ペドロ・パスカル(Pedro Pascal)

2018年11月16日 (金)

ペドロ・パスカル、『スター・ウォーズ』スピンオフに出演へ

ペドロ・パスカルペドロ・パスカルが「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ『The Mandalorian』にメインキャストとして出演するようだ。『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ナルコス』で有名なペドロは、同シリーズの人気キャラクターである賞金稼ぎのボア・フェットやその父ジャンゴ・フェットなどで知られるマンダロリアンの戦士を演じると言われている。『アイアンマン』のジョン・ファヴローが脚本と製作総指揮を担当する同作は、トム・ヒドルストン演じるロキやエリザベス・オルセン演じるスカーレット・ウィッチなどを主役に据えたマーベル作品のスピンオフと並んで、ディズニー社が来年開始予定のストリーミングサービス「 Disney+」の目玉作品の1つとなっている

2018年10月 2日 (火)

ペドロ・パスカル、『ワンダーウーマン』続編でマックスウェル・ロード役に

ペドロ・パスカルペドロ・パスカルが『ワンダーウーマン1984』でマックスウェル・ロード役を演じると報じられている。前作に引き続きパティ・ジェンキンスがメガホンを取る同作にペドロが出演することはすでに明らかになっていたが、配役については不明なままだった。しかし今回、超人的能力を失い、神になろうとするやり手の実業家であるロードをペドロが演じると報じられた。続編では、前作に引き続きガル・ガドットがワンダーウーマン役で出演するほか、クリステン・ウィグが悪役チーターを演じる予定だ。冷戦終結に向かう平和な時代が舞台となる続編には、前作で演じたキャラクターが命を落としていたはずのクリス・パインが再び出演する可能性もあるとされている。

2018年4月 2日 (月)

ペドロ・パスカル、『ワンダーウーマン』続編に出演決定!

ペドロ・パスカルペドロ・パスカルが『ワンダーウーマン』続編にキャスト入りした。『ゲーム・オブ・スローンズ』や『キングスマン:ゴールデン・サークル』などで知られるペドロが、パティ・ジェンキンス監督による待望のシリーズ第2弾に出演することが決定したという。ペドロはツイッターで「『ワンダーウーマン』で伝説的なパティ・ジェンキンスとガル・ガドット、クリステン・ウィグの仲間入りをすることになった。誰かつねってくれる?」と信じられない胸中と共に今回のニュースを発表したが、どんな役柄を演じるのかについては明かされていない。ジェンキンス監督によるテレビ映画『Exposed』にも出演していたペドロにとって、今回は2度目のタッグとなる。DCエクステンデッド・ユニバース新作に向けてはガルが引き続き主役を続投することになっており、つい先日にはクリステンが悪役のチーター役を演じることが監督自ら発表されていた。

2016年4月13日 (水)

ペドロ・パスカル、『キングスマン』続編出演決定!

ペドロ・パスカルペドロ・パスカルが、『Kingsman: The Golden Circle』に出演することが決定した。人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のオベリン・マーテル役で知られるペドロは、世界で4億1500万ドル(約448億7000万円)の興行収入を上げた2015年公開のヒット作『キングスマン』の続編でジャック・ダニエルズ役を演じると予想されているものの、詳細はまだ明らかになっていない。コリン・ファース、マーク・ストロング、マイケル・ケイン、タロン・エガートンらが出演していた前作は、スパイ組織キングスマンがサミュエル・L・ジャクソン演じる大富豪リッチモンド・ヴァレンタインの陰謀を阻止しようと戦いを繰り広げる姿が描かれた。サミュエルが続編に出演しないことは明らかになっているものの、悲劇的な死を遂げたハリー・ハート役を演じるコリンが再び登場する可能性が最近になって出てきたところだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ