフォール』で悪役ラウル・シルヴァを演じた夫のハビエル・バルデムとの間の第2子を妊娠中のペネロペは、1962年の『007 ゴールドフィンガー』で当時39歳にしてプッシー・ガロアー役を演じたオナー・ブラックマンから史上最高齢のボンドガールというタイトルを手にすることになる。

2012年6月14日 (木)

ペネロペ・クルス、ペドロ・アルモドバル監督の最新作で5度目のタッグへ

ペネロペ・クルスペネロペ・クルスが、再びペドロ・アルモドバル監督作品へ出演することになった。アルモドバル監督が手掛けるロマンチックコメディ作品『The Brief Lovers』への出演契約を交わしたという。今夏にかけて撮影予定である本作は、ペネロペにとって『ライブ・フレッシュ』『オール・アバウト・マイ・マザー』『ボルベール<帰郷>』『抱擁のかけら』に続いて5回目のアルモドバル監督とのタッグ作品となり、アルモドバル映画の常連であるパス・ヴェガ、ハビエル・カマラ、セシリア・ロス、ロラ・ドゥエニャスらも参加する見込みだ。そんなペネロペはさらに、リドリー・スコットがメガホンをとる『The Counsellor』へ出演することも決定した。

2012年2月 6日 (月)

ペネロペ・クルス、毛皮反対キャンペーンに参加

ペネロペ・クルスペネロペ・クルスが、動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)が行なう毛皮反対キャンペーンの一環である約21メートルの広告に登場し、本物の毛皮使用を非難した。「Give Fur the Cold Shoulder(毛皮に冷たい態度を)」というスローガンの横で、ペネロペがヌードの背中を向け、後ろを振り返っているこのPETA USの広告は、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンに設置される予定。この広告はニューヨーク・ファッション・ウィークが開催される2月9日から16日に渡って設置され、ロンドンとミラノでも同様のキャンペーンが行われるという。PETAのシニア・プログラム・マネージャー、イヴォンヌ・テイラー氏は、ペネロペ起用の理由について、ファッションのために他の命を犠牲にしない女性は美しいということを知っていて、且つモダンで魅力的な女性は、ペネロペ以外考えられなかったと説明している。

2011年5月 9日 (月)

パイレーツ・オブ・カリビアン、5作目製作の話が浮上

ジョニー・デップ、ペネロペ・クルスジョニー・デップは、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ5作目の契約をまだ交わしていないという。
脚本家テリー・ロッシオは、第一稿をディズニー側に提出したようだが、これまでと同じくらい特別な作品となる必要があるため、そう簡単にゴーサインは出せないのだそう。シリーズを通してジャック・スパロウ船長役を演じているジョニーは、最新の脚本に目を通していないことを認めながらも、同役の再演については前向きだという。ペネロペ・クルス、ジェフリー・ラッシュが出演、ロブ・マーシャル監督による4作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』は5月20日(金)公開。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ